FX口座開設

   やらないか速報

バック処女だから中出し

Posted on 2013年12月18日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.



このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
[`evernote` not found]
はてなブックマーク - バック処女だから中出し

短い夏休みの出来事を報告します。ちょっとした旅行先で見つけました。
またもや出会い系で、経験が少ない、俺より2歳年下の男を食べちゃいました。

お定まりのキスから始めて、ネトネトとじっくり前戯ってやつを楽しみました。
ケツを舐め回すと、アンアン言って感じまくってる様子。
『こりゃ上物をいただけるな』って思って、
指をケツに入れると、ギュッと締め付けると同時に痛がる。
『アレッ』と思って聞いてみると、何とバック処女。
胸の中であの処女特有の締め付けを思い出すと、
俺のチンポはMAXにデカくなってしまった。

ひさびさのバック処女は絶対いただくと心に決め、説得。
最初は穴解しに専念し、『もう大丈夫かな』って思ったところで、亀頭部分を挿入。
やはり痛がったので、そのままの体勢で痛みが和らぐのを待つ。
だけど、穴の閉じ開きがスゴくて、メチャクチャ気持ちいい。
早くズッポリと埋めたい欲求が高まるが、
途中で拒否されては元も子もないので、徐々に徐々に挿入した。
チンポの根元までズッポリと挿入してから、
暫く重なったまま動かず、相手の穴がこなれてくるまで待った。
チンポに絡みついてくるような、ヒクヒクと締め付ける感覚が、
手を使わずに扱かれてる感じで、いつでもイっちゃいそうってな感じを我慢するのに必死。
痛みも治まり、腰を動かす感覚を短くゆっくりにすると、
相手もアッアッと感じ始めてきた。
そうなればこっちのもの。いつものように段々と激しく、
これでもかっていうぐらい掘りまくり、限界ってところまで来た。
いつもなら、何も聞かずにそのまま中出しするところだけど、
バック処女だから中出ししていいか聞くと、
「こっちにいる間、ずっとSEXしてくれるなら」っていうから、
もちろんOKし、思いっきり俺の種汁をケツの中にぶっ放した。
種汁が吹き出す度に、アッアッという表情が恍惚的で、何とも愛おしくなった。

正常位でチンポを挿入したまま抱きしめてやった。
ケツの中では、俺の種汁がグチュグチュいっている。
それが潤滑剤となって、相手も全然痛がるどころか、
目がトロンとして、チンポもビンビンに勃っていた。
そのチンポを扱いてやる度に、我慢汁が露のように溢れ出てくる。
それをゼリー代わりに扱き続けると、あっという間におびただしい種汁が吹き上がった。
俺の顔面を直撃し、俺はそれを口に集め、それを奴の口に運んだ。
驚いた様子だったが、何度も口の中で行ったり来たりさせる内、相手が飲み込んだ。

その間、俺のチンポはギンギンのまま挿入しており、2発目を出したくなった。
さっき出た種汁の内、チンポの周りに飛び散った奴を集め、
俺のチンポを少し抜き、その種汁を擦りつけた。
2人の種汁が相手の中で混ぜ合わされたことで、妙に興奮し、激しく突きまくった。
興奮してる時ってのは、2発目でも多量の種汁をぶっ放すことができる。
その瞬間が来た時、「俺の種汁を感じろ」って言いながらぶっ放した。

その後も暫く腰を動かして余韻を楽しんでると、徐々にケツから俺の種汁が漏れてきた。
きっと凄い量の種汁に違いないと思い、漏れてくるところを見たくなった。
チンポを抜く瞬間、相手にケツ穴をギュッと締めさせ、まだ漏れないようにさせた。
そして鏡を用意し、相手にも見えるようにして、ケツ穴を緩めさせた。
そうすると、トロトロとした俺の種汁が漏れ始めた。
穴がヒクヒク言う度に、ドボッドボッと溢れ出てくる。
タオルの上には、こんなに出たのかって言うぐらい種汁が広がり、
それを見せると、相手も驚いていた。
俺はそれを掬い取り、チンポにまぶして、
その夜最後の挿入をして、3発目をケツ穴に注ぎ込んだ。
そして、それを漏らさぬように言い聞かして、2人一緒に寝た。

次の日、寝覚めの1発をしたくてウズウズしてたが、
暫く焦らしてると、入れて欲しいっていうから、
「昨日のSEXで元気を使い果たした」って嘘を言って、
「入れて欲しかったら、元気の源を飲ませてくれよ」っていうと、
相手も察したらしく必死に扱き始めた。
その姿が意地らしくて、途中から俺のドリブルフェラで、
口から溢れるくらいの種汁を飲ませて貰った。
元気になったフリをして、一気にチンポを挿入して、手短に1発ごちそうしてあげた。

その日から3日間、あちこち案内して貰ってる間も、互いの手は常にチンポを握り合い、
目立たぬところでしゃぶったり、挿入したりと、スリルを味わった。
夜には獣のように貪り合って、種付け三昧だった。
帰る前日には、その地の飲み屋でもう1人GETして、3Pで中出しし放題、され放題。
俺もしっかり種付けしていただきました。
やっぱり飲んで、飲ませて、出して、出されなくちゃね。
かなり充実した夏休みSEX三昧でした。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
   
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑