3P・4P トコロテン 中出し・種付け 生セックス 精飲 調教 近親相姦 野外

僕たちは兄弟豚

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

僕は高校生の時から露出に嵌っていました。
兄のエロ本で見た露出狂の女性の告白の記事を読んでいる内に試したくなり、
つい魔が差したのがきっかけだったと思います。
初めて野外に全裸で飛び出した時の、
なんとも言えない背徳感と股の間を吹き抜ける風の感覚がすっかり癖になってしまいました。
深夜帯、それも自宅周りだけでしたが、それでも露出をするという行為に酔っていました。

そんなある日、いつものように野外露出をしていたところ、
コンビニ帰りだった近所のおじさんに見つかってしまいました。
近所のおじさん(以下Aさん)とはたまに挨拶をする程度の顔見知りでしたので、
その時は終わったと思いました。
Aさんは冷静に「事情が聞きたいから明日ウチに来なさい」とだけ言って、
見逃してくれました。
次の日、Aさんの家にお邪魔する時まで恐怖心でいっぱいでした。
この時はよく物語でありがちな「弱みをネタに脅迫」等といったことは、
全く思い浮かべませんでした。
とにかく謝り通して、見逃してもらう事だけを考えていました。
出迎えてくれたAさんは前日と同じく冷静で、
僕の事情を聞くと少し説教した後は朗らかに笑っていました。
それどころか露出に理解を示し、
もしよければ今後こういうことが起きないように見張りをやってもいいよと言ってくれました。
もちろん悩みました。
そんな僕の様子を見たAさんに返事は後日ということでその日は普通に帰されました。
三日ほど悩んだ後、出した結論はAさんの申し出に甘える事でした。
見張りも付いたことで、今までは出来なかった露出も出来るようになりました。
自宅周辺を離れ近くの公園へ遠出の露出、
自販機の前に行きジュースを購入等、色々やりました。
その時には僕はもう、Aさんを完全に信頼し切っていました。
見つかったら一巻のお終いである全裸で野外露出の状況下で、
安全を保障してくれるAさんの存在というのはそれだけ大きかったのです。

あらかた露出行為をやり尽くした時、
Aさんは僕に「こんなのはどう?」とある画像を見せてきました。
それはエロ本の女性の露出写真でした。
全裸で野外露出する様は露出行為中の僕と同じ格好でしたが、
違うのは首輪とリードを付け、なんとお尻には尻尾が生えていました。
「これは尻尾が付いたプラグなんだよ」とAさんは語り、
机の引き出しから実物を取り出してきました。
最初見た時はバトミントンの羽根としか思えず、
これがお尻の中に入るなんてとても信じられませんでした。
でも、Aさんの口車に乗せられ、一度やってみる事になりました。
今までAさんには全裸を何度も見せてきましたが、
お尻の穴を間近で見られるのはとても恥ずかしかったのを覚えています。
何か冷たい液体(ローション)で塗れた指で穴を穿られ、
思わず腰が引けると「慣らさないと痔になるよ」と言われ、我慢して穿られ続けました。
そして数分穿られた後、ついにプラグが入れられました。
今思えばそのプラグは一番小さいものでしたが、
当時の僕にはそのサイズは十分大きく、ローションのおかげで何とか入りました。
Aさんは慣らすためか数回プラグを出し入れし始め、
その度に僕は何か不思議な感覚がしました。
お尻の変な感覚に戸惑う僕に、Aさんは首輪を見せました。
子犬がつけているような可愛らしい首輪でしたが、
付けられた瞬間すごくドキドキしました。
そのままリードを引かれて、野外へと出ました。
歩くたび尻尾が左右に揺れてお尻の穴に響く感覚、
リードで引っ張られて進まされる感覚はいつも以上に興奮しました。
この日を境に、僕はAさんの言う通りの行為を行うことで得られる快楽に魅せられ、
調教されていきました。

半年ほど経った時には、僕はすっかり変わっていました。
首にはAさんから首輪の代わりと渡されたチョーカーをいつも付けていました。
尻穴にはプラグ着用するように命じられ、日頃から入れるようになりました。
陰毛もAさんの指示通り剃毛を一日の義務にされ、
常に子供のようにツルツルとなっていました。
深夜になったらAさんに呼び出され、Aさん家に行きます。
オナニーを禁止させられているせいで僕は向かう時からずっと勃起状態で、
中毒者のように今すぐにでも快楽を欲しがりました。
しかし、Aさんの部屋に入る際には、Aさんの決めたルールに従う必要があります。
服を脱ぎ、四つん這いになって入室し、Aさんを見上げ挨拶をします。
その時にプラグと陰毛の有無の確認が行われ、
言いつけを守ってないと帰されてしまいます。
チェックが無事終わると、チョーカーとプラグを外し、
お尻を向けて浣腸をしてもらいます。
初めの頃は恥ずかしくて嫌でしたが、
ウンチで汚れた玩具を見せられて渋々従い、今では慣れてしまいました。
綺麗になった尻穴は少し穿られ慣らされた後、一番大きい尻尾プラグが入れられます。
Aさんによって拡張開発された尻穴は、
大きめのディルドでもローションがあれば悠々と入るようになっていました。
それを受け入れた後、初めのとは全然違う、
黒くてゴツイ首輪が首に填められ、リードも付けられます。
手や足も拘束され、目隠しをさせられた後、四つん這いのまま野外に連れ出されます。
視界の効かない中で、犬のような格好で散歩させられ、
時には犬と同じように小便もさせられ。
十分ほどの散歩の後、Aさんに尻穴を弄られながら扱かれてイク時の快感は、
最高の快楽でした。
Aさんの奴隷としての自分をすっかり受け入れていたのです。

そんなある日でした。
いつものように呼び出されてAさんの部屋に行くと、信じられない光景がありました。
先客がいたのです。
椅子に座っているAさんの前で、全裸四つん這いでいる男性。
調教中の僕と同じく拘束具で拘束され、尻尾にプラグを入れた状態でしたが、
何より目を引いたのはAさんのチンポをフェラしている姿でした。
これまでの調教で、Aさんは僕のチンポを扱く事はあっても、
僕に性処理をさせる事はありませんでした。
普段の立ち振る舞いからも、同性愛を臭わせるようなことは一切なく。
だから僕にとってAさん=ゲイの認識は全然ありませんでした。
あとで考えればこれまで散々やってきた行為からも分かる事でしたが、
恥ずかしながら当時の僕は自分勝手な思い込みのせいで考えもしませんでした。
そのせいで余計にショックでした。
しかし、それよりもさらにショックなことが起きました。
Aさんに言われこちらを向いた男性の顔を見た時、僕は唖然としました。
それは僕の兄だったのです。
唖然とする僕に向かって、Aさんは全てを話してくれました。
そもそも、露出物のエロ本を持っていたのは兄です。
兄も僕と同じく露出に興味を持ち、たまに露出行為をしていました。
露出中のところを見つかって調教されるところまで兄弟そっくりです。
違うのは年期で、兄はかれこれ三年ほど調教を受けていたのでした。
そして更に驚愕の事実ですが、僕が露出行為をAさんに見られたのは兄のせいでした。
自分と同じく野外露出をしていると知った兄は、その事をAさんに話しました。
それで興味を持ったAさんに僕が露出をし始めた時にメールで連絡するよう命じられ。
そのメールを受け取ったAさんが偶然を装い、あの日僕の前に現れたのでした。

全てを話した後、Aさんは僕に選択を迫りました。
これから先はより一層ハードになるし、兄弟そろっての調教になる。
止めたいのなら今だと。
悩む僕を尻目に、Aさんは何事かを兄に呟き、兄は頷いて部屋を出ていきました。
やがて戻ってきた兄の姿は、すっかり変わり果てていました。
全裸で首輪とプラグを付けている事は変わりません。
しかし改めて僕の目の前で直立不動した時、異常が分かりました。
鼻が鼻フックによって無様な豚鼻にされていて、
その鼻穴には家畜の様に銀色の鼻輪が付けられていました。
その下、乳首にも同じ輪が填められ、鎖で繋がれていました。
陰毛を剃られている股間には貞操帯が填められ、
尻穴はバイブが入れられてるのか駆動音がしました。
兄は僕に見られたことによる羞恥か、それとも被虐の快楽か、
目元を潤ませ顔が真っ赤で、妙な色気を感じました。
僕に十分お披露目させた後、兄はAさんの合図で四つん這いになりました。
そして、先ほどと同じようにフェラをさせ始めました。
違うのは、Aさんの態度です。
普段温厚な性格はどこへ行ったのか、
兄に対しては厳しい口調でフェラの指示を出していました。
兄の胸元の鎖をまるでペダルのように踏み、
その度に乳首を引っ張られた痛みで兄が呻きました。
やがて射精した後それを兄に飲むよう指示を出すと、
Aさんは立ち上がり僕を手招きしました。
呆然とAさんの指示のままに近付くと、Aさんは兄の尻を見るように言いました。
そして、兄の尻に突き刺さっていたバイブを一気に抜いたのです。
兄はたまらず悲鳴を上げました。
その悲鳴はAさんに命令されたのか、豚の鳴き真似でした。
Aさんは抜いたバイブを僕に見せ、「見覚えはないか?」と聞きました。
見覚えは、ありました。前日僕がAさんによる調教で尻穴に入れていたバイブでした。
Aさんは笑って兄の尻をペチペチと叩きながら、僕に言いました。
これは僕が前日に尻穴で使って、洗わずそのままにしておいたバイブであること。
兄にはそれを伝えた上で、自ら尻穴に入れさせ、今日一日装着させたこと。
そして僕が来る前に、兄にはこのバイブでアナルオナニーさせていたこと。
絶句する僕に、Aさんは「まだある」と言ってある物を取り出してきました。
それは小皿に入れられたドックフードでした。
まさか、兄に食べさせるのか?
そう思った僕でしたが、Aさんは更にその中に小便をし始めたのです。
そんな尿塗れのドックフードという、人の食べ物ではないそれを、兄は食べ始めました。

後始末を命じられた兄を部屋に残し、僕とAさんは別室に行きました。
そこで、改めてAさんに選択を聞かれました。
「奴隷であり、家畜でもあり、便器でもある。
  俺の物になるなら、そんな存在になる覚悟をしてほしい」と。
……兄がやっていたことに対する恐怖は確かにありました。
あの部屋にいた兄は兄ではなく、Aさんの言う通り、
家畜や便器といった言葉通りの存在でした。
つい数時間前までは家族として、年の近い兄弟として身近な存在だった兄。
兄弟仲は悪くなく、僕にとって頼りになる兄でした。
そんな兄が、全裸で首輪を填められ、Aさんの前で跪き。
豚のように鼻を吊り上げられ、醜く無様な豚面で。
上半身は鼻軸や乳首にピアスを通され改造されて。
下半身はツルツルの股間に貞操帯、尻穴にプラグで管理された体で。
痛みに呻きつつも、同性であるAさんのチンポを必死に咥え。
挙句には小便入りのドックフードを食べる、惨めな姿。
その兄の横に、兄と全く同じ格好で跪く、未来の僕がいたら。

僕の答えは決まりました。
Aさんは兄を呼び寄せると、兄の尻穴からバイブを抜きました。
前日まで僕が使い、今さっきまで兄の尻穴にあったバイブです。
どちらのものかは分かりませんが、細部には茶色い汚れも付いていました。
Aさんは、「俺の物になるならこれを自分で入れろ」と言いました。
僕は迷わずそれを自分の尻穴に入れました。
兄の腸液で塗れたバイブはあっさりと穴に入り、
兄の体温の残りか生ぬるい感覚が腸内に広がりました。
その様子をAさんはその様子を楽しそうに、
兄は先ほどと同じく顔を赤らめて見ていました。
その後はAさんから決まり事を教えられました。
調教中の人語は一切禁止ということで、
兄と同じく鼻フックを填められ、豚鳴きの練習をさせられました。
それが終わると、初フェラ、初AFです。
Aさんと兄の両方の物を口と尻穴で咥え込み、兄も僕のを口と尻穴で咥えました。
この日は精液を飲まされるだけでしたが、後日尿もちゃんと飲まされました。

そして僕が露出行為をAさんに見つかった日から今年で五年。
僕は大学生となり、兄は社会人として働きだしました。
そんな変化がありながらも、僕たち兄弟は相変わらずAさんに飼われています。
昨日も二人揃ってAさんに呼び出されました。
部屋に付くと、さっそくお互いに全裸になり、装飾具を付けていきます。
全裸に首輪、鼻フックに鼻輪、乳首ピアス、ツルツルちんぽに貞操帯、尻穴のプラグ。
付け終えた僕の姿は、あの日の兄と同じ豚姿でした。
これこそが、僕の本来あるべき正装になったのです。
豚姿になるとお互いに並び、跪いて土下座しました。
椅子に座っているAさんが足を伸ばすと、
まず兄が左足を、続いて僕が右足を舐めて綺麗にします。
この行為は調教の開始と終了時に必ずやる事で、感謝を持ってやらなくてはなりません。
もしどちらかが何か間違えば、連帯責任で兄弟揃って罰を受ける事になります。
それが終わると、調教が始まりました。
昨日の調教は、最近のAさんのお気に入りである、兄弟豚の相姦ショーです。
まず邪魔な貞操帯とプラグを抜き、首輪に繋がっている鼻フックを外します。
お互いに背を向け合い、お互いの手や足を離れないようAさんに拘束されていきます。
次に鼻フックを鼻穴に入れ、一つのゴムバンドで繋ぎ合います。
更にお互いの尻穴に浣腸し、栓として双頭バイブを根本まで入れたら準備終わり。
繋がれているので、お互い身動きが制限されて思うように身動きが取れません。
しかも、動くたびにお互いの尻穴を犯すバイブの刺激と、
浣腸の苦しみに咽び泣く事になります。
そして、片方が顔を俯けば、もう片方がより無様な豚面を強制されます。
これが兄弟豚の相姦ショー。
鼻フックとバイブでお互いを繋いで兄弟同士で犯し合う変態行為です。
このショーは先にイった方が負けです。
勝てばご褒美として栓を抜かれて排泄を許され、AFと手コキが待っています。
負ければ貞操帯装着と追加浣腸の上、苦しみに耐えながらそれを見続けなければなりません。
しかし、お互いにトコロテンは可能とはいえ、そう簡単にはイケません。
頭を振って相手を豚面にさせたり、
腰を振って相手の尻穴を犯したりと僕も兄も相手をイカせようと必死になります。
自分でもその無様さを自覚しつつも、ご褒美の為に止められません。
お互いに鼻息荒くブヒブヒと鳴きながら、
豚面を晒して惨めに尻穴を犯し合う腰振りダンスをするしかないんです。

そして昨日の勝負ですが、
兄の腰振りのグラインドに耐え切れず、僕が負けてしまいました。
拘束を解かれた後、兄は浣腸され溜まっていた物を桶に出しました。
プレイ前に浣腸していたため、出るのは殆どが水の茶色い液体です。
出した液体は浣腸期の中に入れられ、
僕の尻穴に追加浣腸するための浣腸液として使用されました。
僕は勃起が萎えるのを待って貞操帯を取り付けられました。
尻穴には兄の出した液体を入れられ、
ただでさえ浣腸で膨らんでいた腹は限界まで膨れ上がりました。
前も後ろも出す事の出来ない状況で、
兄がご褒美として犯され射精する姿を見せつけられました。
兄が射精し、床にこぼれた精液を舐め取らされた後、
ようやく僕の射精と排泄が許されます。
貞操帯とプラグが外され、桶の上へ移動します。
勝っていればAさんに犯されながら扱いて貰って射精できるのに対し、
負けてしまえば射精と排泄にも罰が待っています。
罰とは敗者のルールです。
敗者は顔と体を隠す事は許されず、
主と勝者に向けて『完璧に』無様な豚面を晒さなければいけません。
そして自分で自分のチンポを扱きながらの排泄という、
公開自慰と公開排泄をさせられます。
その際にも自分で考えた、無様な宣言も必要となるのです。

僕は桶の上でがに股になり、
Aさんと兄に見せつけるように身体を前に反らした姿になりました。
その上で自ら意識して鼻穴を広げ、目を上向きに、
下を出して無様な豚の笑顔を二人に見せました。
そして「これからマゾ豚が変態ウンチオナニーをしますブヒ。」と叫びました。
尻穴からは茶色い水を噴出させながら、
片手で胸元の鎖を引いて乳首のピアスを引っ張り、もう片方の手でセンズリを続けました。
もちろんこの罰は兄も受け、先週は兄の番でした。
僕はがに股を取ったのに対し、兄は足を限界に開いて人の字を取った状態でした。
Aさんと僕に無様な豚面の笑顔を見せたまま、無様な宣言をするまでは同じです。
違ったのは、片手でチンポを扱き排泄しながら、
もう片手の指を鼻穴に交互に入れ続けたことです。
自分の指ちんぽで自分の鼻穴を犯し、
鼻水を垂らす兄の豚面の笑顔はAさんと僕を大いに笑わせました。
それがあった分、僕は必死に変態ウンチオナニーを続けました。
もしもAさんが気に入らなければ、再び浣腸をされもう一回やらされるからです。
幸いにも、僕の様を見たAさんと兄は笑っていました。
恥辱と屈辱でいっぱいの時間は僕が射精したことで終わり、その日はそれで終わりでした。

今日もこれから、Aさんに連れられて兄弟仲良く野外露出散歩の予定です。
どんな調教内容なのかは分かりません。
僕は色々妄想しながら、貞操帯で勃起を抑えられ悶々とその時間まで待ち続けます。
兄も僕と同じく、我慢汁を垂らしながらAさんの調教を待っている筈です。
時間が来れば僕たちは兄弟揃って豚面になり、Aさんの下で跪きます。
そしてブヒブヒ鳴きながら、与えられる快楽に悦びの涙を浮かべるでしょう。
僕たちは多分これからもずっと、Aさん所有の兄弟豚ですから。

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-3P・4P, トコロテン, 中出し・種付け, 生セックス, 精飲, 調教, 近親相姦, 野外

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら