中出し 生セックス

あんな唇で、フェラされたらたまらんな1

投稿日:


マウンテンZPeace'sA10サイクロンSANEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)U.F.O. SA

もうすぐ20歳になる大学生です。コッチの世界に入って1年半くらいのバイです。
去年の秋頃。夏休みやらテストやらで、サボり気味のジムに行きました。
週末の夕方は遊びに忙しいのであまり行ったことはなかったんですが、
ひさしぶりに行ってみました。
一通りマシンをやって、とりあえず腹筋を重点的にやっていて、
ふと目線を上げると、24~5?の人とやけに視線が絡みます。
見た瞬間、最初に目に付いたのが分厚い唇でした。
どことなくヤクルトの五○嵐に似ている顔立ちと、引き締まった身体つきは、俺好みでした。
と言って、こちらから声掛ける訳でもなく、
ノンケの場合、どんなにイイ男でも俺の手には負えません。
『あんな唇で、フェラされたらたまらんな』なんてことを考えながら、腹筋に励んでました。
そのうち彼もマシンをやりだして、大して気にはならなくなってました。
マシンを切上げ、ジャグジーで身体を解してたら、さっきの彼が入ってきて、話し掛けられました。
こういう裸をさらす場所では、これもよくある話で、時々話し掛けられますが、
身体を誉めてくる人は、先入観からか、ほとんどの人がゲイに見えます。
ノンケだった頃は、ちょっと警戒しながら、軽く相づちなどして逃げるように離れたものでしたが、
最近は感じのいい人だったら、話し相手などしながら、
この人はゲイなのか? ノンケなのか? しばしゲームのように楽しみます。
ましてやエロ唇の彼、ジャグジーの泡の中、俺の股間は疼きます。
彼はサッカーをやっていて、今でも時々フットサルをやってるそうです。
尻の筋肉が硬そうに盛上がり、足の付け根から筋肉質の足がカッコよく伸びています。
サッカー選手と言っても、それほど短足ではありませんでした。
俺達はお約束のようにお互いに身体を誉め合ったり世間話などして、その日は別れました。

1週間後、時間を合わせたように、また出会った。と言うより、俺が合わせているのだが…。
「ねえ、泳ぎ見てくてる? 俺、ちょっと苦手なんだ」
「いいっすよ、ちょっと泳いでみてくれます?」
マジ、苦手そうだった。
俺は水泳部だったので、前に子供を教えたことはあったが、
大人を教えるのは、身体に触れるたびに下半身がムズムズしてくる。
「お返しに1杯おごるよ。行ける?」
ロッカーで着替え中、彼は身体を拭きながらそう言ってきた。
「いいっすねー」
俺は振り返り返事をすると、ズル剥けのチンポに目が行った。
彼は頭を拭きながらブラブラさせていた。
大きさは俺とあまり変わらないが、亀頭が大きく張ってました。
「俺、飯食ってなかったから、ここでもいい?」
「いいっすよー、俺もこういうとこの方が好きだし」
近所の居酒屋で飲みながら、学生の時のことや、筋トレのこと、
そして下半身事情へと話は下がっていった。
「I(彼)さんは、彼女とかいるんですか?」
「一応いるけど、遠距離だからさー、最近間空いちゃってるだよね。
俺も、もう別にいいかなーなんて思ってたりして…」
「電話したり、会いに行ったりしないんすか?」
「離れてみたら、お互い楽なんだよねー」
「へー、そんなもんすかー」
「1人の方が楽。俺、セックスよりオナニーの方が好きだし」
「うーん、わかる気もしますけど、それとアレとは違うんじゃー…」
「君は、彼女とかいるんでしょ?」
「俺も特定な人はいないっすよ。セフレ程度ならいますけど」
「いいよなーそういうの」
「Iさんもまだまだ若いんだし、がんばってくださいよ」
「ういっす!」
その日はそんな感じでまた終わった。
『この人はノンケかもしれない』まだ半信半疑ですが、感じいい人だし、
ノンケ友達として付合おうと思いました。

その後もジムへは週に2回は行くことにしていて、
彼は週末には必ず来て、お決まりのように、また酒を飲みに行きます。
週末ともあって店も混んできたので、Iの家で飲み直すことにしました。
ノンケだと思っていても、何かワクワクします。
ちょい広めのワンルームは、一人暮らしにしては小奇麗な感じで、
酒好きらしく、カウンターキッチンにはいろんな酒ビンが並んでました。
俺がトイレを借りて戻ってくると、彼はTシャツとランパンに着替えて、
床のクッションに胡座をかいて座ってました。
ランパンの裾からチラッと、毛と肌色のモノが見える。
「Iさん、横チン」
「あっ、ごめん。俺、部屋ん中ではいつもは裸なんで…」
「あー俺も同じ。帰ったら、全部脱いじゃいますよ」
「よかったら君も脱いじゃえば?」
彼は着替えのパンツを取ろうと立ち上がり、
「あっ、そういう訳にもいかないんで」
「いいじゃん、隅で穿き替えたら」
ゆったり目のサカパンを手渡し、キッチンの方を指差した。
『彼は、ホモなのか? 天然なのか?』
勧められたからと言って、ここで下半身露出してる俺も俺で、考えると妙に笑えます。
でも、窮屈な下着から解放されて気持ちはよかった。
「さあ、飲みましょうか」
仕事や学校の話など、そしてまたお決まりの下ネタへと…。

その後、焼酎に切り替わり、調子に乗って飲んでた俺は、
ジム疲れと心地よい間接照明に、ついウトウト居眠りを始め、
そんなに寝たつもりもなく、重い瞼を開きました。
見ると、彼は部屋の正面にあるソファーに座り、
勃起したチンポを両手で握り締め、ゆっくり扱いていて、
TVには音声を小さくしたままのエロビが映されていた。
『うわっ…』俺は心の中で叫び、上目遣いで、暫く声を掛けるチャンスを見計らってました。
彼はチラッとこっちを見ると、俺の視線に気が付き、「あっ、起きた?」
屈託もなくそう言うと、勃起チンポをパンツの中に納めました。
「Iさんて、人がいても平気でやっちゃうんですね」
「だって、さとし君寝ちゃうし…ちょっとこのシチュエーションもおもしろいかなーと思って」
彼はパンツの上から揉みながら、またエロビを見ている。
「普通しないっすよー、人がいたら」
「そうなの? 俺平気」
段々話してる内に、同級生のような感じがしてきました。
「君は友達としないタイプ?」
「いや、そんなことないっすけど…」
「俺ら男子高で女ッ気なかったからかなー、
部活でシゴかれた後、よくエロビ観ながらダチとオナってたけど」
俺は『シゴかれた』って言葉に、違う意味で異常反応してしまいました。
「『シゴキ』ってあるんすか?‥H系の…ほら…」
「咥えさしたとか、バック掘ったとか?……んー…あったよ」
これは彼のリップサービスなのか、すんなり答えてきた。
「Iさんもやったことあるんですか? それともやられたとか?」
「んー‥‥秘密」勝手な妄想と彼の股間が気になって、俺もビンビンです。
「君、異常に興奮してない?…興味あるんだ、そんな話」
見ると、俺のパンツは我慢汁でちょっと濡れてます。
「えっ? いやっ‥‥うーん、俺も扱いちゃおうかなー?」
言うが早いか、俺はパンツを脱いで亀頭を握り締めた。
部屋の薄暗さと、先にチンポを曝している彼の手前、
それ程恥ずかしいことでもありませんでした。
彼は奥のソファーに座って、ゆっくり扱きながら、時々こっちを見ています。
俺は反対側のカウンターキッチンの壁にもたれて座り、その視線をビンビン感じてました。
俺はエロビと彼のチンポをチラ見しながら、ゆっくり扱いた。
「そんなところでやってないで、ここ座ったら?」
「いや、隣っていうのはちょっと…」
彼は3人掛けくらいのソファーの端に寄ると、俺の席を作ってくれた。
「じゃー、そっちのベッド? 君だけ床に座ってると、なんか気になる」
「ですか…」
俺は酔いもやや冷め気味で、これからの展開に期待した。
だが、あくまで学生ノリのオナニーで行こうと決め込みました。
ベッドは綺麗にメークされていたので、俺はあえて彼の隣に座り、お互いのモノを見比べた。
「君のって、なんか真直ぐだね…珍しいなあ」
俺のチンポは真直ぐ垂直にそびえ立っている。彼のは一般的な、やや左カーブ。
「Iさんのチンポもゴツイっすよー、こんな頭、見たことないっす」
彼は根元をギュ-ッと絞ると、益々亀頭のデカさを強調させた。
「こんなの挿れたら、引き戻す時なんか、女ヒーヒーもんでしょ」
お互いに誉め合いながらチンポを扱いている男達。ホント、バカです。
「さすが、太股もゴツイっすね」
「足? 短い?」
「そんなことないっすよ。サッカー選手って短足のイメージあったけど」
「よかった。結構自慢だったりして…」
「うーん…そうでもないかも…」
「んのやろー!」
彼は俺の乳首を、Tシャツの上からピンポイントで摘んできた。
「アンッ」咄嗟のことだったので、変な声を出してしまった。
「あっ、乳首感じるんだ」
「俺、チンコの次に乳首感じるかも」
「舐められたことある?」
「リード好きのコには、おもしろがってよく舐められる。なんか声出ちゃうんすよね」
いきなり乳首をタッチされたことで、
『ゲイかも?』疑いを深めた俺は、徐々に攻め込みました。
「あっ! それよりさっきのシゴキ、やったんすか? やられたんすか?」
「えっ! まだ言ってるの?」
「ちょっと気になるじゃない。うちの部にはそんなんなかったし」
「‥‥フェラしたことあるよ…先輩の」
「え~~~?!」俺は彼の分厚い唇を見つめただけで、我慢汁が大量に出てきた。
「あー、垂れてるよ」
「あっ、なんか想像したら…」
「もの凄いこと想像してない?」
「いやー‥何か‥その‥」
「彼女とかにしてもらえないの?」
「今のコ、あんまりしてくれないんだよね。下手だし…」
「もしかして…俺にもしろ! って言ってる?」
「いやっ、しろっ! だなんて…」
「もしかして、男にされたことあるだろ?」
「ええ、一度だけ…何かスゲー気持ちよかった」
「忘れられないんだ」
「ってな感じ」
「男にされるのって気持ち悪くない?」
「Iさんだったら、気持ち悪くないと思うけど」
あくまで、ノンケ風味で迫りました。
「調子いいなー‥‥ちょっとだけやってやろっか?」
「マジっすか…ちぁーす」
俺は近くにあったティッシュで先走りを拭って、彼の口を待ちました。
 

彼は俺のチンポの根元を握ると、パクッと亀頭を口に含んで、舌を絡ませてきた。
「オッー……スッゲー……」
分厚い唇と舌が吸い付くように絡んできて、ゆっくり唇を根元の方へ滑らせてきた。
「オー…」俺は思わず彼の肩を強く掴んでました。
「はい、終わり」
「うっそー、もっとお願いしますよー…」
彼は悪戯っぽく笑うと、口一杯頬張り、
今度は亀頭の方へ舐め戻し、またゆっくり往復していった。
口の中の唾液も満タンで、分厚い唇が締め付け、
ジュル…ジュル…いやらしい音を立ててきた。
「アッ…スゲー…イイ…俺…アッ、アッ…」
俺は呆気なく限界です。
彼の肩を叩いて合図したが、彼は更に頭の動きを速めた。
「アッ!…だめだって…イクよ‥イク‥イッちゃうって!」
俺のチンポは彼の口の中で最大限に肥大していき、
彼はソレを感じると、咽の奥まで頬張った。
「アッー‥‥アッ…」
俺のチンコ、結構デカいと思ってたけど、
ソレをほとんど咥え込み、根元を分厚い唇が締めつけてくる。
俺は彼の腕を掴んで上体を反らすと、腰が勝手に動き、
咽の奥にガツンガツン突き立て、大量のザーメンを喉奥に発射した。
彼はむせることなく口で受けると、全て飲み込んだみたいだった。

「大丈夫っすか?」
「ああ、大丈夫‥‥気持ち悪かった?」
「そんな訳ないじゃないっすか。スゲー気持ちよかったし」
俺のチンポは気持ちよすぎて、まだ8分勃ちで治まりません。
「元気だなー」
「Iさん、まだですよね」
「俺は自分でやるから」そう言うとTシャツを脱ぎ、マッパになった。
片手で玉を揉み、もう片方で勢いよく竿を扱きだした。
俺は何もしないのは悪いので、
彼の大きく張った亀頭に手を伸ばし、手のひらでゆっくり摩擦した。
「アッ…イクッ」彼は俺の手を退かすと、自分の胸から腹に射精した。
「俺、イク時は、外にぶっぱなさないと気が済まないんだよね。変?」
「いえ、それってわかる気がします」

彼は洗面所に行くと、温かいオシボリを持ってきて、
俺のチンポに「ほい!」と被せました。
俺はそれで拭きながら、またムクムクとなってきました。
「ねえIさん、変なこと聞いていいっすか?」
「ん? 何?」
「Iさんって、男好き?」
「…でないと、あんな事しないわなー」
ある意味投げやりな感じで答えられました。
「アナルとかやられたりしました?」
「!‥‥」
「ごめんなさい…単純な質問」
「…あるよ」
「えっ、それってやっぱりレイプですか?」
「最初はけっこう無理矢理っぽかったかな」
「ふーん…」
「もしかして、それもしたいとか?」
俺の欲望はエスカレートしてくる。
完全に勃起したチンポの根元を掴んで揉みながら、
目からはエロエロ光線を発射していた。

「今日はその気ないから今度…その代わり、もう1回してやるよ」
「えっ! マジ?」
「1回も2回もおんなじだし」そう言うと、俺のチンポを咥えてきました。
「Iさん、わがままばっか言って悪いんすけど…」
「何?」
俺は、Iが“ウケ”だと知ると、調子に乗って更なるお願いをした。
「俺、上から腰振りたいんすけど…」
「え?」
俺はIの身体をソファーを背に床に座らせると、彼の目の前に仁王立ちしました。
「いいっすか?」
「しょうがねえなー」
Iは俺の金玉を下から撫で上げると、舌を這わせてきました。
俺は彼の肩に手を置き、ジッと舐められるところを見ていた。
片手で俺の尻を揉み、舌は金玉からチンポの根元へ、更に上へとねっとり舐めてきます。
俺のチンポはビクンビクンと、我慢汁を垂らしながら感じてました。
Iは俺の竿を前に倒すと、亀頭をベロベロ舐めてくる。
俺は立っていられなくなり、ソファーの背もたれに手を付いて、腰をグラインドさせてました。
Iは両手で俺の腰を抱くと、ゆっくり『俺』を咥えていき、
頭をソファーに倒し、尻を揉みながら前よりもっと飲み込んでいきます。
俺の根元に彼の唇がまとわリ付き、亀頭が咽の奥の壁にぶち当たった。
ぷっくり膨らんだ彼の唇がたまりません。
俺は足を逆Vの字に伸ばし仰け反った。
彼は俺の股の間に手を入れるとアヌスを弄りながら、腰を動かすよう促しました。
俺は正常位のように腰を動かし、
女のアソコより数倍気持ちのいい穴にチンポをスライドさせた。
俺の小ぶりな尻は、彼の手のひらでがっちり掴まれ、
前後にリズムよく動かされ、チンポは上顎を激しく摩擦した。
「ハァー…ハァー…ハァー…」
自然に息遣いも荒くなり、俺の顔は快感でゆがむ。
「ア-…ア-…ア-…」俺は2度目の絶頂を迎えました。
「ウッー‥」俺は身体を反らし腰を目一杯突き上げた。
彼は俺の尻を強く掴むと、最後の一滴まで搾り取るように吸い上げていく。
「ンンッ…ンンッ…ンンッ…」
大きな呻き声を上げながら、俺はイキました。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

アダルトグッズのNLS

-中出し, 生セックス

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら