FX口座開設

   やらないか速報

やばい…まさか……

Posted on 2012年7月30日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




僕が高2の時のことです。
夏休みに夜 彼女と二人きりで花火をして ベンチに座りながら喋っていました。
すると ガタイのいいお兄さんが3人近付いて来ました。
イヤらしい目つきで僕たちの事を見てきます。

「やばい…まさか 彼女をレイプするつもりか…」
僕は彼女の手をひいて かばうようにその場を去ろうとした。
しかしお兄さん達が行く手をはばんて どいて下さいと言ってもどいてくれません。

そして彼女を羽交い締めしました。
猿ぐつわをつけられヤバイ!彼女が犯されてしまう!助けなきゃと思ったその時、
お兄さんの一人が僕を羽交い締めにし もう一人のお兄さんが僕にキスして来ました。

あまりに突然の事で 一瞬頭が真っ白になりました。
口の中をベロベロ舐め回され 股間をゆっくりまさぐられました。
初めての快感でした…。
彼女が見てるのに 僕はだんだん力が入らなくなり されるがままに…。

ズボンとパンツを下ろされ お兄さんは僕のものを口に含み フェラをやりはじめました。
袋もしゃぶられ 彼女より上手だ…と思わずそう感じてしまった。
「我慢汁でべとべとだよ 男にされてるのに感じてるんだね」
お兄さんにそう 言われた瞬間 僕は胸の奥が熱くなり 何かが切れた。

お兄さんは自分のズボンとパンツを下ろすと ギンギンに勃起したものを僕の口の前に差し出した。
「分かるよね?」お兄さんにそう言われた瞬間 僕はものを口に含み 一生懸命しゃぶった!
お兄さんがしてくれたように 袋をなめたり玉を口に含んだり。

彼女の事はもう頭になかった。無心にしゃぶっていると
もう一人のお兄さんがヌルヌルした液体をオシリの穴にぬり 人さし指を入れてきた。
痛い… でもちょっと変…1本から2本 そして3本も入れられ
初めての感覚に戸惑いながら 僕はしゃぶっていた。

もう一人のお兄さんもオシリの穴をいじるのをやめた後
ズボンとパンツを下ろし 僕の口に無理矢理入れてきた。
2本も無理だよ~と思ったけど 僕は次々と 2本のものに口の中を犯され続けた。
そして 2本をくわえていると お兄さんは僕の口から抜いた。

今度はオシリの穴に 太い指を入れてあげるね。
お兄さんは僕を押し倒し オシリの穴にものを挿れはじめた。
ゆっくりと出したり挿れたりしはじめた。「お腹くるしい…抜いてよ~」

そうお兄さんに頼んでも 出したり挿れたりするスピードがドンドン早くなるだけだった。
もう一人のお兄さんが僕のチクビを噛んできたり おへそのあたりを舐め回したり
キスしてきたり…だんだん僕は快感に酔いしれ 思わず声が出る…。

お兄さんの息が荒い…、僕は快感に酔っているとお兄さんが突然動きを止めた。
体勢をかえ お兄さんに僕が股がる形になった。
「今度は自分で動いてごらん」僕は気持ちよくなりたくて 上下に動いた。

自ずと自分が気持ちいいところにあたるように動き コツをつかんできた。
ものはビンビンになり 我慢汁でベトベトだ。動いているうちに
快感がオシリの穴からものの先まで込みあげてくる。

僕は射精してしまった。ものすごい快感が押し寄せ果てる瞬間 彼女の顔を見た 茫然としていた。
そして走ってどこかへ行ってしまった。
「こいつ トコロテンしよった!素質あるな」 お兄さんは僕のオシリの穴からものを抜いた。

ドロッとした液体が穴から流れた。中だしされてしまいました…。
「お前のケツマンコ 名器だよ 締まりがいいし 吸い付いてくる」
お兄さんは誉めて頭をなでてくれました。

あとの二人のお兄さんにも抱かれ 今でも定期的にするセックスフレンドです。
こうして僕は男に目覚め ゲイになりました。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑