FX口座開設

   やらないか速報

某大学の学生たち

Posted on 2013年8月12日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




中学二年の時、家から数分の所に国立大学があり、
夜中によくゴミ捨て場に、エロ本をアサリに行ってました。

エロ本と言っても、グラビア程度で、たまに写真集があり、
大学の中のゴミ捨て場を、二、三ヶ所 回るって、
校舎のトイレに行く、そこでシコシコしていた。

と、ある日、エロ本を持って、トイレに行くと、二つある個室の一つが使用中で、
なおかつ、中からグチョグチョと音が、ドアの隙間から覗くと、
大学生がオナニー中で、大人のチンコはあまり見たことが無い、
とくに、勃起したのは、いつも同級生や先輩ぐらいで、必死に隙間から覗居ていた。
中の学生も覗いている俺に気付いたのか、見せ付ける。

暫くすると、「カチャ」と鍵が…ドアが開く。
中には背の高いサファ系の学生が、あれ! お前大学生と違うな、と!
つぶやく、学生は俺の腕を掴み個室に連れ込んだ。
ドキドキしながら、学生を見た。学生は白いビキニ一枚だ。
ビキニの横からは黒くてデカイ大人のチンコがギンギンに。
学生が見たいんだろ、オラ!と俺の頭を掴み自分の股間に、
目の前でビクビク動かす、デカイチンコからはダラダラと我慢汁が、
迷わずそのまま口をあけ目の前のチンコを咥えた。
学生はびっくりしてのか、口からチンコを抜いた。
俺は下から、学生を見上げ、舐めさせて下さいとねだると、
学生は俺の着ていたジャージを脱がせた。
俺はブリーフ一枚にされ、学生は俺を抱き寄せてキスをして良いのと、
目を見つめて、言った。頷いた。
学生が濃厚なキスをし舌をからめながら、
学生はブリーフの上から俺のチンコをシゴク。
耳を舐め首筋、乳首、脇に舐められた。
普段しているエッチとは違う快感に、
負けじと俺もデカイチンコを口にほおばって無我夢中に舐めいた。
学生は俺の頭を両手で持ち、歯をたてるな、良いな、
じゃあ舌を口の中で動かせろと俺は必死に動かし学生は激しく腰を振りだした。

学生は五分ぐらいで、口の中にクグッと突き込まれ、
口の中におびただしい、生暖かい、生臭い液体が流れ込んだ。
学生は頭を両手で持ち上げ、口の中のを飲み干せと言うので、
ゴクリと喉を鳴らし飲み干した。
学生は俺を後ろから抱きケツの割れ目に自分の半立ちのチンコを押し当てて、
耳元に息を掛けながら、俺のチンコをシゴク、あまりにも気持ち良さにすぐに俺は…。
その学生は服を着ろと、身支度してトイレを後にした。

学生は別棟の研究室に…
部屋の中は広い部屋を半分に区切ってあり、
奥に連れて行かれ、そこはロッカーが並んで二段ベッドとソファーがあって、
部屋の隅にサァーフボードがあって、
学生はちょっと待ってろ~と言うと研究室を出て行った。

少ししたら、学生は二人の先輩らしき人を連れて帰って来た。
すると二人はソファーに座る。
俺を挟むように座り何気に体を触る。
二人は裸になり、俺を裸にした、二人は座る俺の顔の前にチンコをさらし出した。
するとさっきの学生(祐司)が舐めたいだろと言う。
二人(俊弥)背の低い色白スリ筋(翔)、ガッチリ、色黒、二人とも、
祐司に比べて小さいが太くて、ヤリチンコだ。
二人は交互にしゃぶらせると、翔さんが俺の後ろに座り、俺の乳首やチンコを撫でる。
俊弥さんは頭を押さえ腰を降る。
祐司さんも裸になり、ローションを片手に参加。
四つん這いにされ、翔さんが俺のケツの穴を解し出した。

普段ウケの俺すんなり指なら入る、
三人はコイツエロい中学生だな~と言うと、
やられたいのか、ケツの穴に欲しいのか…咥えながら頷いた。
俊弥さんが俺を仰向けに寝かせ、
俊弥さんのチンコが穴にローションを塗りチンコを当てて一気に入った。
ゆっくり腰を動かしながら、
イヤらしい目で見下ろされる、
力の抜けた俺にケツの穴に力を入れろと言う。
俊弥さんの動きが早くなる。
口には翔さんと祐司さんのチンコが…俊弥さんが、あぁ、と倒れ込む。
俺のケツの中にビクビク脈打つ。
チンコを抜くと翔さんがローションを垂らし、
有無を言わずに、ぶち込んだ。
翔さんチンコは中太で反り返しで腰を動かすとカリが前立腺にあたる。
はじめてだった快感に浸りながら、
俊弥さんが乳首を舐めたり、噛まれたり…。
気持ち良さに俺は知らずのうちに、イッてしまい、
俊弥さんは俺のザーメンを舐めていると、
翔さんのチンコが奥にあたる感じで止まった。
熱い感じが体の中に走った。

翔さんはチンコを抜くと俺の顔の前にチンコを突きだし、
オラ!綺麗にしろとしゃぶらせた。
祐司さんが俺の手を掴みソファーにてを付かせ、
ケツをつきだされ、祐司さんのチンコが穴に入った。
ケツの中には二人の汁がまだ、だが祐司さんのチンコは、
二人よりもデカイし長い。
腰が動くだびに、グチョグチョと音が、
祐司さんは二人に良い感じにマンコになって最高だとガンガン突かれる。
二人より腰の動きがイヤらしい。
祐司さんの息が荒くなると、自分で寸止めを何度かする。
俺は頭が真っ白だ。
三十分突かれ祐司さんは中でイッた。
翔さんがティシュで
ケツに栓をした。少し休めと。
俊弥さんが少しするとチンコにゴムのリングを付けて俺の方に来た。
あ~ぁ…、結局この日三人に二回づつ廻された。

三人の車を教えてもらい、車が止まっていて、
研究室の電気がついていれば、居るからと、何度か通い、三人以外の人ともやった、
また勉強も教えてくれたから良いかな、
俺、だんだんエロくなっちゃう…。
ってハマった俺だった。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑