トコロテン ハッテン場 生セックス

小池徹平似のボクサー君

投稿日:


マウンテンZPeace'sA10サイクロンSANEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)U.F.O. SA

僕は大学二年。毎朝駅に通う道に、安アパートがある。
狭い物干し場をチェックするのが毎日の楽しみなんだ。
だって、いつもカラフルなボクサーパンツが干してあるんだもん。
ちなみに今日は、真っ赤で黒ラインが入ったかなりエロいやつ。
住人の顔はまだ見たことないんだけど、間違いなく若い子だね。
それにお洒落で洗濯好き。毎回干してあるパンツが違うんだ。
可愛い子だといいな。日々妄想膨らましてた。

ボクサー君の部屋は二階。
周りの目があるから洗濯物はじろじろ見られないけど、
歩みを遅くしたり、アパートの前で電話するふりしたりして、
ボクサーパンツをチェックする。
今日はカルバンクラインのテカテカナイロン地。色は紺。やっぱエロい。

ボクサー君となかなか会えなかったんだけど、
ある日、部屋の窓からちょっと見れた。
マジかよ。小池徹平似のジャニ系!
あんな可愛い子がエロいボクサー履いてるなんて。
想像しただけで鼻血でそうになった。
次の日曜、待ち伏せしてつけてみた。
そしたら、すごい展開が待っていたんだ。

ある晴れた日曜。僕は意を決してアパートの近くで昼前から待ち伏せした。
小池徹平似のボクサー君はなかなか出てこない。
アパートに入ったら怪しまれるしなあ。
そしたら物干し場に彼の姿が。やっぱ洗濯してたんだあ。
上半身タンクトップ。残念ながら下は見えない。

干す時に腕を上げる。薄い腋毛がチラチラ。
ガン見したいけど、たまに人が通るからできないし、まだボクサー君に見つかりたくない。
この日は、黒ベースにゴム部分が緑の、結構オーソドックスなボクサー。
履き込んでいる感じで、もっこりの部分がちょっとヨレヨレ感がある。
あー我慢できねー。今日は外出しないのかあ?
近くの公園で本を読みながらやきもき。

もう3時過ぎだ。あきらめかけた時、ふいっとボクサー君が出てきた。
かなりオシャレな感じで腰パン。シャツを捲りあげてパンツ見てー。
そんな衝動を抑えながら、僕は後をつけた。
まじ可愛い。デートかな。私鉄からJRに乗り継いで、ついた先は新宿。

ルックス最高だから車内でも女子高生が話題にしてた。やけるぜ。
どこに行くのかな。わくわくする。どんな彼女なんだろ。
ボクサー君は2丁目方面に歩いていく。まさかなー。
僕は気づかれないよう、尾行を続けた。

2丁目方面に歩きだしたボクサー君。もしかしてこっちの子?
だとしたらチョー衝撃。ジャニーズにいそうな、あんな可愛い子が、ね。
彼女と会うなら、駅で待ち合わせするはずだもんね…。
小池徹平に激似って訳でもないんだけど、
優しそうな雰囲気とか、背格好とか、やっぱり似てる。
小柄な感じで、くびれたウエストに手を回してみたい衝動に駆られる。
高校生ぽいけど、アパート暮らしだから大学生だろうな。

そんなこと考えながら気づかれないよう、ついていった。
僕はハッテン場って、1回しか経験ないんだけど、
ボクサー君が入っていったビルはたぶんそうなんだと思う。
外で様子をうかがっていたら、男が何人か出入りしていたから。
ボクサー君は結構慣れた感じで、サッとドアを開けて消えた。
ここまで来たら、もう行くしかない。
彼のボクサー姿が見られるんだ。とんでもない幸運に、僕は感謝した。

知らないハッテン場だからよく分からなかったけど、人は結構いるみたい。
券売機で入場料払って中へ。
目が慣れない。ロッカールームにはもうボクサー君の姿はなかった。
まさかもう相手見つけてやってんじゃないよね。
気がせいたけど、とりあえずシャワー浴びてミックスルームらしき部屋をのぞいてみた。
僕ももちろんボクサー。お気に入りの黒のプレイボーイだ。

どこにいるのかな。ちょっと焦りながら慣れない暗やみをさまよう。
個室からはあえぎ声が聞こえてくる。遅かったか。
絶望しかけた時、階段の一番下で壁に寄り掛かっているボクサー君を発見!
白い肌が弱い光に映える。
パンツはド派手なショッキングピンク。
なんかタカビーな感じで、品定めしてるようだった。

暗い中でもボクサー君の可愛さは際立っていた。
色白に茶髪、ショッキングピンクのボクサーパンツで小池徹平似。
注目されない訳がない。
その場にいる全員が、アタックするタイミングを計っている感じだった。
でもボクサー君は何となく近寄りがたいオーラを発してる。
ボクサー君対男たち。

牽制しあいながら時間が経つ。結構イケメンもいた。
僕も様子見。そのうち一人が動いた。
皆のセンサーが二人に集中する。
正面からアタックしたそいつは競パン履いたスジ筋。
顔も悪くない。なのにボクサー君はアッサリ顔をそむけ、一人で階段を上っていった。
撃沈。周りは安堵したけど、相当ハードルが高そうだ。
信じられないことが起こったのは、この後だった。

2階に駆け上がったボクサー君。
1階に残された面々はあきらめた奴と、逆に闘志を燃やした奴に分かれたみたいだ。
みんな顔には出さないけど、いろんな感情が渦巻いているのが分かった。
狭い世界は完全にボクサー君を中心に回っていた。

顔も体も決して悪くない競パン君を振ったんだから、
同じようなタイプはNGなんだろう。
年上だったから?背が低めだったから?
ボクサー君の好みはイマイチ分からない。
1人、また1人と2階へ。もちろん僕も続いた。
性悪?の小池徹平を巡っての静かで熱い争奪戦だ。
迷路のスペースと、リビングのような広めのスペースがある。
ボクサー君はリビングの壁にもたれていた。
下よりも少し明るい。もっこり具合が確認できそうだ。

ショッキングピンクのボクサーは、前が少しだけ膨らんでいる。
そんなに大きくない。竿の形もよく分からない。
でもたぶん、今だけ。いきり立つ瞬間を待っているんだ。
ボクサー君が迷路のスペースに入っていった。
お尻の形もキュート。すごくそそる。

後を2、3人が追いかけていった。しまった。出遅れちゃった。
でも後悔する間もなく、ボクサー君は逃げ出すように出てきた。
僕の傍らを通り過ぎた。これまでで最も接近した瞬間だった。
「エッ」。僕は自分の感覚を疑った。
ボクサー君の右手の甲が、僕の右太ももに触れたんだ。
単なるアクシデント?ひょっとして誘い?
僕が振り返ると、ボクサー君もこっちを見た。目が合った。

ボクサー君は目で訴えてきた。「ついてきて」。
踵を返すと、ゆっくりと個室の方に向かった。僕は白い背中を追った。
彼は個室の戸を開け、体を中に滑り込ませた。
隙間からこちらをうかがっている。もう迷いはなかった。心臓がドキドキした。

中に入る。その瞬間、すごい嫉妬と憎悪の渦が自分を直撃した。
10人を超える男たちのジェラシー。
怖かったけど、個室にはもう2人きり。
パタン。後ろ向きで戸を閉めると、横からボクサー君がガチャッと鍵をかけた。
彼の腕が腰に触れた。
「ムネリンに似てるね」突然話しかけられて動揺した。
やっぱり声も小池徹平そっくりのハスキーなソプラノだった。

ムネリンとは、ソフトバンクの川崎宗則。これまでも何度も言われたことがあった。
「ムネリン、好きなの?」「メチャ、ストライクだよ」。
腰を抱いて向き合った。可愛い。身長は168cmぐらいだろう。
僕より10cmは低い。ドルガバのマスキュリンの香りが、性欲をあおった。

僕の右手が勝手にショッキングピンクの股間を這った。
コットンの生地の上から左右の玉をもてあそんだ。
竿の形を確かめながら右手を上に移動させ、亀頭を刺激した。
「あああっ」。僕の手の平の中で、熱い肉棒がすごい勢いで膨張する。
硬い。5本の指でペニスを握り、ボクサーの上から皮を上下させた。
「あああっ」。天を仰ぎ、あえぐボクサー君。
もうパンツの上部はヌルヌルだ。透明な液があふれ出ていた。
ボクサー君の息が荒い。僕の股間もギュッと握られた。

ボクサー君はつま先立って唇を求めてきた。
「ムネリーン…」
「徹平可愛いすぎる」。
そうささやくと、ボクサー君はニコッと微笑んだ。
やっぱり小池徹平似を自覚してるんだ。
ピンクと黒のボクサーパンツ。
お互いの盛り上がりがぶつかり合う。押しつけ合う。
でもまだ脱がさない。それがボクサー愛好家の不文律。
パンツ姿が一番エロいんだ。

唇が触れあった。マシュマロのようにやわらかい。前歯で下唇を噛んだ。
「好き。好きだよ」
「俺も。最高だよ」
綺麗な歯並び。舌を入れる。舌が絡んだ。
ボクサー君が思い切り突っ込んできた舌をいなしながら、
背中に回した右手の指で瑞々しい白い肌の感触を楽しんだ。
上質のビロードのようなしっとりとした肌触り。もう我慢できない。

僕はボクサー君をお姫様抱っこしてベッドに運んだ。仰向けに寝かせる。
馬乗りになって乳首に舌を這わせた。
そんなに遊んでいるとも思えない普通の乳首。色の薄い乳輪をなめまわす。
「すごいよ。すごく気持ちいいよお」。
もっこりをマックスにさせたボクサー君は甘いソプラノで絶叫した。

するとその時、近くで物音が。ガタッ。ハアハア…。
何だ?僕は今まで気がつかなかった。小さなのぞき窓の存在を。
両隣の個室から、見られていたことを。
SEXを見られるなんて初めてだけど、不思議と嫌な気はしなかった。
ボクサー君も知っているみたい。むしろ、それを楽しんでいるようだ。

「入れてくれる?」
ついにショッキングピンクのボクサーを脱がす時が来た。僕は彼の腰に手をかけた。

僕は徹平君のボクサーパンツをゆっくりとおろした。
ほのかに洗剤のいい香りがする。
彼のモノはビンビンに立って、もう収拾がつかない。
先っぽはぐちゅぐちゅに濡れている。
初めて見る徹平君のチンコ。太くはないし、長くもない。でもメチャメチャ硬くなってる。
おへそにくっつくぐらいの角度でいきり立っていた。陰毛は薄くて少ない。

僕は包茎の皮を丁寧に向いた。ピンクの亀頭があらわになった。
裏側をなめた。「ああーん」。
竿の根元に向かって舌をはわせると、ビクビク反応する。
袋をなめて、また亀頭方面に戻った。
「すごいよ。すごすぎるよ。気持ちいいよ」。
徹平君のねっとりとした液が糸をひく。

「すごいよお。ムネリンのも欲しい。ちょーだい」。
僕は体の向きを変え、シックスナインの体位に変えた。
徹平君は僕の黒のボクサーを勢いよくおろして、かぶりついた。
くちゅくちゅくちゅ。彼ののどの奥に先っぽが当たっているのが分かった。

「こいつらすげえ」。ギャラリーの興奮もマックスに達しているようだった。
「ねえ、入れてよ。もう我慢できないよ」
「いいよ。どうやって入れようか?」
「最初は騎乗位でね」。徹平君ははにかみながら、耳元でささやいた。

徹平に騎乗位をリクエストされた僕は、
個室にあったローションを彼のお尻に塗りたくった。
ほとんど無毛ですべすべ。穴はすんなりと僕の2本の指を受け入れた。

「ちょっと太めだけど、入るかな」
「ムネリン大丈夫だよ。ゆっくりね」
僕は仰向けになってスタンバイした。
垂直に立てた欲棒を、徹平のお尻の穴がくわえた。
可愛い顔をゆがませながら、腰を沈ませていく。

「アッ。ンンーン」
​これから得られるエクスタシーのために、少しの痛さに耐えているんだ。
僕は腰を動かさずにじっと待つ。ペニスは完全に飲み込まれた。
ちょうどいい締まり具合。挿入完了。
口をキュッと結んでいた徹平は、ようやく表情を緩めた。

「一緒になれたね」とニッコリ。可愛いこと言うじゃん。
2人とも、本当はもう発射寸前だった。いつでもいけちゃう。
僕は少しずつ腰を動かし始め、ピンピンに立った徹平の乳首をいじった。
それから、天を向いたチンコの皮をコリコリと上下させた。

「ダメだよ。いっちゃうよ。もっと楽しみたいよ」。
僕は手を離し、手際よく体位をバックに変えた。
四つん這いの徹平に上から乗る。首筋と耳たぶに熱い息をかけた。
「めちゃ気持ちいい。ムネリン大好き」。
「徹平最高」。
もうフィニッシュの体位は決めていた。小柄な体をクルッと回して、正常位に誘導した。

僕は仰向けにさせた徹平の両足を左右に大きく開いた。
そしてゆっくりと竿を出し入れした。ヌプヌプ。
「あああっ」。出し入れするたびに徹平のソプラノが響く。
ピストン運動を徐々に速める。
「あっあっ」。徹平の声も小刻みになる。
僕は白い肢体にかぶさり、密着する面積を増やした。

お互いの汗が潤滑油になって体がヌルヌルとこすれあう。
首を抱いて深く深く挿入。
「気持ちいいよ。ああムネリン。来て」
「可愛いよ徹平。いきそう」
「いいよ。一緒にいこう」激しく腰を揺さぶる。
「ああもう我慢無理」。徹平がところてんでいった。ドピュッ。

白い液が可愛い顔にペチャッとかかった。すげえ勢い。
思わず目をつぶる徹平。
僕は欲棒を抜いてしごき、狙いを徹平のキュートな顔に定めた。
「いく」。ドクンドクン。精液は緩やかな放物線を描き、命中した。
徹平の口もほっぺも2人分の精液まみれ。

僕は柔らかいほっぺにキスして、しょっぱい液をなめた。
脱力。2人とも密着したまま、しばらく動けなかった。
ギャラリーたちも発射したみたいだ。静けさが戻った。
僕はピロートークに移る時を待った。

僕はザーメンまみれの徹平の顔をティッシュで拭いた。
「こんな最高のH、初めて。徹平君とやれるなんて思わなかったよ」。
「俺もムネリンみたいな子とできてうれしかった。アッという間にいっちゃった」。
「徹平は大学生?よく来るの?」
「うん。今度二年。ハッテン場はここしか来ないよ。でもやらないで帰ることも多いんだ」。

「そっか。1つ下だね。モテすぎるのも大変だよね」。
「まあね。体はガッチリで、カッコカワイイー感じの顔が好きだから、
   ムネリンは本当に最高だよ」。

僕は徹平をギュッと抱きしめた。
また可愛いチンコがムクムクと起き上がろうとしていた。
ボクサーフェチの僕としては、またあのショッキングピンクのボクサー姿が見たくなった。

「ねえ、ボクサーはいてよ。自分、パンツフェチだから」。
「うん、いいよ」。

あれっ。僕らは部屋の隅々を探した。
「ない!」。ベッドの脇にも、布団の中にも見当たらなかった。
「ウソー」。徹平が絶望的な声を上げた。
間違いなかった。のぞき穴から、誰かに盗まれたんだ。
僕のボクサーは枕元に置いたからセーフだった。
徹平のカウパー液がべっとりとついたカラフルなボクサー。
だぶん犯人はもう店を出ただろう。

「オキニだったのに…。許せなーい」。悔しがる徹平。
でも僕的には口をとがらせる徹平の顔に結構萌えた。

「僕が新しいボクサー、買ってあげるよ。バイト代入ったばかりだし」。
「ムネリン優しいね。でも俺、ムネリンのボクサーが欲しいな」。

僕は黒のボクサーを徹平に履かせた。ちょっと大きいけど徹平は喜んだ。
自分はタオルを腰に巻いて、2人でロッカールームに降りた。
ギャラリーからのジェラシー光線はかなり弱まっていた。

去年の秋の出来事。あの日を忘れることはないだろう。
学校への道。今日も徹平と僕のボクサーが並んで干してある。

HUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

アダルトグッズのNLS

-トコロテン, ハッテン場, 生セックス

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら