FX口座開設

   やらないか速報

不妊検査で無理矢理精液を押し出す

Posted on 2014年2月16日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




俺は今27歳で、今の嫁とは5年前に結婚しました。
高卒で就職し職場の2つ年上の先輩との結婚です。
高校の時から男に少し興味があるのは自覚していたが、
今思うとその気持ちを押し殺すように勢いで結婚したようにも思います。
早く子供を作りたかったけど3年間子供が出来ることはありませんでした。
嫁のほうが産婦人科で検査を受けたところ何も異常はないという事でした。
そして俺も病院で検査することになりました。

病院につき部屋に案内され色々と質問される。
先生は若くスポーツマン系の優しいイケメンでした。
質問は月に何度やっているか、食生活、仕事、病歴など。
そして精液を採取して調べてもらうことになりました。
個室に通されプラスチックの容器に精液を入れるようにいわれた。
俺はそこにおいてあったエロ本を見てオナニーしたがなかなかいかない。
普段からなかなか射精できないことは多いので慣れない場所だと余計に。
結局俺は出ないまま先生の元にもどりました。

先生に射精できなかった事を告げると「無理矢理精液を押し出す」と言われた。
説明されたよく理解出来ずに奥の診察台へと通される。
ズボンとパンツを脱ぎ仰向けに寝かされ、チンコとケツを軽くアルコール消毒された。
先生はゴム手袋を。
俺の頭のなかは「???」だった。

先生はジェルみたいなのを手に絡ませ、俺のケツ穴に太い指をゆっくり入れる。
俺のチンコは瞬くまにビンビンに。
恥ずかしいと感じる間もなく先生の指が上下に動き、何ともいえない感覚が走る。
俺は「う、、あ、あぁ、、」と声が漏れ、直後に精液がダラダラと。
俺は余りの恥ずかしさで先生の顔を見ずに病院を後にした。
そして一週間ご、結果を聞きにいく。

診断の結果は精子の量が一般の男性に比べ少ないとのこと。
3日後に再検査をするので抜かずに来てくれと言われた。
その日も恥ずかしさで先生の顔を見る事はできなかった。
3日後。
俺は診察台に通されたが既に俺のチンコはビンビンに勃起していた。
そして、先生の指示でパンツをおろす。
パンツの中から筋の浮き出たチンコが先走りの糸を引いて出る。
バレないように手で隠すが、てで隠しきれるほどのサイズではないので明らかにバレバレだ。
そして俺は診察台に仰向けになる。

仰向けになり先生が準備をしている間、俺のチンコからはとめどなく先走りが溢れる。
そして、先生から手を横にどけるように指示され、チンコを隠していた手をどかす。
あらわになる俺の恥ずかしいチンコ。先走りで濡れてギンギンに反り返った赤黒い姿。
先生は消毒液を手にとり俺のモノを消毒する。
前回より丁寧にやってる気がしたが気のせいだろうか。
少しチンコを撫でるような感じ。また先走りが溢れる。
そしてジェルを手にとり太い指をケツ穴に。

挿入され間もなく、前回の感じが来ない。先生は少しジラすかのように出し入れする。
俺は早くしてくれと言わんばりに少し腰をくねらす。すると穴の奥をぐっと押された。
前回と同様の感覚が前進を駆け巡る。
そして、俺はまたドロドロと垂れ流す。
しかし、まだ手は緩められず刺激され続ける。
俺は声を噛み殺し涙を流しながら二度、三度と射精した。
放心状態の俺の体を拭く先生の股間は勃起しているように思えた。
そして、先生はまた何事もなかったかのように説明を終え俺は帰った。
3日後、また再診の結果を聞きに来る約束をして。

再診の結果。やはり前回と同じ結果だった。俺は落胆しながら自然と口にした言葉は、
「もう一度検査してください。」
うつ向いたままそう呟いた。
先生は分かりましたと一言いい、二日後の夜九時に約束をした。
夜九時?もう閉まってる時間じゃ?
でもどうでもよかった。
その日の夜子供が出来ずに悩む嫁を横目に一人で射精してしまった。

ついにその日が来た。
罪悪感や期待、不安が入り交じるなか俺は電気の消えた病院の扉を開けた。

診察室に入った俺は、初診以来久々にマジマジと先生の顔をみた。
ヤバイ、かっこいい。
以前は優しい印象だったが今は少し怖く、男っぽく、野生的な顔付き。
俺の股間ははち切れそうになる。
いつもの台に行き、自らパンツを脱ぎだし仰向けになった。
もう羞恥しんもなくかなりの興奮状態だ。
自分のイキリ起ったチンコ越しに見える先生。準備を終え手をケツにあてる。

指が穴に入った瞬間声が漏れる
「ぁ、あぁぁ!」
もう誰もいないので声を出してもいい。
先生の指もいつもより激しく動く。
俺は鳴き声の様な情けない声を出しすぐに射精。
そしてすぐに二度め、三度めとイキまくる。

何度射精したか覚えてないが俺の腹には大量の精液が垂れている。
先生はその精液を左手にとると、俺のビンビンのチンコに絡めだした。
そして俺のチンコを上下にシゴキ出す。
精液がクチャクチャという音を出し何とも言えない臭いが充満しだした。
俺はこえにならない声をだしながら悶え続けた。

そして先生は俺の股間に顔をうずめる。
精液まみれチンコの根本から上に向かってゆっくりと。
先生の指はとまることなく精液がまた飛び出し先生の小麦色の肌にかかった。
そして俺のチンコで頬をなでだし顔に精液が絡み付く。
さらに一気に亀頭を加えられまた情けない声がでる。
先生の舌が唾液が精液と混じりあい淫らな音が病室に響く。
もう頭がおかしくなりそうだ。
指の勢いが弱まり穴から抜かれ、
自分の股間に目をやるとそこには先生のギンギンに硬くなったチンコが。
デカイ!
そして俺のハラから精液をすくい自身のチンコにぬりたくった。

俺の穴に先生の巨大なチンコが当てがわれる。
駄目だ。入るはずがない。
怯える俺に気付いて先生は言う。
「痛くないようにしてありますから。力をぬいて。」
ゆっくりと穴に入ってくる。圧迫感はあるが確に痛くない。
俺の精液が潤滑油となりスルッと吸い込まれる。
指先とは違う感じ。先生が腰を動かす。
ヤバイ。気持ち良すぎる。
徐々に早くなる腰づかい。俺の声もだんだん大きくなる。
それでも更に激しくなり。俺はうなり声と涙と共に、また大量の精液を垂れ流した。
緩むことのない快感。そして精液。
俺は無意識のうちに自分の精液を体じゅうに広げながら悶えていた。
精液で濡れてテカる胸筋、腹筋、腕。顔も精液でベトベトだった。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑