FX口座開設

   やらないか速報

警察官と漁師の熱い情事1

Posted on 2013年9月16日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




俺、靖史。警察官になって3年目の25歳っす。
この春、俺は離島の駐在所に赴任したんだ。
俺の上司にあたる山田さんは、
週に一度船にのってやってきてその夕方またもどってしまうんだ。
ということで、俺はこの島で唯一の駐在所に寝泊りしながら警察業務をこなしている。
人口300人のこの島は漁師町で、特に事件などないほのぼのしたところだ。
俺は、赴任して早々、各家をあいさつがてら訪問した。
もちろん、これもれっきとした業務の一環だ。

一ヶ月もしないうちに、俺は島の人たちとは顔見知りになり、
大漁の日などは、新鮮な魚介類をさしいれしてもらった。
また、若い男が一人じゃ、料理もままならないだろうと、
近所のおばちゃんたちがおかずをさしいれしてくれたりした。
暇すぎて退屈だと思うこともあるが、
もともとのんびり屋の俺にとってはい心地のよいところである。
俺が勤務する駐在所のとなりに、豪という俺と同い年の奴が住んでいる。
この島の網本の次男坊で、赴任早々うろうろしてる俺になにかと世話をやいてくれたんだ。
同い年ということもあって、すぐ仲良くなり、
釣りに誘ってくれたり一緒にあそぶことも多くなった。
豪はさすが漁師、日焼けして顔は真っ黒、それにガタイもがっしりとしているんだ。

7月の初旬、汗をびっしょりかきながら、豪が駐在所にやってきた。
「駐在さんよ、今晩暇か?おっかあが、
  酒のつまみにって何やらつくってるらしいから、もっていくからな」
そう言うと豪はあわてて港の方に走っていってしまった。

「駐在さん、いるか?」豪がやってきた。
風呂敷包みと酒、豪は俺にそれらをさしだすといつものように、奥の部屋にあがってきた。
豪はまるで自分の部屋にいるかのようにくつろいでいる、
まあ、そんな気さくな奴が俺としては気に入ってるんだが…。
酒もすすみ上機嫌になった豪は、俺に言った。

「駐在さんよ」
「その言い方はよしてくれよ。制服してる時はそれでもいいがな、
  今はプライベートタイムだ靖史でいいよ」
「そんなこと言ってもよ、いきなりそんな風には言えないぜ」
「マア、べつにいいけどな……
「靖史、あっ言っちまった。」
「それでいいんだよ、豪」俺たちはお互いの顔を見ながら大声で笑った。

「実はな、8月にこの島では祭りがあるんだ。海神社さまに家内安全と大漁をおねがいするんだ。
  それでな、靖史もこの島の住民になったわけだし、祭りに参加しないかと思ってさ」
「へえ、そうなんだ。祭りか、いいなあ。俺と都会育ちだから、
  そんな祭りなんていうのには縁がなくてな」そう言うと、
「決まりだな。ちょっとかわった祭りだけどさ……島の若い独身の奴はみんな参加するぜ」
「へえ、そうなんだ。でも、独身だけかよ。ジャア、10人くらいしかいねえじゃんか」
「まあ、そうだけどさ」俺たちはまた大声で笑った。
「宿番には俺から靖史も参加するってことを伝えておくぜ」
「おう、たのむぜ」
「ジャア、早速準備しねえとな」
「準備しねえといけねえのか?」
「まあな、別にたいしたことじゃねえから。まあ、俺にまかせておけや」
「そうか、ジャア豪にまかせるぜ」

次の日、豪から電話がかかってきた。
「オウ、靖史か?」
「今はな、駐在さんだ」
「すまねえ、あのな俺、今本島にいるんだ。島には夜もどるから、今晩俺の家に来てくれや。
  さらしも買っておいたからな……じゃあな」
豪の電話はいつもそうだ、自分の言いたいことが終われば、
こちらのことなどお構いなく切ってしまう。
仕方なく、俺は書類の整理を急いでやってしまい、豪の家にいくだんどりをつけたんんだ。
夜、ふと窓の外を見ると豪の家の明かりがついていた。戻ってきたな。
俺は、ハーフパンツにTシャツという格好で豪の家に向かった。

「豪、もどってきてるか?」
「おう、待ってたぜ。あがれや」

豪の部屋にはたびたび来ていた俺だが、いつもこぎれいに片付いていた。
俺は勝手知ったるなんとかで、あがりこんだ。
風呂あがりの豪が、ショートパンツ一丁の格好ででてきた。
「今、一風呂あびたとこだ」
「どうやらそのようだな、見りゃわかるよ」
「それも、そうだな、ぎゃははははははは」
「ところで、用って何だ?」俺が聞くと、
「来週祭りだろう、それで、今日本島に行って、買ってきたんだよ、これを」
と言って豪は紙袋を俺に手渡したんだ。
俺は、それを受け取ると、紙袋の中に入っているものを取り出したんだ。
「さらしだよ」と豪が言った。
「さらし?」
「おう、祭りの時はふんどし一丁になっからさ。これでふんどし作るんだよ」
豪はごく当たり前のように言った。
「へえ、そうなんだ。それで、わざわざ買ってきてくれたんか?」
「いや、俺も、そろそろ新しいのがいるから、ついでに俺の分も買ってきたんだ」と言うと、
豪は別の紙袋を俺に見せた。

「靖史、ふんどし締めたことあっか?」豪が俺に言った。
「いや、ないよ。本とかでふんどし締めてるのを見たことがあるけどさ、
  実際締めてるのを見たことなんてねえよ」
「だろうな、ジャア見せてやるよ」と言うと、
豪は急に立ち上がり、その場でショートパンツを下げ始めた。
豪はショートパンツの下にふんどしを締めていたんだ。
「どうだ?これがふんどしだぜ。正式には六尺って言うんだけどさ」
「豪、いつもふんどしか?」
「おう、初めて祭りに参加した時から、いつもこの六尺だぜ、俺は。
   この六尺を締めるとさ、きゅっと締め上げられる感じっていうのがけっこういいんだよな。
   パンツだと、なんかおさまりが悪いけどさ、これならきゅっと締まって、
  今日も大漁めざしてがんばるぞっていう気になるんだよな」
豪は得意げに俺にしゃべった。

「俺、ふんどしなんか、締めたことがないからなあ
「そりゃ、そうだろうよ。ふつうふんどしを締めてる奴のほうが少ねえよ。
  ふんどしの締め方もしらないだろうよ」
「そうだな。俺、締め方なんてわからねえよ」そう俺が言うと、
「大丈夫だぜ、ほらここに六尺名人がいるんだからよ。
  俺が懇切丁寧にお教えいたしますから……ぎゃはははははは」
「懇切丁寧か」俺も豪の豪快な笑いにのせられて、大笑いした。
「豪、すげえな。顔だけかと思ってたら体全部真っ黒なんだな」と俺が言うと、
「そうだな、俺は親父と漁に出る時あっけど、ひとりで素もぐり漁やるときもあっからな。
  そん時は面倒だから六尺でもぐるからよ、すぐ真っ黒になっちまうんだよ」豪は俺にそう言った。
豪は六尺一丁で俺の前をうろうろしている、
そしてタンスからきれいに折りたたまれた白い布を持ってきた。

「じゃあ、やっか?」豪はそう言うと、俺にその白い布を俺に投げた。
「おら、早くしろよ」豪は俺の目の前で仁王立ちになってる。
俺が戸惑ってると、「ふんどしの締め方の練習するんだよ、服きたままだとできねえだろう?」
そう豪は言うと、自分の締めていたふんどしをゆるめ始めた。
仕方なく、俺もハーフパンツをおろし、Tシャツを脱いだ、そして黒のビキニ一丁になったんだ。
「靖史、そんなはでなもんはいてるのか」
そんなことを言うから、まじ恥ずかしくなってしまった。
豪の体からは六尺が外れ、素っ裸になっていた。
「それも」豪は俺に、黒のビキニも取るように目で合図した。

「ジャアな、今から俺が締めてみるからよく見てろよ」俺は素っ裸のままその場に座り込んだ。
目の前には豪の男のシンボルがぶらぶらゆれている。
完全に露出した亀頭はやや紫がかったピンクでカリが張り出していた。
亀頭に続くさおはぶっとくそのどっしりした重量感あるさおはその重みでだらりとたれていた。
でかい、俺はそう思った。
そんなことを俺が思っているなど知らない豪は、
先ほどまで豪の男のシンボルをかくしていた六尺をきれいに広げていた。
「いいか?まずこうやってさらしのちょうど中央くらいのところにチンポをあてて、
  のこりを肩にかけるんだ。そして、ここを股の間をくぐらせて、
  ねじらせながら前にもってくる。わかっか?」

「うん」
「そしてな、下腹の前を通ってうしろまでいき、けつのうしろで交差させるんだ」
俺、あんまり真剣にやってる壕を見て笑ってしまった。
「何、笑ってんだよ。あとでやらせるからな」
「うしろで交差させたら、肩にのせてたのをおろしてもいい。
それで、またねじらせながら股の間をくぐらせる。
うしろまでいって、左右にさけるようにしながら、
  腰にまわしたところにくぐらせるようにねじこんでいくんだ。わかったか?」
それから、しばらく俺は豪の言うとおりにふんどしの締め方を練習した。
何度かくりかえすと俺にも一応ひとりで締めることができるようになった。
「なんとか、できるようになったな。どうだ、ふんどしを締めた感じは?」
「なんかケツのところが痛てえな」笑いながら言うと、
「すぐに慣れるさ。ぎゅっと締まって気持ちいいだろう?」
「うん、まあな」

その夜、俺はなかなか寝付けなかった。
寝ようと目を閉じると、さきほどの豪のでっかいものがうかんでくるんだ。
どうしてなんだ俺はいつしかむくむくしてきた自分のチンポをしごいていた。
一発かいた俺はいつのまにか寝てしまっていた。
次の朝、いつのもように駐在所に豪が顔を見せた。
「昨日はどうも
「今からちょっくらもぐってくるわ。あっ、忘れてたけどな
そう言うと豪は急に小さな声になって俺の耳元で話しはじめた。
「祭りの5日前からな……あ、あの……禁欲せんとあかんのや」
「禁欲?」
「そ、そうや。ようは、5日前からおまんこしたらあかんというこっちゃ。
  それにな、せ、せんずりもあかんねんで

俺は、なぜ、豪が耳元で言ったのかがわかり、顔を真っ赤にしてしまった。
「俺らには、おまんこは関係ねえけどな、
  でも5日間もせんずりかかれへんのはつらいもんがあるけどなあ。
  もし、それを守らんかったら『おまらさま』がお怒りになって、えらいことになるからな。
  ようは、そういうこっちゃ。わかったなあ」
そう言うとあわてるように豪はライトバンに乗って、行ってしまった。
その夜も、俺の目に焼きついた豪のあのでっかいものが俺を悩ませた。
「いや、だめだ」そう思っても俺のあれはムクムクしてくるばっかり
5日間俺はそんなことを繰り返しながら祭りの朝を迎えた。

「いよ、おはようさん。いよいよだな」そう言いながら豪が俺の部屋にやってきた。
「夕方、一緒に神社に行くからな。それまでに身を清めるために風呂入っとけや。
今晩から三日間寝ずの祭りや。俺わくわくしてきたで」そう豪は俺に言った。
俺は、前もって上司の山田さんに祭りに参加するからといって休みをもらっていたんだ。
山田さんも「いいよ。別になにもないだろうしな、まあ楽しんで来い」って言ってくれていた。
午前中で駐在所の仕事をはや引きし、俺は自分の部屋に入った。
あれほど、うれしそうにしてる豪の顔から、祭りがすごく楽しいものだとわかるんだが、
俺にとってははじめての経験だ。わくわくしながらもやや緊張している俺だった。
俺は風呂をわかし、身を清めるために風呂に入った。
頭から足の先まで丁寧に洗い、緊張をかくすかのようにゆっくりと湯船につかった。

夕方5時、山田さんが、
「ジャア、帰るけどな、明日は一応早く出てくるから、心配せんでもええからな」
そう言うと山田さんは帰宅した。しばらくして、豪が風呂敷包みをかかえてやってきた。
「靖史、そろそろ時間だ、いこか」
俺は六尺を風呂敷に包み、部屋を出、豪と一緒に神社にむかった。

神社は島のはずれにあり、森に囲まれた中にある。
俺たちはライトバンで、神社の駐車場まで行った。すでに3台の車が駐車してあった。
どの車も見覚えがある車ばっかりだった。
俺たちは車を降り、神社につづく細い道を歩いていった。
しばらく行くと森がひらけ、ぽつんと社がたっていた。
「靖史、これはな、いつも村のみんながまつってある社なんだ。
  実はな、祭りの時だけは『おまらさま』のご神体がまつってある洞窟にはいることができるんだ。
  もちろん、祭りに参加するものだけが入ることが許されている場所なんだけどな。」
そう言うと社のそばにある小さな小屋にむかった。
小屋の中に入ると、洞窟の入り口らしい穴が大きな口をあけるようにぽつんとあった。
「行くぞ」そう言うと豪はろうそくに火をつけ、その穴の中に入っていった。
「暗いから足元に気をつけろや」どんどん階段を降りていった。
下まで降りていくと、さっきの社よりでかい社があった。

「おお、豪、きたな。」一番年長の茂さんだった。
「みんな、もう集まってるぞ。今年は駐在さんも一緒だってな。みんな大歓迎だぜ」
そう言うと俺たちを社の中にはいきれた。
中に入ると、俺たちを含めて10人の若者が車座になって座っていた。
俺たちは、控えの間に入り、六尺にきがえた。
「おお、靖史、うまいもんだぜ。なかなか決まってるぜ」豪は俺のふんどし姿を見てそう言った。
ふんどし一丁になった俺たちは本殿に行き、みんなと同じように車座にくわわった。

「よう、みんな聞いてくれ。今年も待ちに待った祭りの日がやってきた。
   今から三日間寝ずの祭りだががんばっていこうぜ。
   俺たちが頑張れば頑張るほど、『おまらさま』は喜ばれる。わかってるな」
「おう」みんなやる気満々だ。
「出立ち酒だ」と茂さんが一本の酒をまわした。
その酒は白くにごり飲むと体がかーっと熱くなってきた。

「ご神体さま、ご開帳」と茂さんが言うと、神殿の奥の扉が開かれた。
俺はびっくりした。だってさ、そこには素っ裸のご神体が…。
しかも股間の部分には男のシンボル天をむかんばかりにそそり勃っているんだ。
それは木で彫られたものだか、すごくリアルにできていた。
そしてもっと驚いたのが、一斉にみんなが風呂敷包みから何かを取り出し、
それをご神体さまの前に並べ始めたんだ。
「ええっ」俺はたまらず声を出してしまった。それを見た茂さんはにやりと笑った。
そう、それはまさしく男のシンボルだった。
大きさはそれぞれ違うが、みんなえら張りのでかいものだった。

「これは、俺たちが『おまらさま』から授かったもので、
一年間大事に男汁をぶっかけ磨き上げてきたものを祭りの今日、見ていただくんだ」
そう茂さんは言った。
この参加者の中で一番若い高校生の孝治も小ぶりのものを並べていた。
「駐在さんにも、この祭りが終わったら、『おまらさま』から授かるぜ」
俺は、それがどんな意味なのかもわからず、ただ「はい」としか言えずにいた。
みんながそのシンボルを並べ終えると、
「清めの儀だ」という茂さんの合図でみんなは一斉に本殿を出た。
そしてそのまま本殿の前の海に飛び込んだ。
「底に手をつけるだけだ。息をぐっととめてろ」
そう豪が言うと、先に海に飛び込んでしまった。

俺も飛び込んだ。
いきなり豪は俺のふんどしのたてみつを握り「いくぞ」の合図でいっきにもぐった。
くるしい、でも俺もなんとか豪に助けられながら底に手をつけることができた。
海からあがったみんなはずぶぬれだ、
しかも六尺が濡れふんどしの中のそれぞれのシンボルが薄く透けて見えていた。

「釜びらきだ。孝治前にでろ」そう言うと茂さんは孝治を中央に座らせた。
すると同じ高校生の達也がいきなり孝治の前に立ち、
孝治の顔に自分の股間を近づけていったんだ。
孝治は達也のケツに手をもっていき、
自分の方にぐっと押し付けるように達也のケツをうしろから押し出した。
俺はそれがなんなのかわからず、なんとなく周りを見ると、
いつのまにか二人ずつがつがいのように座っているのが見えた。
俺の横には豪が座っている。それぞれ、孝治と達也のふたりをじっと見ているようだった。

突然、孝治が達也の六尺をゆるめはじめた。
はらりと達也の六尺が床の上に落ちた。
俺はその時はじめて何がおこっているのかがわかった。
俺ののどはからからだった。豪が俺に酒をすすめた。俺は一気に飲んだ。
目の前で繰り広げられている光景と酒のために俺の体はすごく熱くなり、ほてってしまっていた。
俺は自分の六尺の前袋の中でチンポがムクムク息づいてるのを感じていた。
ふと、豪を見ると豪の前袋ももっこりとでっかくなっていた。
突然、達也が孝治から離れた。
そして体の向きをかえ、孝治の尺八でビンビンにおっ勃ったチンポを見せびらかすように、
みんなの方に近づいてきた。

「達也、去年とはちがって、また一段とでかくなったじゃねえか」そんな声が聞こえた。
達也が俺と豪の前にきた。達也は立ち止まり、時折チンポをビクンビクンとさせた。
「達也、すげえチンポになったなあ」
豪がそう言うと恥ずかしそうに達也はさらにチンポをビクンビクンと動かした。
達也のビンビンのチンポは孝治の尺八で濡れ、てかてかと光っていた。
俺のチンポも前袋のなかで痛いくらいにおっ勃ってしまっていた。
一回りした達也は再び孝治の前に立った。

達也は孝治が大きく開いて膝立ちしてる股間の間に頭を入れ、仰向けになった。
そして孝治はそのまま体を前に傾けながら達也のビンビンのチンポをしゃぶりはじめた。
俺たちのちょうど正面に達也のビンビンチンポが見える。
いつの間にか孝治の六尺がはずされ、
孝治はケツを上に突き出しながら達也のものをしゃぶっている。
「あー」達也が喘いだ。豪はたまらなくなってしまったのか、前袋に手をもっていき、
いきなり布越しに自分のチンポをこすっていた。
なんか息も荒くなってきているようだった。
俺もたまらず、前袋越しにチンポに手をやった。
すっかりビンビン、我慢汁でしみまでできてしまっている。

突然、孝治が声をあげた。ケツを大きく突き出した孝治の後ろには茂さんが膝立ちになり、
孝治のケツに何かを塗りこんでいるようだった。
「一本」と言うと、「うっ」と孝治の声が……、「力を抜け」そんな声も聞こえた。
二本とつづき、とうとう「三本」という声が聞こえた。
「あーあー」孝治の声はますますでかくなってくる。
「孝治、いよいよ釜びらきだ。男らしく耐えるんだぞ」「ううう」

起き上がった孝治のチンポは小さく縮こまっていた。ゆっくり孝治が腰を下ろしていった。
「うっ」孝治がうめく。「抜け」そう言われると孝治は腰を少し上げた。
そんなことを数回しただろうか、突然茂さんが言った。
「孝治の釜びらきだ」と言うと痛さにびくびく震えている孝治の肩に手をかけ、
いきなり下へと力を入れた。

「ぎゃああああ」孝治はあまりの痛さから声をだした、
しかしそれ以降は口をぎゅっとしめ、声を出さないように必死に我慢してるようだった。
「うううう、絞まるぜー」達也の声がした。
「達也、まだだ、動かすんじゃねえ」茂さんが達也に言った。
しばらくすると孝治がゆっくり腰を上下しはじめた。
俺たちからは達也のチンポが孝治のケツから見えたり隠れたりするのがよく見えた。
「あーあー」孝治の声が喘ぎの声にかわっていった。
それとともに、孝治の腰の動きがだんだん激しいものになってきた。
孝治のケツの下からは達也が必死に孝治のケツめがけて腰を上下しながら突き上げていた。

「あー変だよ、なんか、変だよ」そう言う孝治の小さく縮まっていたチンポがムクムクしてきだし、
あっというまにビンビンにおっ勃ってしまったんだ。
「よくやったな、孝治。てめえのチンポ元気にビンビンおっ勃ってるぜ」茂さんが言った。
孝治はそれを確かめるように自分の手をチンポのほうにもっていきぎゅっと握った。
「すげえ、俺のチンポビンビンだ。ビンビンにおっ勃ってる」

「うううう、絞まるぜ、孝治」
孝治は両手を頭にのせさらに激しく腰を動かした。
「あーすげえ、達也さんのチンポが……あーすげえ」
俺はそんな二人をみて、すげえ興奮してしまっていた。
まわりのみんなはそれぞれとなり同士の奴とお互いの前袋をまさぐりあったり、
抱き合っているものと様々だった。とにかく、みんな興奮しきっていたんだ。
「あーだめだ、変だよ、なんかおかしい、俺のケツなんかおかしいよ」
「『おまらさま』も大喜びだ、もう少しで天国だぜ、孝治すげえぞ。
  おらおら、もっともっと動かせ、孝治」
「あー、すげえいい。ケツがすげえ熱くなってきた」

「そろそろだぜ、孝治、そのままいけ、いくんだ」茂さんが大きな声で言った。
「アー、俺、俺だめだ
「俺も、すげえいいぜ、孝治」息をあげながら達也が言った。
「あーううううう……いっちまうよ。あーすげえ。気持ちいいよ」
「ああああ……い、いっくうううううう…………

孝治のビンビンにおっ勃ったチンポからどっぴゅっと勢いよく白いものが飛び散った。
それは何度も何度も繰り返された。豪が手を自分の顔にもっていった。
なんと3m離れている豪の顔まで孝治の白い男汁が飛んだんだ。
「おい、孝治、俺の顔まで飛んできたじゃねえか」そう言いながら手でその白いものをぬぐった。
「まったく」そう言いながら俺の方を見ながら笑った。
豪の手が俺の前袋の上に置かれた。

「靖史!」
「豪!」俺たちはお互い見つめあった。
「靖史のもビンビンにおっ勃ってる……でかいなあ」
「あっ」豪は俺の手を自分の前袋にもっていった。
「豪だって
俺たちはいつしかお互いの前袋をまさぐりあいながら、口を重ねていた。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑