FX口座開設

   やらないか速報

3ヶ月半の巨根

Posted on 2013年8月2日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.



このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
[`evernote` not found]
はてなブックマーク - 3ヶ月半の巨根

俺らが出会った時、俺は33歳で、奴が21歳の学生。
キリッとした一重の奥にあるあどけなさや、
ツンとした唇から出る言動は、10代っぽく見えた。
初めは俺のマンションで、1時間強奴の話相手となった。
なんでも高1の時、無理やり彼女を作りセックスしようとしたが、
痛がってできず、結局別れたとか。
翌年には名古屋に行くとか。結局、その日はお悩み相談だけで終わった。

まだ若いということもあり、
その日は会いたくなったら連絡をくれと、携帯ナンバーを教えるに留まった。
次の日、早速携帯がなる。
「やっぱ会いたいです」
「会ってもいいけど、会って何もなしって訳にはいかねーじゃん」
「…」少し沈黙の後、「男とはまだしたことないんですけど、いいですか」
その日の夜、先にシャワーを浴びた俺は、マッパで待っていた。
少しして、奴はTシャツにトランクスを穿いて、シャワーから出てきた。
「こっちに座れよ」とベットの隣に座らせる。
170cmいかないくらいか、体重はざっと60kgくらいだろう。
肩幅があり、くびれた腰、さすがスポーツをしていただけのことはある…。
しかし、何よりくびれた腰からいきなり盛り上がったケツ…たまんねぇ。
「こういうときは、マッパで来た方がいいぜ」
そういいながら、トランクスの中に手を入れようとした。
すると、奴は既にビンビンになっていた。
それはトランクスからはみ出すほどで、ゆうにへそは超えている。
なるほどTシャツで隠していた訳だ。
「デケー」というや否や、俺は奴のモノにキスし、そのまましゃぶりついた。
奴のモノはシャワーを浴びたハズなのに少し臭う。
さすがに喉の奥までは無理だったが、
そのうちヌチャヌチャとイヤラシイ音を立て始めた。
すると「ちょっと、ちょっ痛い」どうしても歯が当たってしまう。

「入れるか?」
小さく頷く奴。俺は自分のケツと、奴のモノにローションを塗った。
少しずつ俺の中に入れる…しかし、やはりそのままではキツイ。
俺はその当時まだ合法だったものを手に取り、
一気に深く鼻から吸い、クラクラしたところで、ズブッズブッと入れる。
奴が半分くらい入ったところで、少しずつゆっくり上下に動く。
下に寝そべった奴は、腕で頭を押さえながら、
「っうっうっう」と鼻小刻みに声にならない声を出し始めた。
「ぁぁぁぁぁ」俺もたまらず小さく声をあげる。
「っはうっ」奴はわずか数分で俺の中に体液を流し込んだ。
俺はまだイッていなかった。
そこで俺はそのまま更にケツを上下に、今度は激しく動かし始めた。
「あっ、もう出た…」
「わかってるよ。あっあっ」腰の振りが徐々に激しくなる。
奴は出したにも関わらず、反っていないそのまっすぐなモノは硬いままだった。
「俺の扱けよ」
奴は俺のモノを扱き始めた。暫くして、奴の腹に俺はぶっ放した。
ゆっくりと抜こうとした矢先、奴は「まだダメ」と、自分から腰を振り始めた。
さっき出したハズなのに、奴はもう抑えられなくなっていた。
「今度は俺が下になるよ」俺はそういうと、正常位の体勢にもっていった。
抜かれる度に、いやらしくグチョリグチョリと音を立てる。
俺は合法を爆吸しながら、いつの間にかトコロテンをしていた。
奴「出るっ」と言うなり、俺の中に2度目をぶっ放した。

その日以来、俺らは狂ったように、ほぼ毎日のようにセックスをした。
初めは合法も知らなかった奴だが、自分から求めるまでになっていた。
俺も半分までしか入らなかったモノが、奥までグッチョリと入るまでになっていた。
奴は大抵抜かずで2発俺にぶっ放した。
最初の頃に比べ、挿入時間も大分長くなった。
一度仕事中に電話が来て、抜け出してやったこともある。
車の中で見られてはいないかとドキドキしながらだった。
そんな日が3ヶ月半続き、奴は名古屋へ旅立っていった。
今でも俺は奴との思い出が忘れられずにいる。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
   
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑