ノンケ 中出し 巨根 生セックス 野外

米津浜でサーファーと1

投稿日:2012年12月9日




その日、米津で日焼けしていたが、景色が最悪なので早めに切り上げて、
目の保養をしようとして、ノンケサーファーが着替える駐車場に車を走らせた。
下は白の六尺、上半身は暑いから裸、赤いサッカーパンツを穿いて、
丸坊主の頭、週4回ジムで筋トレしているから、かなりイヤラシイ姿で、
黒いスポーツカーを走らせて現地へ向かうのは、確かにゲイ丸出しだった。
1組サーファーがいたが、大したことないし、
後は貧弱で頭の薄くなったゲイと、よぼよぼジジイだけで、
せっかく来たから、六尺で軽く日焼けして帰ろうと思ったら、
外回りらしい青いライトバンが入って来た。
ドライバーは茶髪イケメン、がっちり系でスゲータイプ。
まあノンケだろうから、サボって帰るんだろうなと思っていたら、降りて来て海へ行った。
白いTシャツの上から身体の線がよくわかる!
年齢は20歳そこそこぐらい、工事の業者みたいだ。
俺は、一か八かサッカーパンツ姿で奴の前に下りて行き、
サッカーパンツを下げて、六尺一丁になって海岸で佇んでいた。
興味がなければ無視されるか、キモいと思われるだろうなっていう、
ちょっとしたスリルを味わっていた。
こちらを興味深げに見ている。
俺は、勃起しているマラと疼くケツマンを押さえ、
サッカーパンツのポケットにRを忍ばせて、奴に微笑みかけた。
やはりノンケだったが、ここは割とホモが来ることは聞いていたみたいだ。
しかし、ノンケの通弊で、ホモはオカマ言葉を臆面もなく話すなよった連中、
(事実、他にいたホモはそうだった)
筋肉ガッチリ坊主頭で、最新型の黒いスポーツカーから颯爽と降りて来て、
サングラスを外した時から気にはしていたらしい彼も、
サーフィンの他に、車やバイクが好きらしいので、車の話で盛り上がった。
ホモは嫌いだけど、俺には好感を持ってくれたみたいで嬉しかった。
今風だけど、工事の営業をしている関係で、話し方は礼儀正しく、凄く好感が持てた。
ふと彼が、ホモって男のチンポを嘗めたり、
尻の穴に入れたりするのか聞いて来たから、俺は正直に答えた。
じゃあって、彼のライトバンに乗り込んで、しゃぶらせてもらうことにした。
ノンケだから、色気のないボクサーパンツだろうなと思っていたら、
高校時代ハンドボールをやっていたのと、力仕事で股間が蒸れるからと、
白いケツワレを穿いていたのは嬉しかった。
「汗かいているから臭いよ、ゴメン」と謝っていたけど、
でっけえサイズのムケチンで、めちゃめちゃ美味しかった。
亀頭の先から根元から袋まで、丁寧に舌を遣いながら味あわせてもらった。
汗の臭いと、先走りの臭いと、ケツワレに染み込んだ小便の匂いで、
俺は頭に血が昇りそうだった。
「女はフェラ嫌がるし、やってもこんなに丁寧に嘗めてくれない」とかスゲー感激していた。
「これ吸ってもいいすか」
俺はラッシュの瓶を鼻に宛がった。ノンケ相手にこんなことできるなんて…。
「俺も吸っていい?シンナーじゃないよね」
「うん、毒じゃないすよ」
彼も鼻に瓶を宛がって吸い込んだ…気分が高まって来たみたいだ。
「彼女と別れたから、暫くやってないし、入れていい?」
彼は、夢のようなことを聞いて来た!
俺は自分の車にオイルとゴムを取りに行った。

戻って彼にゴムを装着しようとしたら、
「妊娠しないし、なしでいいじゃん」
スゲー、長さ20cm、太さ5cmのノンケのデカマラが生ダゼ!
俺は、薄くドラが入ったオイルを、丁寧にケツマンに仕込みながらしゃぶり続けた。
段々ケツマンが熱く緩んで来る。
彼はTシャツを脱いで、分厚い胸板とボコボコに割れた腹筋を曝している。
タマンネエ!
思わず、「兄貴、ケツマンコ、バコバコに犯して下さい」と、
いつもやられる(いつもは当然セーフ)時に叫ぶ野郎言葉を口走ってしまったが、
彼はそれで火を点けられたらしく、
「褌脱ぐなよ!」と言い、ケツ側をずらして、オイルを塗りたくって挿入してきた。
「スゲー熱い、絡み付く。入り口めっちゃ締まる。スゲー気持ちいい!」
ノンケの若者らしく、根元までガンガンに掘り込んでくれる。
俺は前立腺を突き捲くられて、
「兄貴、スゲースゲー感じる。デカマラっす」と叫びまくっていた。
「ウウ、イキそうだ。中出ししてもいいか?」
「兄貴の生種欲しいっす」
「イ、イクぜ!うおおおお」
突きが一層激しくなり、溜まっていたドロドロのザーメンが、
俺のケツマンに余さず注ぎ込まれた至福の時間…。
放心状態の彼…暫くして冷静になって、
「1回で終わりですか…」
俺は僅かといえど、仕込んでいるし、
こんな旨いナマチンが1回こっきりなんて、俺も諦め切れない。
勃起が治まらない彼のナマチンを銜え直す。
「汚いすよ」
一応ケツマンは掃除してあるので、
問題なく心置きなく、でっかいナマチンを上下の口で味わった
気分が高まって来た彼が、俺を仰向けに押し倒し、第2ラウンド!
1回奥まで押し広げたれた淫乱ケツマンコは、まるでイソギンチャクのように、
彼のデカマラを銜えたり、放したりして、いやらしく蠢いている。
「うおおおお、スゲー。めちゃくちゃ熱い。キモチイイ。
女のマンコなんて比べもんにならねえ。バカヤロー」
叫びながら、一心不乱に腰を振る彼。
「俺もタマンネエっす!トコロテンしそうっす!」
初めて耳にする言葉に、彼は一瞬戸惑った。
「扱かないでイッちまうことっす!」
「イケよ。俺もまたイキそうだ。一緒にイコウぜ!」
「兄貴種欲しいっす!」
「ほら、生種ぶち込んでやるぜ!イッイクウ。あああああ」
直腸にたたき付けるザーメン、俺も六尺の中へ吹き上げた!
それでも治まらない彼は、第3ラウンドへ突入。
俺はもう全身が性感帯になったみたいで、ドラとRのせいもあり、
訳のわからない言葉を口走っていた。
頭の中がザーメンに染められたような幻覚の中で、
彼は3回目の放出を、俺のケツマンコにバックから遂行。
俺も六尺の中でトコロテン!
2人ともヘロヘロの放心状態で、繋がったままへたり込んだ…。
ふと冷静さを取り戻した彼が、
「男のケツって、すげえキモチいいすね。またやらせてもらえないですか…」
「あっ、是非やって下さいよ」俺もいつもの敬語に戻っていた。
お互い携帯とアドレスを交換し、彼もお客さんのところへ行く時間が近付いており、
俺も友人と食事の約束があるので別れた。

アダルトグッズのNLS

-ノンケ, 中出し, 巨根, 生セックス, 野外

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら