3P 中出し 乱交 生セックス

深夜1時45分の淫乱乱交銭湯

投稿日:2015年1月10日


TENGA フリップゼロ エレクトロニックバイブレーション ブラックマウンテンZWAD Ray

S区にあるH湯。
住宅街の中にある古ぼけてパッとしない銭湯。
普段は客の入りも悪いようで、
まさに寂れたという表現がピッタリ。

そんな銭湯が深夜になると様相が一変する。

日付が変わる頃合いから増えてくる客。
若細からデブオヤジまで客層は様々。
普通の風呂屋の客のように見えるが何か様子が違う。

1時を過ぎる頃にには帰る客も減って、
妙に長い時間残ってる客が多いことに気づく。
イマドキのスーパー銭湯のように、
長く時間を潰せるものがあるわけでもなく、
みんな手持ち無沙汰な顔をしながら息を潜め、
何かを待っているようなそんな雰囲気だ。

一般的なハッテン銭湯ならタイプを見つけては、
軽く自分の竿をしごいたりしてアピールするのだが、
この風呂屋では誰もそんなことをしない。
ただじっと…みんな時が来るのを待っている。

この風呂屋の閉店は2時。
このまま何もなく終わるのかと思っていると、
突然サウナの明かりが消えて暗闇になる。
閉店の15分前になると照明を落とすのが、
この店のルールらしい。
店主は客に早く帰れよと促しているつもりかもしれないが、
俺達は違う。この時を待っていたのだ。

6~7人も入れば満室の狭いサウナ室。
真っ暗なサウナ室の中に野郎どもが入りだす。
週末ともなれば20人弱のエロ野郎が集まる。

マッパの男達が肌を密着させ乱れ始める。

20代色白スリムといった風貌のやつが俺の竿をしごきはじめる。
乳首をタッチするとイイ声で泣きやがる。
そのまま奴は俺の股間に顔をうずめた。
ガキとは思えないぐらいネットリと舐めまわす口技。
明かりの下で見ていた時にはとてもそんなことしなさそうな、
クールなガキに見えたのに。この暗闇が人を狂わすのだろうか。

ふと気が付くと俺の口元にガチムチ野郎のガチマラが。
迷わずむしゃぶりつく。たまんねぇオスの味。
ダラダラ溢れだす先走りに喉を鳴らす。

俺の竿をいじってる奴はしゃぶりながら嗚咽を漏らしはじめた。
別の若細が奴のケツをいじり始めたらしい。
そのまま生マラがケツに吸い込まれていく。
容赦なく打ち付ける生マラに奴は歓喜の声を上げる。
しかし俺のマラからは絶対に口を離さない。
とんだ淫乱野郎だ。

暗闇に慣れた目で周りを見渡すとあっちでもこっちでも、
野郎どもが乱れ盛っている。3P・4Pなんて当たり前。
とっかえひっかえに思い思いのマラをクチへケツへ。
最近じゃ有料ハッテン場でもお目にかかれない、
ド派手な乱交舞台がここにある。

イクぞ!の声と共に色白スリムを掘ってた奴が果てたみたいだ。
そいつがマラを穴から抜くやいなや俺がケツに回る。
指を入れるとドロドロとくっせぇ種が。
たまらず俺も種壷をいただく。
クチだけじゃなくケツもトロトロ。
淫乱ガキをもてあそぶ。

誰かが俺のケツに指を入れる。
俺はド淫乱リバだからシッカリと準備してある。
相手のマラに触れるとデカすぎず小さすぎず程々の固マラ。
根元の三連リングとパイパンがいやらしい。
早く入れて欲しく自分の手で穴に導く。
奴はゆっくりと俺の中の感触を味わったあと、
高速ピストンでマラを打ち付けてくる。

前も後ろも攻められて三連結の真ん中の俺は、
この上ない快感に酔いしれる。

やべぇイク…イク、イク!

淫乱色白ガキのケツの中にたっぷり種付け。
それとほぼ同時に俺も後ろの奴に種付けされる。

息も絶え絶えにその輪から離れると、
他にも三連結してる奴らが。
あっちらこちらからオス鳴きの声が聴こえる。

サウナから外に出て慌ててシャワーを浴びる。
明るいところでよく見たら誰のかわかんねザーメンが、
俺の胸や腹にかかっている。
ケツから滲む誰のかわかんねぇザーメン。
やべぇけどこんな快感やめられないぜ。

脱衣場に出て着替える。
時間は1時55分。交尾の時間はたった10分。
だけどもとても濃密な行為だ。

銭湯のオヤジを横目に外に出る。
そう。ここはただの銭湯。
淫乱の館だなんて誰も思わないだろう。

そして俺の風呂屋通いは明日も続く。

痺珠の雫シリヌール菊門覚醒カプセル HOTタイプ

-3P, 中出し, 乱交, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら