ハッテン場 中出し・種付け 巨根 生セックス

感じてるんなら、もっと声出してイイよ

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

朝っぱらからヤりたくなったので、いつものハッテン場へ。
最初、朝の9時のせいか、店内には前の晩サカって、
疲れて、寝ているような奴ばかりで、起きてる奴はいなかった。
暫くすると人の気配。
見ると、20代半ばくらいの短髪君で、身体もなかなかだった。

俺は奴を誘い、空いてる個室へ行こうとすると、
「どうせ人いないんだから、ここでいいじゃん!」
そう呟くと、俺の背中を通路の壁に押し付けると、乱暴に股間に手を伸ばしてきた。
「もうこんなんなってるよ」奴の言葉通り、俺はもうギンギンにいきり起っていた。
背中はヒヤっとするほど冷たかったが、
そんなことを気にしてられないほど、奴の攻めは素速かった。
ドンドン溢れてくる俺の我慢汁を、亀頭全体に広げ擦りあげたかと思うと、
今度はそれを潤滑油にしてケツ穴を責めてくる。
敏感な俺の乳首に軽く歯をたてながらのケツ責めで、
俺はもうひざがガクガクするほど感じていた。
「感じてるんなら、もっと声出してイイよ」
奴にそう言われるまでもなく、俺は堪らず声を上げていた。
身体の向きを変えられ、今度は壁に手をついて、ケツを突き出す姿勢に。
既に指でかき回され、感じまくっている穴に、奴の硬い舌が当たる。
「ピチャピチャ」と卑猥な音と、俺の喘ぎ声が通路に響き渡っていた。

「そろそろ欲しいか?」
そう言うと、俺の返事を待たずに、硬いモノがケツに押し付けられた。
『デカイ!』いくら指と舌で解されてるといっても、そのサイズは大変なものだった。
そんな俺の反応などお構いなしに、奴は一気にぶち込んできた。
「ぐはっ」
思わず声を上げて逃れようとする俺の背中を押さえつけて、
奴は全身の体重を俺に預けるようにして深く入ってきた。
「俺のはデカイでしょ。でも、もう全部入ってるよ」
耳元でそう呟くと、今度はゆっくりと腰を使い始めた。
グッっと奥の奥まで突いてきたかと思うと、ほとんど抜けるかと思う程、
ケツ穴の中がズルズルッと擦られる感じがたまらなく、
俺は完全に理性を失って声を上げていた。
奴の腰も段々とスピードを速め、それに合わせて、俺も絶頂が近づいてきた。
「オゥ、俺ヤバイッ! トコロテンでイッちゃうよ」
「ぁぁ、俺もイクぞ! このまま中で出すぞ」
そう言って、一段と激しく突いてくる。
俺はもう両手で身体を支えることもできずに、腕と顔を壁に押し付けるようにしながら、
「あっ、イイ! イクッ」トコロテンでイッた俺と同時に、
「うわぁっ、すげぇ締まる。俺もイクゥ」
ドクドクッという感触とともに、温かい奴の子種が注がれるのがわかった。
もうヒザも何もガクガクで、立っているのもやっとだった。
そんな俺を見て、個室へ引っ張って寝かせると、一声だけかけて奴は出ていった。
すっかり満足しきっていた俺だったが、これはこの日の淫夢の始まりでしたなかった。

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-ハッテン場, 中出し・種付け, 巨根, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら