FX口座開設

   やらないか速報

若専ヤリ部屋

Posted on 2014年2月24日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.



このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
[`evernote` not found]
はてなブックマーク - 若専ヤリ部屋

俺はかなりの童顔で、いつも20代向けのヤリ部屋を通ってる。
またバレたことない。
しかもバリバリのウケで、若い奴のチンコに夢中で、
ヤリ部屋に入ると、最低3発ケツ受けする。
今日はどうかなと思い、煙草吸いながら待つことになった。

1人目の子はかなり若くて、ロッカー前服を脱いで、
恥ずかしいそうな顔で、逃げるのように闇の中に消えた。
俺は煙草を消して、中に奴を探し、奴は個室に入ったが、
ドア開いたまま、彼は全裸でうつぶせて寝待ちし、どうやらネコらしい。
俺は静かに入って、いきなり彼の尻を舐め、
彼は舐めやすいよう腰を上げて、ワンワンスタイルになって、
彼のアナルを舐めながら、左手で彼のチンコを扱き、
右手でローションを取って、彼のアナルを解すと、アンアン喘ぐ声上げた。

ひさびさのタチしたくなって、生で挿入。若い奴の穴はやはり気持ちいい。
毎回ピストンも穴の入口ヒクヒク絞まり、
奥に突くと、S字腸の肉壁ヒクヒク絞まり、
数回ピストンでイキそうになって、ピストンしながらドクドク発射した。
1発目中出し後、彼をひっくり返して、
彼のM字なった両足を俺の両脇に収め、正常位で掘り続けた。
これは俺のもっとも得意な姿勢だ。相手の顔見れる、ティープキスもできる。
最大の特典は、自分の両肩で相手の両膝とビッタリ押さえ、
この押さえの強弱で、ウケのケツ穴締め具合を自由自在に調整できる。
同時にウケの両手を押さえれば、ウケは自由を失う、完全にタチの玩具なる。

この姿勢でディープキスしながら、
俺の勃起をゆっくり奥の深くところまで突き、入口のところまで抜く。
俺の勃起と彼の腸壁を最大限に摺り合い、あんまり気持ちよくて、
2人とも、「ウン」、「アァ」、「オー」喘ぎ声を上げた。
2人お互いに肉と肉の摩擦を楽しませた。
俺は1発抜いたので(今迄2連発したことなかった)、
彼をイカせるために、ピストンのスピードを加減しながら掘り続けた。
彼は「気持ちいい。あ…は…いい」ばかり。
すぐには逝くそうもないみたい。かなりタフなマンコだ。

2人とも疲れて始めた。汗ビショビショの時、
俺の真っ正面の壁(覗き穴)から、ギンギンマラが突き出てきた。
俺は迷わずそれを口にした。
暫く壁を通して俺の口マンコ犯した向こうの奴は、精一杯突き込んだが、
壁あるから、15cmくらいしか口入らないけど、
先端の部分かなり大きくなったとこで、口から抜かれた。
『…ん?』と思ったら、奴は向こうからこちのボックスに回って来た。
俺は若ウケを譲るつもりだが、
後に来た奴を見たらビックリ…超男前のデカマラサーファーだ。

俺はめっちゃサーファの彼に掘られたかったから、
下の若ウケを譲らず掘り続けた。
これは大正解。サーファの彼は、俺の尻を撫で始めた。
指で俺のケツ穴を解すと、サーファの彼は俺の尻叩き、
「お前もバリバリのウケだろう? アナル、めっちゃ緩いぜ」
俺はめっちゃ恥ずかしくて、慌ててケツ穴絞めた。
恥ずかしさを隠して、無言で下の若ウケを掘り続けた。
若ウケは、「アッ」と疑義な顔で俺の顔を見てた。
サーファの彼は、
「お前のような緩い穴に、ローションいらんよな」と言いながら、
俺のケツ穴に唾を吐いて、当り前のように生挿入した。
幸い、俺は事前ローション浣腸の癖があり、
サーファの巨根を無事に根元まで受入れた。
緩いと叱れた俺は、懸命に強弱つきでケツを締め、彼は大悦び、
巨根を根元まで挿して、サオをスッボンと抜けるところまで抜いて、
ケツ穴に唾垂らして、またニュルニュル挿す。こんなこと数回された。
毎回巨根に刺される時、俺の腸壁は渋々の摩擦感じて、めちゃ気持ちよかった。

俺の勃起も再び頂点に向う。
俺と下の若ウケ、今迄規律な抜き挿しは、
後ろのサーファの彼の律動を混ぜたから、
俺の肉棒の抜き差しは深さ、速さ様々、
肉棒、下の若ウケの腸壁摩擦感覚、ますます奇妙になった。
下の若ウケも感じ過ぎて、鼻から…ウン、ウゥ弱々しい喘ぐ声上げ、
腸壁は痙攣のような収縮して、
ピンクなちんこ先から、ビュウビュ白い液を出してグッタリした。

俺の勃起も2度目の限界にきてるとわかって、
抜き差し加速しながら、ドクドク発射した。今日これで終了と思ったら、
俺の後にいたサーファの奴は、右手で俺の耳を引張って、俺の上半身を引き起こし、
左手で下の若ウケの腹の上から出たばかり精液を取り、
俺の唇に塗りながら、「終わりじゃないぜ。もっと淫乱に墜ちちまえ!」
俺のフニャチンは、下の若ウケの穴中入れたまま、
サーファの奴は、両手で俺の両耳を引張って、
俺の下半身は若ウケケツを掘ってる状態で、上半身直立姿勢でピストン再開して、
マラの先端は俺の一番感じるとこ当たってる。

更に彼は、ピストンのペースに合わせ、「締めてー、緩めてー」号令を出して、
緩める時、奥深く刺され、締める時に抜く。
たまにローションを垂らして、腸内滑り具合を調整してピストン加速され、
巨根のサオは何度も俺のS字腸の内口を越えた。
彼は「スゲェ、スゲェ」連呼し、俺も気持ち絶頂になって、
フニャチンから我慢汁か?ザーメンか?オシッコか?訳わからず、
タラタラ!タラタラ!若ウケのケツ中に流したと同時に、
俺のS字腸内にサーファの巨根からもドクドク、ドクドク精液を注入された。

今度、3人の体勢を交代、俺は上向き、若ウケと69で向き合う。
サーファの巨根は、若ウケのケツを掘り、俺に若ウケの玉袋をしゃぶらせて、
長く舌を伸ばして、彼ら結合部舐め続けて、
サーファの巨根を毎回抜く時に、大量の精液と腸液タラタラ俺の口に流れる。
奥を突くと、ガスとノリ状の液ビシビシ出してる。俺は美味しくいただいた。

上の2人の生交尾を加速し、2人は「ウゥハァ」喘ぐ声ばかりで、
「イキそう」若ウケの仮性包茎が俺の口を求めてきた。
俺は若ウケの仮性包茎を扱きながら、口で彼の精液を受けた。
若ウケのちんこ再びダウンしたが、サーファの巨根は乱暴的ピストン急に止った。
口から「ハァハァ」喘ぐ声ばかりで、ウケケツに中出した。
若ウケのちんこから水のような精液をタラタラ、俺の口に流す。
俺は赤ちゃんのようちんこをナメながら、青臭い精液を飲み込んだ。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
   
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑