中出し・種付け 生セックス

男に目覚めたきっかけ

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

よく、男に目覚めたきっかけが部活の先輩に襲われたって話があるけど、
まさに自分もそうでした。
 
大学1年のとき、学園祭の準備で遅くなりバスケ部の先輩の家に泊めてもらいました。
先輩は4年で、身長は180cmくらいあり、普通に女受け良さそうな感じ。
彼女がいるという話は聞いたこと無かったけど、ゲイとかホモとか変な噂もない人でした。
まさか、この先輩に男の世界を教えてもらうことになるとは予想もしていませんでした。
 
先輩の部屋はあまり広くはなかったけど二人が寝るには十分なスペースがあり、
普通に並んで寝ることに。
異変に気づいたのは真夜中でした。
先輩の手が自分の股間に、しかもチンコを包むように軽く握られていたのです。
あれ?っと思いましたが先輩もぐっすり寝ている様子。
寝ているうちに偶然なったのかな?と思い、
寝返りを打つようにして先輩の手をよけました。
 
翌朝、携帯の目覚ましで起こされると、2人ともギンギンに朝立ちしていました。
先輩に朝立ちを見られて恥ずかしかったけど、
先輩もトランクスからはみ出るくらい勃起してて先輩もかなり恥ずかしそうでした。
 
すると、先輩に「お前のデカそうだなあ、見せてみろよ」って言われ、
え??って思ってるうちに先輩にパンツを下ろされてしまったのです。
なにが起きたのか一瞬わかりませんでした。
気づくといつもやさしい先輩の目が鋭い目つきに変わってて、
「スゲー、デカいよな~」って言いながら俺のチンコを軽くシゴキ始めたのです。
 
「や、やばいっすよ、やめてください!」
先輩の手を払いながらパンツをはこうとすると、
「いーだろ!」っと無理矢理押し倒され、
相手は4年の先輩だしあまり逆らえませんでした。
 
ジョークや悪ふざけが好きな先輩だったので、
これもふざけてやってるのかな?とも思いましたが、
そうではないことが次の瞬間わかりました。
 
先輩にシゴかれてるはずのチンコがいきなり生暖かい感触を感じたのです。
ふとチンコを見ると先輩は俺のフェラしていました。
 
ヤバい、これは悪ふざけなんかじゃない
俺は今、襲われているんだ
そう確信しました。
 
同時に信頼してた先輩がホモだったってことがショックで涙が出そうで…。
でも体は正直なもので俺のモノは先輩の口寝なかで脈打ち、
すぐにイきそうになりました。
 
「で、出そうです」そう言って先輩の顔を上げようとしましたが、
すぐに両腕を押さえつけられ、身動きがとれないまま、
ピュッピュッ…ピュッと俺の体は小刻みに振るえて先輩の口に射精しました。
 
イったあとも先輩はくわえたままやさしく愛撫してくれて、
そのときはまだ女とは1人としか経験なかったけど、
女とやったあともチンコを抜かずにいる感じとよく似た感触で、
それ以上に興奮して気持ちよかったのを覚えています。
 
俺のチンコが落ち着きを取り戻した頃、
先輩はウエットティッシュで拭いてくれて、
「なんか無理矢理やっちゃってゴメンな」って言ってくれました。
先輩の顔を見るといつものやさしい表情で俺を見ていてくれて、
なんだか安心したのですが…、
まだまだこれだけでは終わらなかったのです。
 
俺のチンコを拭いてくれた先輩は、
「じゃ、次は俺のよろしく」って俺の手を自分の股間へ…。
先輩のチンコはまだビンビンでトランクスも少しガマン汁で濡れてました。
 
「えっ…」戸惑っていると
「頼むよ、手だけでいいから」
かなり抵抗あったけど、先輩だし、今抜いてもらっちゃったわけだし
それより、今手でしてあげないとこの状況から抜け出せない…、
そう思って素直に先輩のチンコをシゴきはじめました。
 
先輩は急に息遣いが荒くなって、目つきがトロンとしてきて、
そんな先輩を見てるとなんか可愛く感じてしまいました。
すると先輩は「ちょっと舐められる?」って…。
「いや、ちょっと……それは」
「ちょっとだけだから」
 
今まで見たことのない表情をしながら俺にフェラを頼んできました。
本当はもっとやり取りがあったのですが、少しだけなら仕方ないと思い
先っぽをぺろっと舐めると、
ガマン汁のぬるぬるとしょっぱいのが重なって最高に気持ち悪かった。
 
そんなことを考えてるうちに先輩は腰を上げてきてグイグイあげてきて、
俺の口にチンコを押し込んできた。
「うぅ…、俺って女にこんなことしてきたんだ…」
フェラさせられているのになんか冷静に反省する自分がいて、
 
それでもフェラを続けてたら、だんだん味がしなくなって、
「あー、意外とチンコって変な味したりしないんだな」
ってやっぱり冷静にいろいろ考えながらしゃぶった。
しばらくしていきなり先輩が俺の髪をつかんでチンコを口から抜いた。
 
「何なんだよ!」
 
って一瞬思ったけど。先輩は自分のを高速でシゴき、射精した。
濃い精子がドロドロ~って流れ出して、陰毛に絡みつく感じだった。
他人の射精を間近で見る初めての経験だった。
 
今考えるとあれは俺の口には出さないようにした優しさだったんだなと思う。
「出した後はハズいな」
先輩は笑いながらティッシュで拭いていた。
 
その後、俺たちはうがいしたり、手を洗ったりしてから学校へ向かった。
なんかお互い(?)気まずくてほとんど会話はしなかった。
 
でも俺たちの関係はこの1回だけでは終わらなかった。
 
その後、先輩とは学校で会っても普通に接していました。
いつものように部活の仲間と遊んだ帰り、先輩が俺に寄ってきて
「今日また抜きに来いよ」って言いながら軽くチンコをタッチ。
「はぁ? いや、いいっすよ」手を振り払って断ったのだが
 
「いいから来いよ」…一瞬にしてまた先輩の目つきが変わった。
俺は怯えながらもついていくしかなかった。
部屋に着くと言われるままにシャワーを浴び、部屋の隅に座った。
先輩もシャワーからあがってきたとき、俺は勇気を出して聞いてみた。
 
「先輩はホモなんですか?」
「ん?俺は女ともやるからバイかな、カズキは女とどれくらいやってるの?」
「俺は、、週1くらいですね」ちょっと見栄を張って言ってみた。
「へー、そっかぁ。フェラ、俺のほうが気持ちいいだろ」
そう言って俺はチンコを揉まれ始め、またフェラされた。
 
そして前と同じように先輩の口に出した。
でも、前回と明らかに違ったのは、無理矢理ではなかったこと。
俺も心の準備ができていたからかもしれないけど。
先輩も俺に触らせたり舐めさせたりしようとしなかった。
 
俺がイッたあと、「今日は前より量おおいんじゃねぇ?」なんて言いながら、
自分のをしごき始めた。
 
そんな姿を見ているとなんか申し訳なくなっちゃって、「俺、やりますよ」
そう言って俺は先輩の手からチンコを奪った。
「おう、そっか頼むよ」
先輩は快く俺にチンコを委ねた。
前と同じように息遣いが荒くなって、今度は俺の手の中で発射した。
 
手にはドロドロの精子がたくさん付いたけど、不思議と不快には思わなかった。
その後、何を話したかはよく覚えていないけど
その夜は先輩の腕枕と胸に包まれて眠ることになった。
「女の子っていつもこんな感じなのかなー」
「夜中にまたチンコいじられちゃうのかなー」
また、そんな冷静なことを考えながら…。
 
翌朝、俺たちは懲りずに朝立ちしてた。
「あー、またフェラしてくるのかな」漠然とそんなことを考えていたら、
先輩は隣で大あくびをして、俺を見るなりキスしてきた。
!!男と初めてのキス!! びっくりしていると先輩は俺の上に乗ってきた。
 
「え、今度は何が始まるの?」
 
今度はチンコを2本一緒に握ってしごき始めた。
先輩のチンコが俺に重なってる…。
ってか気持ちいい。オナニーでもセックスでも感じられない快感に包まれた。
俺のすぐ上に息遣いの荒い先輩がいる…。
なんか興奮した。
 
数分後、生暖かい感触が。先輩は俺の体に射精した。
その精子を使って、今度は俺のをしごき始めた。
ぬるぬるな感触と先輩の手に包まれた俺にチンコはいやらしい音を発していた。
「女に生で入れてるみたい…」
俺も息遣いが荒くなってイキそうになった。
 
「い、イキます!」
二人の精子が俺の腹の上で混ざり合った。
なんだか頭の中が真っ白になって、気付くと俺は先輩とまたキスをしていた。
 
「おー、すげえな 昨日出したのに結構出たね、シャワー浴びようぜ」
 
俺の息がまだ整わないうちに連れて行かれ二人でシャワーを浴びた。
先輩は優しく俺の体を洗ってくれて、
シャワーを浴びながら何度もキスをした。
「やべぇ、女の子になったみたいな感じだ、俺このままホモになっちゃうのかな」
そんなことを考えながら、その行為自体を自然と受け入れている自分がいた。
 
その日も学校へは一緒に行ったが
前のように無口になることはなかった。
 
また1週間くらいたった頃、先輩に声をかけられた。
「おー、カズキ、女とやってる?」
実際はしばらく女とセックスなんかしてなかったけど、
「はい、まぁ、ぼちぼちです」
 
なんか曖昧な返事をした。
「いやー、そっかぁ。よかったよ女とも普通にやってて。
   じゃなくて女とも普通にやれる体のままで。心配してたんだぞ。
  前に結構ヘビーにやっちまったからな」
 
って、先輩がやったんじゃないか。
そう思ったけど、そんな心配してくれる優しいところにちょっとキュンとした。
もしかして恋?はじめて男相手にちょっと好きになりそうな瞬間だった。
 
「今日もしゃぶりたいんすか?」俺からなんか進んでそんなことを言ってしまった。
「あー、もしよかったらな」
「俺はかまわないですよ、前と同じ感じなら」
こうしてこの日を境に俺たちは頻繁に体を重ね合わせるようになった。
何回かヤルうちに俺も先輩に口に出されても平気になった。
 
でも先輩からは一回もプレイを強要することはなかった。
二人だけの約束も決めた。
学校ではいちゃつかない、特別扱いしない。
一緒に帰るのもほどほどにする。
とにかく変な噂が立たないようにする。
そんな優しいところにどんどん俺は溺れていった。
 
やらなかったのは二人ともバイだったということもあってケツはやらなかった。
一番エロかったのは先輩の精子を口で受けてキスしながら先輩の口に流し込んだとき。
「きもちわりーよ」って言われながらもお互い犬のようにぺろぺろなめまわしたこと。
 
いつもキスしたり抜きあったり、時には先輩の膝枕で甘えることもあった。
大学に入りたての俺は最高に居心地のいい場所ができた。
 
ずっとこんな時間が流れれば…、そう思ったけど
現実はそうではなかった。
先輩は4年生。今年で卒業。
卒業後は実家のある仙台に戻って就職するらしい。
そんなことがわかっていたからか、俺たちのセックスは日に日に熱くなっていった。
 
そして、今日が最後って夜。
荷物もほとんどなく、布団と段ボール箱数個しかない部屋で俺たちは熱くもえた。
激しく愛撫しあい、お互いのモノをしごき合っていると、
先輩は意外な一言を発した。
「カズキ、俺に入れてみるか?」
 
俺はすぐに意味がわかった。「うん」無言でそううなずくと、
「ちょっと待ってろ」ってローションを取ってきてくれて俺のチンコに塗りまくった。
「俺も初めてだからさ、うまく入るかわかんないけど」
そういいながら先輩は俺の上に乗ってきた。
俺のが先輩の中に入るのが良くわかった。
 
先輩はすごく険しい顔をしている。痛いのかな?
「痛いんすか?」
険しい顔を無理に笑って見せて「痛くなんかないよ、好きにしていいぜ」
そう言ってくれた。
俺は女とやるときと同じように腰を振った。
先輩は時折「い、いっ…」って痛がっていたようだけど俺は夢中で腰を振った。
そして先輩の中で絶頂を迎えた。
 
射精した後も抜くことなく、先輩の胸に甘えた。
そして俺は泣いた。 いなくなってしまうのが寂しくて、
最後まで俺のことを考えてくれてやさしくしてくれて、
たまらなくくやしくて、うれしくて泣いた。
先輩はただ黙って優しく抱いてくれるだけだった。
 
翌朝、時間ぎりぎりまで抱かれた後、
最後の段ボール箱と布団を宅配便に預けて先輩を駅まで見送ることにした。
新幹線ホームに上がるとお互い無口だった。
「ありがとな」そう一言だけ言って新幹線に乗っていった。
俺が下を向いていると「カズキ、ちょっと来いよ」って手招きしてる。
新幹線のデッキでキスをしてくれた。
人に見られるかもしれないのに!!
 
でも、うれしかった。
おかげで顔を上げて見送ることができた。
たぶん最初で最後の俺が好きになった男…。
そして男の世界を教えてくれた先輩。
短い恋は終わりを遂げた。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-中出し・種付け, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら