中出し・種付け 巨根 生セックス 精飲

高校時代の先輩と

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

俺は169#56#23で、社会人2年生。
この間の土曜日、高校時代のサッカー部の奴らと、1個上の先輩達とでフットサルをした。
その後は飲み会。みんな終電で帰って行った。が、潰れてる奴が1人。駿先輩だ。
駿先輩は身長178cmくらいで、スリ筋・イケメンタイプ。
高校時代、密かに片思いをしていた時もあった。
俺のアパートが一番近かったので、タクシーに駿先輩乗せて、一緒に俺んちに帰った。
俺も相当酔っていたので、家に着いてすぐ、Wベッドにも関わらず、何も気にせずそのまま寝た。
翌朝(昼近くか?)、先に目覚めたのは駿先輩だった。
駿「おい、おい! 直人」
俺「…何すか」
駿「昨夜はごめんな」
俺「全然っす。でも、酒弱いのは意外でした(笑)」
駿「あのさ、悪ぃんだけど、とりあえずシャワー貸してくんね?」
俺「いっすよ」
先輩が風呂に行ってる間、俺はやっとこのオイシイ状態が飲み込めた。
元彼と別れて約1年。1年振りに俺の部屋で男と2人きり。
しかも、相手は高校時代憧れてた駿先輩…。
昨夜はこのベッドで一緒に寝たと思うと、朝勃ちついでにビンビン。
そんなこと考えてる内に、駿先輩は風呂から出てきた。
駿「ありがとー」
俺「じゃ、俺も風呂行ってきます。先輩、今日休みなんでしょ、ゆっくりしてってくださいっす」
駿「あぁ…何か音楽聞いててもいい?」
俺「大丈夫っすよ、全然気にしないで、好きにしててください」
俺は、ビンビンチンポを先輩に気付かれないように、風呂場に向かった。
家に先輩がいると思うと、チンポも疼く、ケツも疼く疼く。
とりあえずシャワーを浴びつつ、俺は1発抜いた。
スッキリして、ボクサー1枚で、先輩の待つ部屋へ。
先輩も風呂から出てきたまま、トランクス1枚。
で、手に何か持ってる…って…それ! 俺のエロDVDぢゃん!
もちろん、カバーはイケメンの裸。女なんて出ちゃいねぇ!
やべぇ! 出しっぱにしてたか? チョー慌てた! そりゃもー慌てた!
俺「ちょ…先輩!」
駿「お前、そうなの?」
俺「そう…って…」
もー、絶対嫌われたと思った。ところが駿先輩は、
「全然わかんなかったよ~。お前、ずっとノンケのフリしてたろ~(笑)」とか言って爆笑してた。
俺は絶対嫌われたと思ったから、先輩がなんで笑ってんのかわかんなかった。
駿「俺のこと、どう思ってんの?」余計パニくる俺。
俺「え…」
駿「お前、可愛い奴だよな~(笑)」
そう言って、洗いざらした俺の髪をクシャクシャッと撫でて、
下を向いたままの俺の顔を覗き込んで、ニッコリ笑う。 
俺「…まだ酔ってんすか?」
駿「もう大丈夫だよ」
俺「わけわかんねんすけど…」
駿「あ~。俺もカミングアウトしたの、初めてだもん」
俺「はぁ? だって、チョー可愛い彼女サンいたじゃないすか?!」
駿「だって、俺バイだもん」
俺「( ̄□ ̄;)!!」
駿「だから、お前もオッケーだよ(笑)」
オッケーだよって…
駿「お前もバイ?」
俺「いや…俺は」口籠もっていると、
「へー。そーなんだぁ!」と先輩。なんか納得しちゃってるし…。
そして、ちょっとの沈黙… 沈黙を破ったのは、俺だ。
俺「あの…先輩」
駿「ん?(笑)」
半裸の男が2人、Wベッドに腰掛けている。
しかも、俺は先輩に肩を抱かれて、また整った顔で覗き込まれた…先輩、顔近ぇよ。
もう、俺のチンポはどうしようもないくらいビンビン。ボクサーだったから、目立つ目立つ。
しかも、こーゆうシチュエーションは1年振り。ビン勃ち+先がちょっと濡れてる。
先輩にわかんないわけねぇよな。
駿「お前、エロいなぁ。もうこんなになっちゃってんの?(笑)」
そー言う先輩だって、見事なテントじゃん。
駿「何? 俺で感じちゃった?(笑)」
俺「違ぇっすよ!」
駿「違うの?」
俺「誰かに肩抱かれるの、ひさしぶりだから…」
駿「ふーん。じゃあこれも?(笑)」
そう言って、俺のチンポをボクサーの上から形をなぞるように撫で上げた。
俺はビクン!と反応してしまった。
駿「可愛い…嫌じゃない?」
今更『嫌じゃない?』って、オイ!って感じだったが、俺はただ頷いた。
駿「可愛いよ、直人…なぁ、しよ…」
俺「えぇ~っ!(驚)」
駿「痛いことはしないからさ…お互い気持ちよくなろうぜ」
テントを張らせながら、今度は真剣な表情なのが、何か笑えた。
 
お互いパンツを脱いだ。俺のチンポは13cmくらいで仮性。手で剥かないと、ちゃんと剥けない。
先輩のチンポは、俺よりも二回りくらいデカくて、ズル剥け。何か使い込んでる感じだった。
駿「お前のチンポ、可愛いんだな(笑)」何か少しムカついた。
だが先輩は、俺をゆっくりベッドに押し倒しながら、俺の顔や唇に小さなキスをして、
先っぽに溜まった我慢汁を指先でクチュクチュ弄っていた。
俺は恥ずかしくて、声を出さないように頑張っていた。
それが先輩にわかったのか、先輩は「もっと感じてみせて…」と言った
俺ばっかり乱れてるとこを見られるのは嫌だった。だから、思い切って言った。
俺「…先輩の触りたいっす」
駿「いーよ」
俺は先輩をベッドに寝かせ、先輩のチンポを触ってみた。
カチカチで、ズル剥けで、何かスゴい! こんなチンポ見たことなかった。
亀頭は先走りでヌルヌルしてて、カリは張ってて、俺は一瞬固まった。
駿「どうした?(笑)」
俺「…いや、先輩スゴいっすね」俺は亀頭を撫でてみた。
俺「痛くないすか?」
駿「うん、全然」
さすがズル剥け…と思いながら撫で回す。先輩の先走りが俺の指にしっとりまとわりつく。
そして、先輩のモノを口に含んだ。
先輩の息も上がり、時々、「う…」「あぁ…」と声も聞こえてきた。
俺は、先輩が感じてんのが嬉しくて、フェラするのにも気合いが入る。
駿「はぁ…直人」先輩の方を見ると、おいでおいでってしている。
俺が先輩の方に戻ると、
駿「違う、逆」俺は先輩の上に覆いかぶさり、69の体勢になった。
お互いのチンポをしゃぶり合う。先輩は、俺の皮を剥いたりしながらしゃぶってた。
俺は感じやすいので、先輩のをしゃぶるのも困難なほど感じていた。
俺「ん…んんぅ~」チンポをしゃぶる音がまたエロい!
先輩はすげぇ音させて、ひたすらしゃぶってる。
クチュクチュ…ジュルジュル…チュ…チュウ…はぁ…チュパチュパ…。
その時、先輩の手が俺のケツに伸びた。 
俺は、日々のオナニーで、アナルオナニーもしてたので、もうたまんなくなってしまっていた。
だけど、先輩とこんなことになるなんて思ってもなかったから、ケツの中なんて洗ってない!
俺は慌てて、「先輩、中洗ってないっす」と言った。
それでも、先輩は構わずアナルの周りを弄った。
本当はこのまま入れて欲しかったけど、しょうがない。
俺は先輩を先にイかせようと、あらゆるフェラテクを使った。
俺の1年前の勘は鈍ってなかったらしい。
先輩の息が荒くなり、蕾を弄っていた手にも力が入らないようだ。
駿「アァ‥‥お前、うますぎ…」俺は勢いを緩めることなくバキュームフェラ。
先輩のチンポがビクンビクンと脈打つのがわかった。
駿「やべぇ…いく…」
先輩は、俺の頭をグッと持つと同時に、俺の口の中にドロドロとした精液を放った。
1年振りの口の中の感触が嬉しくて、何も考えず、先輩の放ったモノを飲んだ。
駿「何? お前飲んだの?」
俺「あ…飲んじゃいました」
俺は恥ずかしくて、その場にいれなくて、でもどーしてもエッチしたくて、
「ケツん中、キレイにしてくるっす」と言って、チンポ起たせながら風呂場に逃げた。
風呂場に逃げる俺に先輩は、
「いっぱい可愛いがってやるから、ちゃんとキレイにしてこいよ!」と、
ふざけたように笑いながら言った。 
風呂場で、俺は頭の整理をしようとしたが、
今起こったことがフラッシュバックして、どうにもならない。
しかも、『いっぱい可愛がってやるから』って!
『イケメンズル剥けチンポの先輩とそーゆー関係になるのか…』と思うと、
チンポも全く治まらない。
でも、ここで抜いたらもったいないので、我慢して、ケツの中をキレイに洗った。
ケツの中を洗っている間、俺のチンポは少し落ち着いたが、
風呂から出て、先輩の待つ部屋に戻ると、またすぐに元気になった。
先輩はベッドの上に座り、下半身に布団をかけて、俺のエロDVDを見ていた。
駿「お前、コレ見てオナってんの?」画面はイケメン同士のDキス+触りあいっこ。
俺は腰に巻いてたタオルを取り、先輩に向き合い、キスをした。
女みたいに、先輩の首に腕をからませ、先輩の口の中を味わった。
先輩も、俺のキスに応えてくれた。
クチュッ‥‥クチュ‥‥チュ…チュ…と湿った音をさせて、夢中でキスをした。
2人とも息が上がった。
そして目が合うと、先輩は俺をベッドに寝かせ、耳の裏から首すじにキスをした。
そして乳首に辿りつくと、女の乳首を愛撫するように乳首を舐めたり、
吸ったり、指先で摘んだりした。
俺「はぁ‥‥アァッ……」
駿「乳首、感じるんだぁ(笑)。起ってるよ?」
恥ずかしさはMAXだったが、もうどうにでもなれ!って感じだった。
俺「アァン……先輩ぃ~‥‥」
先輩は俺にキスをして、我慢汁でグショグショの俺のチンポを触りながら言った。
駿「こんなに出して、ホントにエロい奴だな」
俺「アァッ‥‥先輩‥‥先輩っ…」
駿「ん? 何?」
先輩は俺のチンポから手を外し、今度は俺の両足を持ち上げた。
まだ昼すぎ。電気を消してても普通に明るい。それなのに、俺のこの格好、超恥ずかしかった!
駿「いい眺めだよ」
俺「やだ‥‥先輩‥‥」
駿「じゃあやめるよ?」
俺「‥やだ‥‥」
駿「してほしかったら、『して』って言わなきゃね(笑)」
俺は、『このS野郎っ!』と思ったが、可愛く「先輩‥‥して…‥‥」と言ってしまった。
すると先輩は、俺の太腿に軽くキスして、俺のケツを開いた。
駿「ここで何人の男を銜えたんだ?」
俺「わかん…ない‥‥」
つーか先輩! その聞き方オヤジクセェよー!
でも、その時の俺は、先輩に突っ込みを入れる余裕もなかったんだけど。
 
先輩は俺のケツを開き、指先で入口を円を描くように愛撫していた。
俺は、早く中に刺激が欲しくて堪んなかった。
先輩にもそれがわかったのか、「ここ‥ほしがって‥‥可愛い‥‥」って言った。
俺は、その微妙な感触と恥ずかしさで、
堪らず「早くぅ~‥‥」と言うと同時に、先輩の指が入ってきた。
俺「ひっ‥‥」でも違和感は最初だけ。日々のアナルオナニーの成果か?
俺「アァッ‥‥アァア‥‥」
先輩は指を埋めると、指を少し曲げて、俺のいい位置を擦り出す。
駿「お前のアナル、軟らかいな…もう2本目入りそうだよ」
俺「ンァ‥‥ッ…ふぅ‥‥」
先輩の指が2本になる。今度は、俺のアナルの中をかき回す。
俺「アァッ…アァア‥‥」
駿「どう? イイの?」
俺「ウンッ‥‥」
凄い勢いでかき回すから、チンポにも刺激が欲しくなって、自分で扱こうと手を伸ばした。
でも、すぐに先輩に手を払いのけられてしまった。
駿「もう入れてやるから待っとけ」
俺「‥今すぐほしぃっす‥‥」
駿「もうちょっと慣らしてからの方がいいんじゃね?」
俺「や…だ‥‥もう‥‥ウゥッ‥」
駿「もう俺も限界‥」
ついに、先輩のズル剥けチンポが俺の蕾に宛がわれた。
先輩は、俺の足を持って、先輩のチンポを当てた。そして、ググッと入れてきた。
日々張り型やバイブでアナルオナニーをしてても、
指2本しか入れてない上に、この逞しい生チンポだ。ケツにも自然に力が入ってしまう。
俺「ンンッ‥‥痛ぃっ‥‥先輩…」
駿「大丈夫だから‥‥力抜いて‥‥」
先輩が俺の足を撫でる。
でも、そう言う先輩だって余裕のない表情で、それが何だか可愛くって、一瞬力が緩んだ。
その瞬間、グググッッと奥まで入ってきた!
俺「あぁぁっっ!!‥っ……」
駿「あ~イイ‥‥」
先輩は、チンポを埋めて、暫くは動かないでいた。が、すぐにゆっくり動き出した。
入口はあんなに痛かったのに、もう快感に変わっていた。
でも、最初は俺にも理性があったので、声は出すまいと口に腕を当てて、必死で抑えていた。
「‥つっ‥‥ウッ‥‥クゥッ‥‥はぁ‥ア‥‥」
すると、先輩は俺の腕を外し、
「もっと感じて‥」
「イイ声出せよ‥‥聞いてやるよ」と俺を挑発。
俺が堪らず、「アッ‥‥アン…アァン…」と声を出し始めると、
先輩は俺の奥を激しく突きまくり、
「オラ! ここか?」
「そうだ‥‥イイ声だ…もっと出せよ」
「可愛いよ…直人」と言葉責め。
先輩も感じきってる様子。こんな先輩の顔、見たことがなかった。
もう俺も理性がフッ飛び、昼間からアパートで喘ぎまくってしまった。
暫らくガン堀され、俺はもう限界‥‥。
『そろそろイきてぇ‥』と思い、ぐしょぐしょチンポに手を伸ばした。
俺「はぁッ…先輩っ‥‥もう限界…」
駿「しょうがねぇな‥お前の中に出してやるよ」
俺「え~っ!(驚)」
駿「大丈夫だよ‥俺、病気持ってねぇから…」
マジかよ‥‥と思ったが、もうほとんど何も考えられなかった。
しかも「ほしいか?」と聞かれ、「アアァンッ…ほしぃよ~‥‥」なんて言う始末。
先輩のピストンが速くなる。
駿「ウッ…アァ‥‥ッ…イクッ!」
俺もチンポを激しくしこる。
俺「アァァ~~ッ……」
俺は思いっきり精液を飛ばした。
俺の精液は、俺にはもちろん、先輩にもかかった。
それから程なくして、先輩の精液が俺の奥に放たれた。 
気付けば、DVDもクライマックス。
息を整え、先に口を開いたのは俺だった。
俺「先輩‥‥腹減らねっすか?」
駿「そうだな‥シャワー浴びたら、出かけるか」
時計は、もうすぐ2時。腹も減る。その後、2人で洗いっこして、飯食いに出た。
あんなに激しいことした直後、普通に外を出るのはかなり恥ずかしい。
帰り際、先輩に謝られた。最初はDVDを見つけて、『エッチできる!』って思って誘ったって。
予想はしてたけど、ショックだった。でも、俺のこと好きになったって。
俺も、高校時代憧れていたことを伝えた。こんな感じで俺達は、エッチから始まった。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-中出し・種付け, 巨根, 生セックス, 精飲

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら