中出し 巨根 生セックス

会社の寮で

投稿日:



同期入社の中にMという、超好みの男がいました。
色が白くて小柄で、クリっとした瞳が、私の性欲を掻き立てずにはいませんでした。
しかし、他の同期の中にTというお仲間男を見つけ、私はTと付き合い始めました。

当時、TとMは同じ会社の寮に住んでいました。
アパート住まいの私は、Tの部屋をこっそり訪れては、せっせとことに励んでおりました。
ある晩、Tの部屋で2人で飲んでいましたが、もう明け方に近い頃、
私はTに、「1階の(共同)風呂でHしよう」と持ち掛けたのです。
私は「平日だし、誰も来ないよ」と言ったのですが、Tは全く受け付けませんでした。

暫くしてTは寝てしまったのですが、私は風呂に行ってみることにしました。
案の定、その時間に風呂には誰もいない様子で、
周りをよく確かめて、私は鍵を開けました。
誰もいない風呂など、ただの風呂なのですが、ミョーな興奮を覚えました。
その時です、鍵の開く音がして、誰か入ってきます。何とMでした。
『やばい』と思いながらも、隠れる場所もなく、目を丸くしているMに、
「いやぁ、Tから忘れ物を取ってくるように頼まれて」などと、
全く説得力のない言い訳をしたのですが、
私がTと仲が良く、よくこの寮に来ていることを知っているMは、
それ以上詮索しようとはせず、何とかその場を取り繕うことができました。

その後は更衣室のところで2人で立ち話をしていましたが、
その話の中で、実はMもお仲間で、
入社当初から私に興味を持っていたことを知りました。
興奮と嬉しさと色々な感情が混ざった私は、気がつくと、Mの唇を奪っていました。
Mに嫌われたくはないので、抵抗されたらやめるつもりでしたが、
彼はそのまま目を閉じて、身体を預け、ビックリすることに舌を入れてきました。
手を股間に持っていくと、既に勃起しているのがわかりました。
そして、「このまま一緒にお風呂入ろう?」と言ってきました。
そんな申し出を断るはずもなく、私は先に服を脱ぎ、湯船の中でMを待ちました。
続いて入ってきたMは、真っ白なきれいな身体をしていて、驚くほどの巨根です。
私の勃起はもう爆発寸前でした。
湯船の中に入ってきたMは、いきなり私の勃起を水面上に出して、
思いっきり銜えだしました。
その後、2人で身体をお互いに洗ったりして楽しみ、
ウケだというMに対して、湯船のヘリを使って挿入しました。
ヌチャヌチャといういやらしい音と、
Mの「ウッ、ウッ」という呻き声が風呂場に響きます。
私は、明るい風呂の中で、憧れのMを突いているというこの興奮から、
今までの人生で一番幸せ、かつ量の多い精液を、Mの中に注ぎ込みました。

それからは、私とTとMで、よく3Pをします。

アダルトグッズのNLS

-中出し, 巨根, 生セックス

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら