FX口座開設

   やらないか速報

露出オナニーのツケ

Posted on 2014年6月21日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




某田舎街にすんでる171-60-27。
最近の俺の楽しみは、近くにある公衆便所でズボンとケツワレ、足首までズリ下げて、
便器から離れて、パイパンのガッチガチに勃起したリングマラを見せ付けながら、
ラッシュ爆吸いで、ノンケに見せつけながら淫乱オナニーすること。
駅の近くにある公衆便所なもんで、終電間際のリーマンを狙ってオナニーしに行く。
見て見ぬフリしながら、そそくさとションベンしてく中年リーマンもいれば、
高校くらいのガキは、俺の淫乱オナニー見てチンポおっ起ててやがる。
俺も調子乗って、ケツにオイル仕込んで、
そのまま鞄に入れてあったハリガタケツにぶっこみ、
ガキが見てる前で、Lサイズのハリガタ出し入れを見せてやる。
ガキがコッチみて固まってる。
そうゆう姿見ながら、ザーメンぶっ放す瞬間はサイコーに感じる。
『教育に悪りーな』なんて思いながら、業務終了。

そんなコトやってる俺にツケが回ってきたのか、この間2人に廻された。
その日も終電終わる頃、ズボンズリ下げてケツワレ、パイパンリングビンビンにして、
誰か来るのを待ちながらシコシコやってると、便所に入ってくる足音が近づいてきた。
相手が入ってきて、まず正面にオレのケツが見えるような位置だから、
オレの足首までズリ下げたズボンとケツワレの線が見えると、まず目を疑う。
その瞬間を背中で感じるのが好きだ。
一瞬足音が後ろで止まったかと思うと、俺の横の便器にピッタリ付いてきた。
んで、ションベンするのかと思ったら、ビンビンにおっ起てたマラ見せつけてきやがる。
ソイツは作業着着たガチムチの親父。
ソッチがやる気なら、オレも望むところ。
チンポガッチガチにして、ケツワレもズリ下げ、
パイパンリングチンポ丸出しで、思いっきり見せ付けてやった。
ラッシュを一吸いして、ケツにオイル塗って、いつものようにハリガタショー。
ガチムチ親父も興奮しやがって、ハリガタ動かしてきた。
指で遊んだりしながら楽しんでやがる。
「いっつもこんなことしとんのか」
「あぁ…」
「ケツきくんやろ」
いきなりガチムチ親父はハリガタズルっと抜いて、
オレのケツにぶっといマラ突っ込んできやがった。もちろんナマ。
「お、おい、生は…」
オレの言うこともお構いなしでピストンするから、
ちょっとオレはムカついて抜こうとした。
その時、親父にラッシュ吸わされて、
そっから気が抜けた感じになって、ケツもトロトロになった。
オレは気持ちよさでブっ飛んでた。

暫く掘られてた気がしたその時、また外から人の足音が。ヤベー…!
でも親父はやめる気はないらしく、ガンガンに掘ってる。
「おう、やっとるな」
「来たか。サイコーやで、このトロマン」
親父は、今来たヤツと話してる。どうやら親父が知り合いを呼んだらしい。
ソイツも茶髪ではあるが、親父くらいの年。
体型は痩せ気味で、オレは絶対イけねータイプ。
「ほれ、1発目出すぞ」
親父のケツ掘るスピードが上がってきた。
「ちょ…やめ…」
「うっせーよ」
普段セーフのオレは逃げようとしたけど、今来た茶髪に体押さえられて…、
次の瞬間には、ケツに入ってるチンポがビクッビクッと脈打った。
「あぁーー!! 種付けされた‥!!!」
オレはかなりビビって、親父がチンポケツから引き抜いた瞬間、
力んでケツの中のザーメンをブリブリッと出した。
「何しとんじゃ、もったいないことしやがって」
「オラ、舐めろ」
急に親父の口調が乱暴になったと思ったら、髪の毛掴まれて、
さっき抜いたばっかの親父のチンポ咥えさせられる。
ザーメンとオレのマン汁のなんともいえない臭いに、嗚咽を堪えしゃぶる。

「ほれ、交代じゃ」
ラッシュ追加されて、今度は茶髪がオレのケツを掘る。
「オメコ気持ちえーか、この変態が」
「あぁ…」
オレは声にならない。
ケツタブをパンパン叩かれながら、茶髪も平気でオレのケツの中でイク。
「おい、種出すなよ」
イッた後、ケツにチンポ挿したまま茶髪が言い、
「種壺に仕込んだるからな」と茶髪のチンポを抜いた瞬間、ハリガタ突っ込んできた。
タオルで目隠しされ、ラッシュを染み込ませたケツワレ、口に咥えさせられ、
中腰のままハリガタをズッコズッコピストンされる。
さすがにオレもケツが辛くなってきて、
「もうムリっす」と言うものの、親父はやめてくれない。
誰かが便所に入ってきても、
「おい兄ちゃん見てみぃ、この変態。男にもマンコあるんやで~。
試してみるか?」なんて言いながら、ハリガタ動かして、オレを見世物にしてる。
さすがにそんな通行人は、こんなの見て逃げてったけど、
そんなのが延々1時間くらい続いた。
んで、また回復してきたのか、親父と茶髪が1発ずつ種付け、
オレもたまらずトコロテンしてしまった。
最後に1発ケツタブに蹴り入れられ、倒れこんだオレに、
「こんなトコでふざけたことやっとるからこんな目にあうんじゃ、覚えとけ」って、
捨て台詞はかれて帰ってった。
2人が帰ってから、ケツの中に入ってたザーメンを手で受け止め、
チンポに塗ってオナニーした。
こんな目にあうんだったら、毎日でも露出オナニーしてやるぜ。
って生の味をしめて、今じゃ全然懲りてないオレ。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑