中出し・種付け 巨根 生セックス

高校時代の先輩と2

投稿日:

アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

1個上の駿先輩とつき合い始めて、1週間が経った。
日曜日、先輩にドライブに誘われた。
先輩の自慢(?)の車で、昼過ぎ迎えに来てくれた。先輩の車はアストロだ。
車高も低くして、色とか内装もなんかこだわってそうな感じだった。
俺は、普通に助手席に乗った。そしてショップに入って、靴を買ったり、服を買ったりした。
車に戻り、出発。「どこいくの?」と聞くが早いか、
先輩は俺の手を取り、手にキスしたり、指をしゃぶったりした。
暫らく俺の左手は先輩に捕らえられていた。暫らくして、
駿「‥‥ムラムラしてきた」
俺「えぇっ!(驚)」
駿「ラブホいかね?」って言っても、男同士。
ガレージインのホテルを探してみたけど、なかなか見つからなかった。
結構長い間探しても、見つからなかった。
俺「ウチに帰った方が早いんじゃね?」
駿「だね」
ところが! 高速は事故渋滞!
先輩は高速を下りたかと思うと、反対斜線へ。そして、家とは逆方面へ向かう高速に乗った。
もう陽が暮れている。一時間強走って、S県内。しかも、あたりは畑に囲まれまっ暗。
さっきから先輩に「どこいくの?」と聞いても、「うん」とか言って、返事になってねぇし。
俺もちょっとイライラしてきた頃、車が止まった。
すると、先輩は後ろのシートを全部倒し、先輩も後部座席に移動した。
駿「こっちおいで」
俺「なんでこんなとこに来たんだよ」
駿「いーから」
俺が渋々後ろに行くと、移動してくる俺の手をグイっと引いた。
俺は倒れこみ、先輩の腕の中。すかさずキスをされた。キスが次第に深くなる。
駿「俺、さっきからずっと我慢してんだけど」
俺「‥アッ‥‥」
先輩の手が俺の脇腹を撫であげた。脇腹を撫であげ、そのまま乳首に。
服の下に蠢く手はなんともエロい。
『やばい! 起つって~!』と思った途端、
俺の手を捕まれ、先輩のチンポに持って行かれた。先輩のはもうギンギンになっていた。
先輩のチンポに宛がわれた手を、俺は上下に動かす。
すると、先輩は「アァ‥‥」「ハァ~‥‥」と、吐息を漏らす。
先輩はベルトを外し、ジーパンを脱いだ。
顔を出した先輩のズル剥けチンポに、俺はむしゃぶりついた。
根元から先まで唾を絡ませ、エロい音を立てながらしゃぶった。先輩の息遣いも荒くなってくる。
駿「アァ‥‥ほら、直人も脱げよ」
俺はしゃぶりながら、一気にジーパンとパンツを脱いだ。
勢いよく俺のチンポが顔を出した。
先輩のをしゃぶっていると、先輩の手が俺のケツに伸びた。
デートの時はケツを洗ってから出てくる習慣がついていたので、抵抗なく触らせられた。
先輩、ケツ洗ってなかったらどーしてたんだろ。
先輩は俺の入り口を突き、自分の唾で濡らした指を入れてきた。
俺「アァッ!」
駿「直人もほしくなってきた?」
俺「うんっ! ぅんっ‥」
先輩は、俺のイイところを突きながら、次第に指を増やした。
駿「こんなに飲み込んで、マジでお前すげぇよ‥‥」
俺「だって~…気持ちイイから…っ」
指が3本になり、激しくピストンされ、「もう入れてよっ!」と言おうとしたその時、
先輩は徐ろに運転席に行き、ティッシュを持ってきた。
駿「直、もうイイ?」
俺「イイよ」
先輩は俺を抱き締めたまま、後ろに倒れこんだ。体勢的には、先輩が下で、俺が上。
先輩を見ると、「どーすんの?」てな感じで微笑んでいて、入れようとしていない。
悔しかったので、先輩のズル剥けチンポを掴み、軽くフェラした後、自分で腰を下ろした。
俺「アァ~ッ!」
駿「ッ…ウゥッ」
どうやって動いたかはあんまり覚えてないが、先輩を喜ばす為に、すげぇ頑張って動いた。
でも、俺自身感じすぎちゃったり、疲れてきたりで、途中で動きが止まってしまった。
その途端、先輩ってば、下から突き上げる。
もう俺は、我慢汁ダラダラのチンポを握ったまま喘ぎまくり。
駿「直人、どーした?」先輩は突き続ける。
俺「んッ‥‥ぁぁ~ッ! 先輩ッ、イッちゃうよ~‥ッ!」
駿「名前で‥呼べって言ってんだろ‥‥」
俺「アァ~ッ! 駿ッ‥‥駿~ッ!」
 
先輩と付き合い始めて1週間。
敬語を止めるのは、最初だけ違和感があったが、すぐに慣れた。
だが、先輩を「駿」と呼び捨てにするのは、どーも慣れない。
ここ1週間、「先輩」と呼んでは注意され続けていた。
 
俺は突きあげられている間、先輩の名前をうわごとのように言っていた‥‥らしい。
俺は、暑くなり、真裸になった。先輩は突き続ける。
俺「アァッ‥‥駿ッ…もうダメッ‥‥イクゥ~」
チンポを持つ手にも自然に力が入り、勢いよく扱いた。
駿「待て、このまま出すなよ」
そう言って、先輩はティッシュをたくさん取り、俺のチンポに被せた。
俺はティッシュの中に出した。ほどなくして、先輩が俺の奥を何度か突き、
「アァ~!イク」と言った瞬間、俺を退かしてチンポを抜き、先輩もティッシュの中に出した。
俺は、このまま中に出すものだと思っていたので、退かされたのが少しムカついた。
帰りの車の中で、俺がムッとしているのがわかったのか、
「シート汚したくなくてさー、ごめんね」と先輩は言った。
駿「外でやっちゃえば、シート、気にする必要なかったね(笑)」
俺「はぁ? 何言ってんの?(笑)」
駿「いや、イケたかも。畑の真ん中だったし!」
俺「…(本気?)」
『野外エッチもありかなぁ?』と思う、今日この頃です。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-中出し・種付け, 巨根, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら