3P トコロテン ノンケ 中出し 合ドラ 巨根 生セックス 調教

米津浜でサーファーと2

投稿日:2012年12月10日

当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS


前回ノンケのサーファーに、ケツがバカになるほどデカマラで種付けされてから、
時々彼のアパートで種付けしてもらっていたけど、
ある時、幼なじみのツレが凄く興味があるので、会ってみたいと言い出したらしい。
よくノンケの勘違いであるのは、
ホモは、男ならどんな感じでもいいと思っていることが多く、
ろくな奴に当たったことがないので、内心半信半疑で会ってみることにした。
当日、彼のアパートに現れたのは、坊主頭あごひげのスジ筋大学生。
彼、実は会ってみるまでは、ナヨナヨした、
オカマ言葉を喋るゲテモノが来ても驚かないように、心の準備をして来たらしい。
暫く冷たい飲み物を飲んで、車の話をしていたが、
ふと俺に、「今日は褌して来ているんですか」と聞いて来た。
せっかくだから、スピードのハーフパンツを脱いで、見てもらうことにした。
「すげえ。博多の山笠みたいだ。ケツの窪みがやらしいな」
そういいながら、手でケツタブを撫で回す。
「ウウ、俺…」次の言葉が出てこない。
ウチを出る前にケツの中を掃除して、ドラ入りオイルを軽く仕込んであるので、
触られただけでケツ穴がヒクヒクする。
「やろっか」サーファーの彼が、いたずらっぽく笑いかける。
でも、彼のナイキのハーフパンツの股間は、どす黒い性欲を吹き出そうとしている。
「生種欲しい」坊主の彼のジーンズをズリ下ろす。
いやらしい白いビキニ、我慢汁でスケスケになり、デカイ亀頭が上にはみ出している。
「しゃぶってみろよ!」
俺は、ラッシュを鼻に押し当てながら食らい付いた。
「すげえうまい。汗と先走りの塩味最高っす」
サーファーの彼が俺の六尺の中に指を入れて、ケツ穴を掻き回している。
「見てみろよ、このケツの動き。指を食いちぎりそうだぜ。
女のマンコみたいに臭くないし、病み付きになるぜ」
「病気は?」
「いつもは生でなんかやらないし、種付けなんかさせないよ。検査も陰性」
そう言ったら安心したようだ。
誰がハッテン場にたむろしている奴らに生でやらせるか。
いくら俺でも選ぶ権利がある。
「すげえ、フェラチンポしびれそう」
「K(俺の名前)は、上の口も下の口もたまらねえぞ」
サーファーは、デカマラを強引にねじ込んできた。
「すげえ、擦れる拡がっちまう。気持ちいい!」
「前戯なしでも入れていいのかよ、便利な穴!」
坊主の彼は、女との違いに多少戸惑っている。
「イケてる奴でないとやらせないよ」俺はやっとそれだけの言葉を話した。
「変な奴になんて触られたくもない」
サーファーよりもまだ一回りデカイ肉棒と金玉。
肉棒と袋を舌と唇で柔らかくしゃぶり嘗めまわした。
サーファーは、いつもみたいにメチャクチャに動かしている。
俺はあまりの衝撃に前立腺とチンポが痙攣しそうだ。
「うわっ、バカそんなに震わせるな」
「俺、もう出そうだ」
「俺も出そう」
俺は緩みそうなケツと口を懸命に引き締めて、2本のデカマラを味わった。
「アニキ、まだ出さないで下さい。お願いします」
俺は意識が薄れる中で、ケツを振って哀願した。
次の瞬間、直腸が熱い。口に青臭いドロドロの液体が流し込まれた。
「ウメエっす」余韻を味わうように、2人は肉棒を動かし続けた。
俺は大事な液体を垂らさないように、精一杯ケツと口をすぼめた。

スポンと音がして、ケツと口から肉棒が引き抜かれた。
すぐに前後反対に嵌め込まれた。
「うあああ」再び激しいピストン。
さっき散々拡がったケツマンコを、更に坊主のデカマラが襞を擦りながら、
S字結腸辺りまで押し拡げてくる。
硬え。デケエ。
「K、まだしないのかよ、トコロテン」
汗ばんだ顔で罵るように笑いかけるサーファー。
「トコロテンって」と坊主。
「コイツ、チンポ触らなくても射精するんだぜ」と、
嘲るように坊主に説明するサーファー。
「ホモって便利な身体してるなあ」
全員がこんな風ではないけどな、俺だって相手がタイプでなければ痛いだけだし。
そんな雑念を思ったのは束の間。
「あうあうあう」ピストンが速まり、ケツマンコと唇が痙攣し、半分意識を失いかけた。
「思う存分味わえよ」
「ほしいよう、デカチンほしいよう、ほしい~」
ケツを振りながら、ひたすら哀願する俺。鏡に映っていた顔は半分白目を剥いていた。
挟み込むように、2人の若者が強姦するみたいに、夢中で腰を動かしている。
「こわれるよ~」2人は返事もしないで、一心不乱に突きまくっている。
「うあ」ケツが熱い。生臭くておいしい。
「こいつ裏返そうぜ」
ケツマンコから抜かれないまま、仰向きにされて、またピストン!
今度は前立腺をモロに擦り上げるように往復してる。
駄目だ、小便垂れそう…。次の瞬間、白い六尺の前が生温かい液体で透けていく。
「アニキ、スイマセン」
「男の潮吹きか、初めて見たな」
俺は、快感と羞恥と満足感で、呼吸困難に陥りそうだった。
奴らは俺の醜態を見て、一層火を点けられたみたいで、吠えながら上下の口を犯す。
ラッシュの瓶を両方の鼻の穴に押し当てられながら、俺はのたうちまわり続けた。
「ああ漏れそうです」
「トコロテンしろ」
「トコロテンしてみろ」
坊主とサーファーが交互に嘲りの言葉を吐き付ける。
濡れた六尺の前をずらされ、混濁した意識の中で射精した。
それに刺激されたように、2人も3回目の種付けを、ケツと口に遂行した。
2人の動きが止まったが、引き抜かれる気遣いはないようだった。
「扱いて出して見せろよ」
「お願いします、見てください」
散々刺激されて、爆発しそうだった俺は、すぐに種汁を吹き出した。
3人とも正気を取り戻すのに、かなり時間がかかってしまった。
坊主君は、初対面の俺を面罵したことを、かなり気にしていたようだけど、
俺が心底愉んでいたことを説明したら、安心しているようだった。
もちろん、また次のケツ掘りも丁重にお願いする俺だった。

当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-3P, トコロテン, ノンケ, 中出し, 合ドラ, 巨根, 生セックス, 調教

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら