ノンケ 巨根 精飲

彼女のいる三宅健似の友達と

投稿日:


マウンテンZPeace'sA10サイクロンSANEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)U.F.O. SA

21才の大学生です。彼女がいる友達との体験です。
その彼女がいる友達Sは、身長165cmぐらいで、
割と筋肉もついてるみたいで(Tシャツの上からだけど)、
顔はV6の三宅健似で、少年ぽい感じの、正しく俺好み。彼女がいるのも当然って感じです。
時々会ってメシ食ったり、彼女についての相談にのったりしてました。
もちろん、Sは俺にも彼女がいると思ってました。俺もSはノンケだと思ってました。
こないだSの彼女が帰省中だから、「一緒にメシでもどう?」と誘って、
メシの後、そのままSの車でドライブ。ドライブ中もたわいもない雑談ばかり。
途中で小腹がすいたので、ドライブスルーして、夜景が見える小高い場所へ移動。
俺も初めての場所で、平日の夜ということもあって誰もいません。
街頭の明かりだけで、後は真っ暗。内心『ラッキー!』なんて思いました(笑)
『でも、Sは彼女がいるノンケだし…。何にもなくて当たり前か~』とも。
2人とも少し眠くなって、シート倒して寝ていました。
暫くすると、ふと何かの感触で目が覚めて…
『えっ』って思ったら、Sが俺にキスをしていたのです。
俺が微かに目を細く開け、Sが唇を離すと、Sの顔が目の前にあります。
俺は夢かなと最初は思っていましたが、まぎれもない現実でした。Sは小さな声で、
「ごめん、ビックリしたよね。でも、前からKのことが好きだった……」と言うと、
抱きついて、俺の耳元に顔を埋めました。
俺はホントびっくりして、『え? マジ?』と動揺した。
だって、男にはまるで興味がない素振りだったし…まして、俺のことなんて…。
少しして冷静になった俺は、「俺も前からSのこと好きだったよ」と答えて、
Sを安心させるように抱きしました。その言葉を聞いて、Sは顔を起して、
「ホントに? ホント? よかった~」とホッとしたように言い、少し笑ってはにかみました。
程よく日焼けして笑ったSの顔は、男から見ても本当にカワイイ! 俺は思わずゴックン(笑)
安心したのか、またSからキスをしてきて、今度はフレンチではなくディープでした。
Sは貪るように俺の唇を吸い、舌を入れ絡ませてきました。
俺もSの髪の毛を掻きあげながら、激しくキスし返した。
やがて、車の中にお互いのキスの合間から、
ジュルルッ、ピチャ…ってお互いの音が聞こえてきて、興奮状態。
お互いに充分にキスを楽しんで、唇を離すと、うっとり顔したSと暫く見つめ合ったまま。
で、呟くように「好きな人とするキスって、ホントいいよね…」ってS。
俺はもうメチャ興奮してきてたから、Sの股間に手を伸ばした。
Sのはもうジーンズの上からもわかるほどビンビン状態。それもかなりデカい。
指を亀頭の方に滑らせて、亀頭の部分を軽く指で摘んで刺激してやると、
「ああっ…ん」と、気持ちいいのか、目を閉じ顔を歪ませた。マジでカワイイ…。
「Sのすっげー硬くなってんじゃん」
「好きなKと思いっきりキスしたからだよ…」と言いながら、
Sも俺の股間に手をやってジーンズの上から軽く撫でてくれた。
俺も気持ちよくって、「あっん…」と声を出してしまった。
Sは、「Kのもすっごく大きくなっている…」と興奮した顔で呟いた。
そして、Sは少し恥ずかしそうに、
「俺、経験はないけど、ビデオ買って、いろいろ研究したんだ‥」と告白した。
『えっ、えっ、えっ……???』
少し落ち着いてきて、暫くしゃべっていると、Sは彼女ができる以前から男にも興味があったこと、
でも、それを受け入れることができなくて、それを打ち消すように彼女と付き合いだしたこと。
俺のことがずっと好きだったってことも、当然打ち明けられず、
もし打ち明けたら嫌われるだろうって悩んでいたこと。
でも、男も好きなんだって思いは変わらなくて、ネットの通販でビデオを買って研究?してたこと。
(Sはいつかは俺とこうなることができたらいいなと思ってたらしく、
その時のために研究してたらしい…)
など、今までのつかえが取れたように、いろんなことを話してくれた。
俺は「な~んだ、お互い同じようなこと考えてたんだ~」と言って笑ってしまった。
俺はまだビンビンな状態のSの股間を触りながら、
「これじゃ、お互いに収まりつかないから、ビデオを現実にする?」って聞くと、
Sは「え?」とビックリしたように答えて、「緊張する~」と言いつつ、嫌でもない様子。
俺は「無理しなくてもいいよ」とちょっと引いてみせると、「どこで?」とS。
「ホテル行こっ」と誘うと、Sは「行っちゃおうか~」と決心したようにノリノリの様子。
そして車にエンジンをかけ、レッツゴー(笑)
 
ホテル街に着くと、Sが「あそこにしよう!」ってやる気満々。
俺、ラブホテルって初めてだったし、Sとやれるって思うと、凄く興奮して、もうビンビンのまま。
部屋に入ると、大きなベッドがあって、それを見たSが、
「わっスッゲー。K、いかにもHするっていう感じだよねぇ」ってメチャ興奮状態。
まず俺が先にシャワーを浴びて、バスタオルを腰に巻いて出てくると、
Sが「Kって、結構いい体してる!」って、目をキラキラさせて言いながら、
「俺も浴びてこよーっ」と言いつつ、Tシャツを脱いだ。
「Sもいい体してるじゃん」と俺。ホントいい体してるんです。
褐色に程よく焼けた上半身は、適度に腹筋も割れてるし、大胸筋もこんもりと盛り上がってる。
そして、お尻はきゅって締まって美味しそう。『やばっ、反応してきた…』
俺はバスタオルを付けたまま、ベッドに潜り込んで待つことに…。
そして、いよいよシャワーから上がったSが俺の方に来て、
トランクスだけで俺の隣に滑り込んでいた。
俺の足にSの足が触れる。
さっきから興奮しっぱなしの俺のペニスはビンビンで、先走りでビショビショ状態。
「S、好きだよ」って言いながら、俺はSの上に覆い被さった。
そして、Sの両手を万歳させた格好で両手首を押さえて、キスをした。
Sの硬く熱を帯びたモノが俺の太ももに当たっている。
それを軽く太ももで擦ると、Sは身をよじらせて、
「ああっ…あん…」と、唇で塞がれているので、声にならない声を出した。
太ももにSの先走りで濡れたトランクスの感触が伝わる。かなりビチョビチョ状態。
俺も凄く興奮してきて、唇からあご、首筋辺りに何度も舌を這わせた。
その間も太ももでSの硬くなったモノを擦り続けていると、Sもその動きに合わせて腰を動かし、
俺の太ももに自分のチンポを押し当ててくる。もうSのトランクスはヌレヌレ状態。
Sもメチャ興奮しているのか、息遣いもハァハァと荒い…。
「K、キスだけでも…スゲ-興奮するよぉー」とS。
「やっぱり? Sのチンチン、メチャ濡れてるしビンビンだよ」と俺が言うと、
「スゲ-、恥ずかしい…」とS。
「別に恥ずかしがることないじゃん。2人だけなんだしさ」と俺。
そういう会話をしながら、下からずっと俺を見上げているSは、ホント三宅健に似てる…。
そんな上気したSの顔を見てると、もっとよがらせたくなってきて、
まだSの両手首を掴んだまま、今度は首筋から乳首に舌を這わせて、
舌先でチロチロと細かく舐めてあげた。
すると、Sは上半身と顔を反り返らせ、「ふぅんっ…あっ…」と声を押し殺してよがった。
両手にグッと力が入り、俺の押さえ込んでる手を払おうとしたけど、俺も力をいれて押さえつける。
両方の乳首を代わる代わる舐めて、
乳首から微かにボディソープの香りがする脇の下へと舌を這わすと、
「そ、そこダ、ダメ…あ、ああっあ~…ん、う、うっ…ん…」と上半身を反り返し、
体を捩り歯を食いしばったりしながら喘いでいた。
「こんなの、女からもされたことないよぉ。めちゃ気持ちいい…」
と荒い息をつきながら喘いでいる。
喘いでいるSの顔を見ていると、俺も益々コーフンしてきて、エスカレートしていった。
Sは両足を曲げたり伸ばしたり、乳首や脇の下を攻められている時は気持いいのか、
両足で俺の腰辺りを挟んで締め付けてくる。
時には締め付けている両足がガクガクと小刻みに震えていた。
『こいつ、メチャ感じてる…』な~んて、俺も凄く嬉しかった。
押さえつけている両手を少し下の方にずらしながら、脇腹、腹筋を舌で舐めていった。
その時もSは体をよじりながら、「あ、ああっー、き、気持ちよすぎる…」などと、
息も絶え絶えにしきりに気持ちよさそうに喘いでいた。
そして布団を払いのけ、俺の頭はSのトランクスへと移っていった。
そこは先走りで濡れまくり、俺はそれを見て益々興奮した。
俺は、そのトランクスに手を掛けると、ゆっくりと脱がしていった。
Sのチンチンは先が真っ赤になり、先走りでヌラヌラと光っていた。
カワイイ顔のSにしては立派なモノで、
それ見てると、俺のチンチンからも先走りがいっぱい出てきた。
「Sのココ、すっごいねぇ。ビンビンだし、すっげー濡れているよ」と俺が言うと、
Sは「あっ、K、恥ずかしい…」と少し顔を赤らめた。
俺は、Sのことがすっごくカワイイと思い、
Sのチンチンを手に取ると、一気に口に含んで舐め回した。
Sのそこは凄く弾力があって、先走りの少し塩辛いような味がして、
俺は訳わからないくらい興奮した。
Sは「あっ、あっ、あああ‥‥K‥いい、俺‥キモチいい‥‥」と、
聞いたこともないような甘い声で喘ぎ続けた。俺は構わず、Sのチンチンを舐め回してやった。
Sのチンチンからは先走りがドンドン出てきて、足を曲げたり伸ばしたりして、
気持ちいいのを必死でこらえてたみたいだけど、その内、足がピンって力入ってきて、
「うううん、K…おれ、俺もうイッちゃうよ~、ダメだぁ…もう出ちゃう‥」と叫んで、
ドックンドックンって感じで、俺の口の中に凄い量射精した。
口から溢れそうになったけど、俺はその全部を受け止めると、ゴクンと音を立てて飲んでやった。
 
暫くして落ち着くと、Sは、
「K、スゲー気持ちよかった。彼女にして貰うより断然いい」って言って、
そして、「じゃあ、今度はKの番な」と言うと、
俺を寝かせ、トランクス越しに俺のチンチンを撫でてきた。
「あっ‥‥S、気持ちいい…」
大好きなSに触られていると思うと、それだけですっごく興奮し、ヌレヌレのビンビン状態。
「Kのここ、メチャ濡れじゃん!」Sはそう言うと、俺のトランクスを脱がしていった。
「わぁーーーー、Kのチンチン、すっげぇデカくなっているね。美味しそう!!」って、
Sはホント気持ちを込めて言うと、裏筋にチロチロ舌を這わせてきた。
それだけでイッちゃいそうになるくらい気持ちよかったけど、
暫くすると、Sは俺のペニスを口に含んで舐め回した。
元気なSらしく、むしゃぶりつくようなフェラで、俺、凄く感じた。
「あっ…S、Sスゲー気持ちいい…ああああ…俺、すぐにイッちゃいそう…」
「K、いいよ、出しちゃえよ」
Sは愛液を舌ですくい取りながら、俺のチンチンを舐め回してくれた。
「K、K、イッちゃう、イッちゃう…」
俺はあまりの気持ちよさに、呆気なくSの口に放出した。
Kもそれをすべて受け止めると、飲んでくれた。
「K、お前のフェラ、スゴくキモチよかったよ」と言うと、Sも、
「Kのだって、凄く気持ちよかったよ。
 でも、ホント好きな人とHするって気持ちいいよねぇ」って言ってくれた。
それで2人して風呂に入って、バスタブでイチャイチャしてた。俺、Sに、
「でさぁ、Sが買ったビデオって、どんなの?」って聞くと、Sは少し恥ずかしそうに、
「何かホテルの部屋で、大学生くらい同士がフェラして、それでアナルしちゃうんだよね‥」って。
俺、アナルって聞いてスゲー興奮して、
「じゃあ、最後までビデオを現実にする?」って言うと、
S「ええっ…」って少し驚いた様子だったけど、「しちゃおうかぁ~」ってノッてきた。
「じゃあ、どっちが入れる?」って聞くと、
S「うーん、俺、入れて‥欲しい‥かな…?」って、スッゲー恥ずかしそうに答えた。
それで、バスルームでSをバックにして、シャワーをSのアナルに当てると、
S「あっ、あっ、ああん‥」って声出した。
石けんつけて、指を滑り込ませると、スルッって入っていて、
S「ふうん…K、キ・モ・チ…イイ‥」って、上気した興奮顔で喘いでた。
で、ベッドになだれ込んで、ローションつけて、
“チンぐり返し”(って言うのかな?)の状態で、Sのアナルをもっと愛撫してやった。
Sは「あっ…あっ…なんか‥気持ちいい…はああん」なんて溜息のような喘ぎ声上げ続けて、
チンチンの先から愛液が次から次ぎに出てきてた。
それで暫くして、「ねぇ、K、もう来て…」って言って来た。
でも、いざそう言われると、俺も初めてだから、スゲー緊張して足がガクガクしてきた。
ゴム被せた俺のペニスにもローションたっぷりつけて、
“チンぐり返し”になったSのアナルにゆっくりと入れていった。
Sも初めてなのに、ちゃんと前戯したせいか、案外簡単に入っていった。そしたら、
S「あああ…Kのチンチン…入ってきた~~…」って大きな声出して、
「スゲー気持ちいい!」って。
俺もSのアナルにピッタリ包まれて、凄くいい気持ちだった。
俺、女と2~3回したことあるけど、そんなの比じゃないって言うくらい気持ちよかったし、
Sと一つになったっていう満足感っていうか、そんな気がした。
俺はSの足首掴んだまま、ゆっくり入れたり出したりしてたら、Sは先走りでヌレヌレ状態。
お腹の上にいっぱい愛液溜まってた。それを手につけて、Sのチンチンに塗りつけ、
俺のお腹がSのチンチンに当たるように腰遣ってピストンした。
すると、S「はー‥‥K、俺、俺、なんか変…キモチいい…何か、何か、イイ‥」って、
訳わからないくらい感じてた。俺も、スゲー気持ちよくなってきて、
「S、S、お前のココ、凄くいいよ。俺、おれ、あああ…」
とかなんとか叫んで、ガンガン腰振った。
それで、俺が先に「S、S、出ちゃうよ、イッちゃうよ」って言って、Sの中で果てちゃった。
そしたら、Sも「ああん…K、俺もイク、イク、イクっ…」って言いながら、
ドックンドックンって感じで、スゲー量の精液出した。
俺、そのままSに抱きついて、ハァハァ言ってた。
で、Sが俺にキスしてきて、俺もお返しにキスして、「S、俺、お前のことスゲー好き」って。
Sも「K、俺もお前のこと大好き」って。そのまま抱き合って寝て、朝までグッスリ。
朝起きて、またフェラし合って、チェックアウトした。
で帰り道、Sが「ねぇ、付き合ってくれるよね?」って聞いてきたから、
「うん、もちろん。でも、J(Sの彼女)に何て言うの?」って言うと、
「うーん、好きな彼ができたって言うおうかな」って笑って答えた。
その後、SがJにどう言ったのか知らないけど、Sは俺の彼氏になっています。
アダルトグッズのNLS

-ノンケ, 巨根, 精飲

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら