ヤバ交尾 中出し 合ドラ 生セックス

ポジ交尾最高

投稿日:2019年10月22日


マウンテンZPeace'sA10サイクロンSANEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)U.F.O. SA

数年来のヤリ友からヤリメが届いたときの話。
「明日休みで朝から新宿にいる。ポジ生交尾やんねぇ?」

俺:「すっげーヤリてぇけど、明日は仕事なんだ」
奴:「俺の1週間溜まったポジ種ほしくねぇの?」
俺:「ポジ種ほしいっす。明後日休みだし明日夜はどーすか?」
奴:「明日夜・明後日は無理。なら他の奴さがすぜ。
良いの手に入れたしお前とド派手にポジ生交尾ヤリたかったぜ」
俺:「あるんすか?まじヤリてぇ。明日仕事休むからやろーぜ」
奴:「おう、そうくると思ったぜ。何発も種付けさせろや」
俺:「たまんねーな。お前のキ○ても硬いギンギンの上反り生マラを、
上下のマンコで性処理するぜ。」
奴:「お前の穴あき競パンポジマンコ最高だぜ。
ナマでたっぷりやってやるよ。もろ感乳首攻めながらな」
俺:「やべー!まじぶっ飛んでヨダレ垂れ流し状態でヤリてぇよ」
奴:「ぜってー仕事休めよ。たっぷりキ○種仕込んでやるからな」
俺:「キ○ションもほしいっす」
奴:「わかった。じゃ明日な」

次の日。
奴:「いま新宿にいる。これからやんねー?」
俺:「おう、来いよ。ケツ掘り競パン履いてるんだよな?」
奴:「もちろんだぜ。3連リングで硬いマラがさらにギンギンになってるぜ」
俺:「速攻来いよ。俺も穴あき競パン履いてるぜ」
奴:「了解。速攻いくから、いつも通り部屋真っ暗にして鍵あけとけ。
着いたら速攻いれてやるから、部屋から腕だけ出してろよ」
俺:「了解。まじ早くヤリてぇからすぐ来いよ」

そして、
奴:「あと1分ぐらいで着くぜ。鍵あけたか?」
俺:「あけてある。真っ暗な部屋から腕だけだして待ってるから
早くやってくれ。早くヤリてぇ」

玄関のドアが開く音、ドアを閉める音、靴をぬぐ音、服をぬぐ音、準備してる音、
どんな音も卑猥に聞こえた。

突然、部屋の外に出していた腕をつかまれた。
そしていろんな準備が終わった頃、チクッとした瞬間の痛みを感じた。
そして………
その最中にドスンと重い響きが全身にかけ巡り俺は一瞬にして豹変、
獣に変わった。

俺:「早くナマくれ。ポジマラくれよ。ポジマンコにポジマラぶちこんでくれ」
奴:「待ってろ。俺もすぐキ○る。ポジマンに指でも入れて待ってろ」
俺:「ナマがほしいっす。ナマくれよ、ナマほしいっす。ナマナマナマナマ、
ナマぶちこんでくれ。硬いギンギンのナママラほしいっす。早く……」

奴:「あーやべ。イイかんじになってきたぜ。おーまじやべぇ。
超ヤリてぇ。ナマ硬マラギンギンだぜ。ポジマンにぶちこみてぇ」

奴が真っ暗部屋に入ってきた。
俺は奴の競パンの膨らみを手で握りしめ、
硬くギンギンになったポジマラの形を確認した。
俺は我慢の限界になり、奴の競パンからギンギンのポジマラを引きずり出して、
口マンでたっぷりキメ唾で濡らしたあと、
速攻で俺の穴あき競パンポジマンコに誘導した。

一気に奥まで奴のポジマラが入り、奴も完全にキメヤリモード。
お互い立ったまま壁際まで移動し、
俺は壁に両手をつきタチマンの状態で奴の激掘りがはじまった。

奴:「ナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマ……」
俺:「ナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマナマ……」

奴:「キメナマまじたまんねー。ポジマン最高!」
俺:「ポジマラまじたまんねーよ。ナマ最高!」
奴:「おら、奥でぐりぐり掻き回してやるよ。あーやべっ気持ちいいぜ」
俺:「ガンガン奥に当たってるぜ。やべーまじ最高だぜ」
奴:「おら、手で自分のポジマンの入り口さわってみろよ。
ポジマンにポジマラがナマで入ってんのが分かるだろ?
ケツ掘り競パンでナマで掘られてんだぜ。俺のナマ硬マラがほしかったんだろ?」
俺:「あーまじでほしかったぜ。まじたまんねーよ。
お前のナマ硬マラ最高だぜ。今日一日たっぷりやろーぜ」
奴:「あたりまえだぜ。何発も何時間もナマ掘りするぜ。覚悟しろよ」

そんな感じでやりまくったぜ!

-ヤバ交尾, 中出し, 合ドラ, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら