FX口座開設

   やらないか速報

今でも信じられない

Posted on 2012年7月24日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




まだ高校2年の頃、出会いがあったんだ。
クラスが変わって初めての人がほとんどだったんだけど、
最初の席で隣だった人が急に話しかけてきたんだ。
隣の子「初めてやね、これからもお隣同士仲良くしような。」

俺「うん、よろしくね」隣の子「そういえば名前は?」
俺達は自己紹介をし合った彼の名前はたかってことにしときます。(いつもそうよんでるから)
たか「じゃあ友達記念にどっかカラオケにでもいこっか」

ってことになって場所は地元が一緒だったから地元のカラオケに待ち合わせしました。
俺が早く着いたみたいで12分くらいまってました。

たか「ごめんごめん待たせちゃって」
俺「いいよ、あんまし待ってないから」って感じで中に入ってフリーで5時間はいってました。
俺が歌っているのをほめてくれたり歌がうまかったりで一緒にいるのが楽しくて、
気がつけば好きになってました。

俺が歌い終わった時たかが急に聞いてきたんです。
たか「そういえばお前って好きな奴とかいるの?」
俺は気づかれるのが怖かったので「いる」と答えました。
たか「そっか…いるのか」俺「どうかしたの?」

たか「いいやなんでもない、そんなことより明日休みだし俺のうちに泊まりに来いよ。
親も夜から出かけるみたいでいないからさ」
俺は親の許可を取って泊まることになったんだ。

そしてたかのうちについてたかの部屋で遊んでいました。一緒にお風呂に入ることになったんだ。
たか「一緒に入ろうぜ」俺「別にいいけど、入りきるの?」

たか「だいじょぶだって」
俺達は体とか頭とか洗って入ることにしたんだけどやっぱりちょっと狭くて、
たかが入ってその上に俺が座るような感じで入ってると
お尻に硬いものが当たってすぐにあそこだと分かり。
俺「やっぱり狭いじゃん、おれ出ようか?」

たか「逆に見られるとはずいからそのままで頼む」
俺「えっ!!まぁたかがそういうならいいけど治まる?」
たか「わかんない」って笑いながら言ってたんです。
世間話してたら治まってきて出ることになりました。

たかがコンビニで飲み物を買ってくるって言ったのでベットでゴロゴロしながら待ってました。

気がついたら寝てしまっていて腰に何か違和感を感じ見てみると俺は素っ裸で寝ていました。
その前にたかが裸でなにかしていると思ったら俺の足を何かのロープで縛っていました。
俺が驚くまもなく俺に覆いかぶさりながら話しかけてきたんです。

たか「ごめん、やっぱり我慢できない。お前がほかの奴になるなら俺のにする」
俺「おねがいだから、解いてよなんでこんなことするの?」
たか「だめだよ、解いたらきっとはなれちゃうから、
俺のものにするまでは解けないよ。大丈夫気持ちよくさせてあげるから」

そういうと俺のあそこをしゃぶり始めたんだ、
俺は初めてですぐに出そうになったんだけど、
たかに止められてを何回も繰り返され理性がとびそうだった。
お尻になにか冷たいものがたれてきた。

どうやらローションらしいがはじめてみた。
いきなりお尻に激痛が走ってみてみるとたかが指をいれていた、
二本三本と増えて痛くて仕方なかった。
そんなのお構いなしにたかは自分の肉棒を持ち上げた…あまりのデカさに驚きを隠せなかった。
(あとから聞いたが18cmあったらしい)
俺「そんなの入るわけ無いよ。お願いやめて」
たか「やめるわけないだろ…お前には好きな奴がいる。俺のにしないととられちゃうじゃねえか」
そういうなりそのでかい肉棒を入れてきた。

俺は突然の圧迫感に怖くなった。たかは腰をゆっくり動かし始めた。
俺の穴からズチュズチュと音が聞こえてくる、俺は泣いていた、
こんな形で繋がってしまったことが急に悲しくなり俺は泣きじゃくっていた。

俺「初めて……」
たか「どうした?感じてきたか?お前の好きな奴にも気持ちよくしてもらえよ。
まぁ起つかわかんねぇけどな」
俺「初めて会ったときからヒグッずっと好きだったのに、ずっと好きだったのに!!」
たかは急にピストンをやめたんだ。

たか「ごめん…」
俺「そっかやっぱり俺への腹いせだったんだ…
好きでいてくれてるとすこしは期待してたけどすきでもないならこんなことしたって」
俺は縛られたままなので腰を動かして抜こうとした。
そしたらたかの手が腰辺りにきたのでまたやられるって思って抵抗しようとしたら、
腰を通り抜けて俺を抱きしめた。

たか「俺だっていっぱいアプローチしてたんだぞ。カラオケだって風呂だって…。
でも反応が無いから無理なんだって思ってやけになって」
俺「でも襲っちゃだめだと思うけどな」
たか「ごめん、すぐ解くよ」ロープを解いてもらいたかと向き合った。

たか「俺はお前のことが好きだ。付き合ってほしい、いまさら駄目なのかも知れないけど」
俺「勝手に決めないでよね…そりゃまだ許したわけじゃないけど、
初めて人を好きになったんだよ。なかなか嫌いになんかなれないよ」

たか「そうかじゃあ続きだ」
俺「こら!!ほんとに反省してるの?エッチのことしか考えてないんだから」
たか「だがこのままはちょっときついんすけど、なかなか治らないし、
お願い入れさせて…やさしくするから」

俺「…わかったよ、優しくするならいいよ」
たか「マジで大好き」俺の穴にローションを塗りなおしてたかの肉棒が入ってきた。

俺「なんかさっきより大きくなってる気がするんだけど…。
まぁさっきまでしてたし許可もらったし興奮してるし、
オナニー1ヶ月ぐらいしてないしでもういきそうなんだけど…いってもいい?」

俺「わざわざ俺に聞くの?うーんいいよ俺の中に出していいよ」
たか「いく!!いくいくいくいくいく…ぐっ!!」
中にどれだけ出されたのかわかんないんですけどお腹がすごく熱かったですね。

しかもいったあと抜きたくないっていって俺も疲れてたからそのまま寝ちゃって、
朝俺のアナルの中でたかが朝立ちしたんで目が覚めました。
いまでも付き合っていますが、あのときの怖いたかはあれ以来見てません。
あんな怖いたかがいるなんて信じられないです。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑