3P・4P 中出し・種付け 強姦・痴漢 生セックス 精飲

サッカー部のマネージャー

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

僕の高校時代の話。
僕は、サッカー部でマネージャーをしていた。
男子校だったので、マネージャーも男子。
1年の時、同級生でスポーツ万能のY君がサッカー部に入ると聞いて、
少しでもそばにいたくて、マネージャーになった。
洗濯などY君の世話を進んでしているうちに親しくなり、
1年のクリスマスに告白すると、キスしてくれた。
その後段々親密になり、2年の夏頃にはフェラやアナルSEXまでするようになり、
部の中でも2人の仲は公然の秘密となっていた。

3年になり、Y君がキャプテンになったんだけど、
練習に熱が入りすぎてしまい、1年生に厳しく当たることが多くなった。
それで練習をサボったり、反発したりする1年生も出てきた。
夏休みに入り、8月初めの暑い日。
その日、3年生は模擬試験があったので、練習は休みだった。
でも、僕だけは理系クラスで模擬試験の日が違ったので、
1、2年生の練習を手伝っていた。
練習が終わると、上級生である2年生は先に帰ってしまい、
後片付けは1年生がするのだが、
Y君と模擬試験が終わったら一緒に帰る約束をしていたので、
Y君を待ちながら片付けを手伝っていた。

片付けが終わり、1年生を見送り部室に1人残っていると、
帰ったはずの1年のK山、S田、T野が入ってきた。
3人ともY君に対して反抗的で、練習も休みがちだったのに、
その日はY君がいないこともあって、真面目に練習に来ていた。
「マネージャーってキャプテンと仲いいですよね。それも普通じゃない仲のよさ。
   噂聞いてますよ。2人で気持ちいいことしてるって」
「キャプテンばっかりじゃなくて、僕たちにも気持ちいいことしてくださいよ」
「マネージャーって、男が好きなんでしょう?」
3人は薄ら笑いを浮かべながら、僕を取り囲むように近づいてきた。
身の危険を感じた僕は、動転してしまい、
「もうすぐ…キャプテンが来るから、もう…みんなも帰ろう…」と、
途切れ途切れに言うだけで精一杯だった。

「キャプテンなら来ませんよ。
   マネージャーは気分が悪くなって、先に帰ったって言って来ましたから」
「今日は僕たちと気持ちいいことしましょうよ」
「いつも同じ相手じゃ、つまらないでしょう」
僕は後退りしたが、すぐに壁に当たってしまい、蹲って小さくなっていた。
K山がズボンを下ろし、ボクサーブリーフも下ろして、
チンポを僕の目の前に突き出す。
そのチンポは、もうすっかり大きくなっており、
「ほら、舐めてくださいよ。恥ずかしがらなくてもいいじゃないですか」
と言いながら、口元に近付けてくる。
もう1人が僕の両腕を掴み、残りの1人が頭とアゴを掴んで、
K山のチンポを咥えさせようとする。
「言う通りにしないとボコボコにするぞ!」急にS田が怒鳴った。
その声にすっかり怯えてしまった僕は観念して、K山のチンポを咥えた。

僕は少し震えながらも、フェラで満足すれば許してくれるだろうと思いながら、
我慢してフェラしていた。
「マネージャー、さすが上手いなぁ。いっつもキャプテンのチンポ咥えてるんでしょ」
「次は俺の番だぞ」
「もっと唾出して、舌使えよ」
「一緒に突っ込んじゃえ。Wフェラ~」
「AV女優みたいだね。淫乱マネージャー!」
僕は1人をフェラしながら、左右の手でチンポを扱いたり、
2本同時にフェラさせられたりした。
「マネージャー、実は感じてるんじゃないの?」
Yシャツを脱がされ、乳首を弄られると、思わず「アァ」と息を漏らしてしまった。
「チンポもビンビンだぜ」
ズボンの上から股間を揉まれると、すぐに僕のチンポはビンビンになった。
レイプと言う状況に興奮してしまっていた。

「ケツもやっちまおうぜ」
ズボンとパンツを一緒に脱がされ、大きく足を開かされる。
部室にあったオロナインをたっぷりとケツに塗られると、
S田はクチュクチュと音を立てながら指を出し入れしたり、玉を揉んだりした。
「ほら、指がズボズボ入るよ」
「いやらしい音させやがって。ホントは俺らにやられて嬉しいんだろう」
「じゃあ、そろそろ入れちゃおうかな」
正常位で挿入されながら、別のチンポをフェラしたり、手で扱いたりさせられ、
僕はすっかり訳がわからなくなってしまった。
「ほらほら、口がお留守だよ。もっと舌を使って」
「今度は右手が止まってるぞ」
「空いてる手で、自分のチンポ扱きなよ」
「ホント淫乱だなぁ。今度は他の1年も連れてこようか」
「せっかくだから、サッカー部全員のチンポ、フェラさせようぜ」
「部員のチンポのクリーニングも、マネージャーの大切な仕事だよな」
いやらしい言葉でけなされる度に、益々興奮していくのが不思議だった。
「ウ~やべぇ。イキそう」ケツを掘っていたS田が言った。
「そのまま出しちゃえ」
「中出ししちゃえよ」
「妊娠の心配ないもんね」
2人に囃し立てられたS田は、腰の動きを速めると、僕の中で発射してしまった。

S田はチンポを抜くと、僕のアナルを指で開いて覗き、
「おぉ。中からザーメンが出てくるよ。
   キャプテンにもこの姿、見せてやりたいよな、フッフッフ」と、いやらしく鼻で笑った。
「いいなぁ、イッちゃって。じゃ、俺は顔面シャワーだ!」
僕に銜えさせたチンポを激しく出し入れしだしたK山は、限界に近づくと、
素早くチンポを口から外し、僕の顔に向かってザーメンを搾り出した。
「2人ともいいなぁ。そんなら俺は口内発射で」と言ったT野は、
僕に跨ってフェラをさせ、激しく腰を前後させて僕の口の中に発射した。
「口開けて見せてごらん。ほら、ザーメンまみれの舌も出して」
すっかり言いなりになっていた僕は、口を開け、舌を出してザーメンを見せる。

「せっかくだから、記念撮影しようぜ」
S田が携帯を持ち出し、写真を撮る。
フラッシュのまぶしさで正気を取り戻した僕は、「やめて。お願い!」と叫んで、
必死で両手で顔を押さえたが、今度は足を広げられてケツを撮られる。
抵抗しようにも、2人がかりで押さえつけられ、
結局は何枚も恥ずかしい姿を撮られてしまった。
「今日のことは内緒にしといてあげるから、マネージャーも絶対、人に言っちゃダメだよ」
「喋ったら写真ばら撒いてやるかならな」
「淫乱マネージャーさん。また今度、俺たちと楽しもうぜ」
捨て台詞を残して3人が部室から出て行くと、僕は裸のままでグッタリしてしまった。

でも、さっきの出来事を思い出すと興奮してしまい、
チンポがまた張り裂けそうに勃起した。
完全に理性を失った僕は、
レイプされる自分を思い出しながらチンポを扱き、イッてしまった。
4人分のザーメンですっかりベトベトになった僕は、
ティッシュで丁寧にザーメンをふき取った。
でも、いつまでも臭いが残っているような気がして、
サロンパスを体中にスプレーして家に帰った。

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-3P・4P, 中出し・種付け, 強姦・痴漢, 生セックス, 精飲

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら