FX口座開設

   やらないか速報

20代の髭坊主

Posted on 2011年6月18日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




前から連絡を取り合っていた20代の髭坊主。
昨日、仕事帰りに駅で待ち合わせて「お茶でもしますか?」
お互い画像とは言え、顔は確認済みの筈。
話した上で、「ゴメンナサイ」って事もアリか?(笑)

服の上からだと、想像してたよりも細い感じだ。
ちょっと照れて、おどおどした感じが、改めて歳の差を感じる。

下らない話しで妙に盛り上がる。まっ、別に駄目ならそれでも。
「どうする?」「家来ますか?近いんで」なんだ、犯る気か。
「家汚いですよ」「別に構わねぇよ、犯るだけだし」ほんとに汚かった。
「少しは片付けろよ。これじゃ、男引っ張り込めねぇだろ」
「帰られた事があります」
俺的にはベッドの上が空いてりゃ、それで構わねぇ。

ベッドの上でキスをする。おいおい、もう鼻息が荒いぜ。(笑)
乳首がかなり感じる様子。可愛いねぇ、ネコは。
前からメールを遣り取りしていた時から、
「生には興味があるけど、始めはゴムで」確か、そう言っていた。
まっ、前日もゴム付きだったしな。
奴が体を起こして「シャワー浴びて来ていいすか?」
先にケツぐらい洗っておけ、と思わんでもなかったが。

シャワーを浴びる音、ケツを洗う音、トイレを流す音。
それはそれで、想像をかき立てられる感じで、待っている時間も満更悪くない。
奴がシャワーから戻って、仕込んだ。
「でも入るかな…」「大丈夫だろ、俺のサイズなら」
ケツの経験が全く無い訳ではないようだが、経験は少ないらしい。

効いて来るまでの間、キスを始めた。
始めはゆっくりと、徐々に舌を絡ませる。
乳首を触ると、体が反応する。可愛いな、坊主。
脇、乳首、ヘソと徐々に舌を滑らせる。反応がいいネコは楽しい。
マラを根本まで一気に咥え込む。
俺はタチの割には、マラを喉の奥まで咥え込むのが堪らねぇ。全部飲み込んでやろうと思う。
その状態で生汁飲むのも堪らねぇ。
ケツ穴を舐めてみる。やっぱちと固てぇな。舌先をねじ込んでみる。
奴は声が出始め、体をよじっている。
両足を持ったまま、ケツ穴と玉辺りを舌で何度も何度も滑らせる。
そして、マラをまた根本まで。

指を舐め、ケツ穴をいじってみる。まだ、効いてないせいか、固いまま。
ゆっくりと1本だけ入れてみる。ちょっと苦痛に歪む顔。
「何本っすか?」「まだ指1本だ。まだちと固てぇな」
乳首を舐め、キスをしてやる。俺はラッシュを爆吸。
あ~気分がいい。奴の顔をじっと見つめて聞いた。
「ずっと犯りたかったんだろ?」薄笑いを浮かべながら。
「…はい」徐々に効いてきたのか、顔がとろけそうだ。
「チンポ欲しかったんだろ?ゴム付きにするか?生にするか?」
俺も意地悪だな。両足が震え出している奴には、もう抗う事は出来そうにも無い。
ちょっと躊躇したようだが「…生で」。

いい子だ。さてと。オイルを取り出し、もう一度指を入れてみる。
効いてきたのが、ケツ穴で分かる。入口も格段に広がり、中が温けぇ。
なによりも肉ひだを伝わって来る、リズミカルな振動。
フィストが出来る奴なら、このまま腕をブッ込みたい気分だぜ。

奴にラッシュを嗅がせ、マラにオイルを塗りたくり、ゆっくりと生竿を挿入。
いつもの手慣れたケツマンコ野郎どもなら、
容赦なく一気にぶち込むところだが、そうはいかねぇ。
痛がって、途中で中止って事になりかねねぇからな。
だが、効いているせいか、多少の苦痛で顔が歪む事はあっても、
意外にスムーズに、根本まで咥え込みやがった。
「大丈夫か?」「うん、ちょっと痛いような…」
「入口か?でも、根本までズッポリ入ったぞ。自分で触ってみろ」
手を引いてやると、自分のケツ穴と俺のマラの結合部分を触り「すげぇ!」と叫ぶ。

俺は徐々に腰を動かし始めた。苦痛と快楽の間を行き来する顔。
自然と顔がにやけちまう。慣れて無い奴には長いストロークは禁物。
押し込むように腰を動かす。
痛そうな顔をするので、ラッシュを嗅がせ、俺も爆吸。
キスをして、顔から少し離した高さから良く見えるように唾液を落としてやる。
口を開き、舌を出し、くちゃくちゃ音を立てながら、俺の唾液を味わっている。
「うめぇか?」
「うまいっす。あ~気持ちいい。あ~!気持ちいい波と痛い波が交互に来る感じっすよ」
少し掘るスピードを上げた。「…つっ!」俺の腰を押さえた。
「ちょっと抜くか」「はい」
「深呼吸しろ。まだ早い!もっとゆっくりだ。もっと深くゆっくりと深呼吸だ」
その呼吸に合わせて、マラをゆっくりと引き抜いた。
「ちょっとトイレ行って来ます」

待っている間、俺のマラはずっとガチガチのまま。
戻って来ると、暫くキスをしてやる。
体のあちこちを指で滑らせながら。まだ充分に効いているのが分かる。
もう一度ゆっくりと生竿を挿入。さっきよりは随分と楽に入った。
少しだけ腰を動かし、奴の表情を確かめる。
俺の首に両手を回させ、奴の背中に手を回して一気に引き上げて、騎乗位にした。
「好きなように腰振ってみろ」ゆっくりと押しつけるように腰を振り始めた。
下からの眺めもいい。でも俺はまだ腰を突き上げはしない。乳首を触ってやる。
体を仰け反らせ、気持ち良さそうな表情に変わる。自分でマラを扱きだした。
指先でマラの先から出るガマン汁をすくって舐めてやる。
「うめぇな」だが奴のマラはケツ穴に集中し過ぎで萎えたまま。
少し体を前のめりにさせ、下から腰を突き上げてやる。
いい声で泣く。奴を倒し、まだ正常位に戻して掘り上げる。
「生がいいだろ?ん?」「はい。生が気持ちいいっす」
キツそうにしていたんで、ここでまた休憩を入れた。

キスをし、乳首を舐めながら俺は聞いた。
「どこに何が欲しいんだ?」「…ケツマンコに…種が…欲しいっす」
ここまで来ると、すんなりと生竿も受け入れ体制になっているので、遠慮せずにぶち込める。
多少、痛そうな顔をしていたが、俺もそろそろ種をぶっ放したくなって来た。
「やべぇな。そろそろ出したくなって来たぜ」
「種、欲しいっす!」
いつものようなガン掘りとはいかないが、少し早めのストローク。
ラッシュを爆吸して、俺は奴の中で果てた。かなり出た感覚。
ケツに集中し過ぎの奴のマラは全く勃たず。

そのまま2人で横になった。奴は自分のケツ穴に指を入れ、
「すげぇ、温かいっすよ!何かまだ入ってて、広がってる感じ」
「大丈夫か?」「大丈夫。まじ、気持ち良かったっす!
何か一皮剥けた感じっすよ」

そこへメールが。昼間時間が合えば連絡すると言っていた奴。プリケツの種好き野郎。
「今新宿です。仕込んでキマッてるんすが」
遅せ~よ。(笑)

たった今、種付けられたばかりの坊主が、
「ケツが疼くような感じになりたいんですよ~。どうすればいいんすかね?」
「練習あるのみ。でも無理にそんな事する必要無いんだぞ」
まだ、初心者クラスの坊主を見ながら、俺は別な事を考えていたような気がする。
隣りにいるこの坊主の事か、携帯メールの子の事か、自分自身の事か、それとも奴…。

今夜は久々にフィスト&生種好きのセクフレと会う予定。
今夜で3連チャン。俺はいったい何やってんだか…。

 


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑