3P トコロテン 中出し 合ドラ 生セックス

まさに種壺

投稿日:2012年9月25日


マウンテンZPeace'sA10サイクロンSANEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)U.F.O. SA


いつも僕に種付けしてくれているA兄貴と、3Pをすることになり、
前から掲示板でメールのやり取りをしていたB君を誘い、僕は2人に廻されることになった。
ケツもいい感じになった僕に、A兄貴が後ろから羽交い締めにされ、
B君のチンポを舐めるように指示された。B君のチンポは洗っていなかった。
当然のように、僕はそのマラをきれいにした。
同時に、A兄貴の指は僕のケツマンをオイルをつけては、徐々に広げていた。
まずは、そのままA兄貴が徐ろに突っ込んだ。思わず「あぁ!」と声が漏れる。
そうすると、B君が「チンポ銜えてりゃいいんだよ」と僕の頭を鷲掴みし、
さっききれいにしたB君のマラを喉の奥までぶち込んできた。
「コラ! 歯を立てんな!」と叱られ、丁寧に舐め直した。
B君のマラがガチガチに硬くなったところで、B君僕のマラがいよいよ僕のケツを使う。
当然僕の口を、今まで僕のケツに入っていたA兄貴のマラが、容赦なく僕の口塞いだ。
B君のいきり立ったマラで、僕のケツの奥の奥をガツガツ突きまくった。
「オラ、生チンポ入ってるぞ。男に掘られてよがってるよ」と、
2人に次々に罵声を浴びせられ、僕のM魂が膨れ上がってしまった。
勝手に「生チンポ最高。もっと掘ってください」と言ってしまった。
間髪入れず兄貴たちが、「何?『お願いします』だろ?」と、B君が僕の顔を床に押し付けた。
僕はすぐに言い直しました。「生チンポください。お願いします!」と。

そんなことが約2時間くらい続いた。
時に気持ちよすぎて、記憶が飛んでしまった時間もあった。
ガッツリRも嗅がされたからだろう。どちらかのマラが絶対に突き刺さったままの、
これぞ3Pという最高の状況に、思わず笑顔になってしまう僕。
A兄貴が「嬉しいのか? 変態だな、お前。ひぃひぃ泣くうるさい口には、これを銜えてろ」と言い、
僕の口をデカマラで塞いだ。相変わらずB君はエロい腰遣いと、
前から後ろから、時には横から僕のケツを攻めまくった。
A兄貴が「何が欲しいんだ。声に出して言ってみろ」と指示した。
「チンポ、チンポください!」と言うと、
「違うだろ? 種くださいだろ?」と言われ、
僕は叫ぶように「お2人の種を、僕のケツにください!」と言うと、
「コラ、さっきから何度も言ってるだろ? 『お願いします』だろ!」と、
また床に頭を押し付けられながら言われ、
僕は何度も何度も「お2人の雄種を、僕のケツにください。お願いします!」と叫んだ。
まずはA兄貴が、そのフトマラの硬くなった“先”で、僕の腸壁の至るところを突きまくった。
僕のチンポの先から、精子とも小便とも違う液が出てきた。
手はB君にロックされているので、自分のを確認することができない。
次第にA兄貴のフトマラが益々硬さを増し、
当然太さも凄みを増したまま、僕のケツの一番気持ちいいところを攻めまくってきた。
A兄貴は、その場所を執拗なまでに当ててきて、そのフトマラはビクビクと僕のケツの中で蠢いた。
その時、兄貴は「ウッ」という声とともに、
僕のケツの中の一番奥に、待望の雄種を種付けしてくれた。
ケツの奥に感じる雄種の温かさ。ああ、この感じが最高だ…などと、余韻を愉しんでいたが、
僕にはそんな隙は当然与えられなかった。
B君は、A兄貴のマラを今すぐキレイにするよう僕に命じ、
僕はA兄貴のマラについた雄種を、丁寧に舐めてキレイにした。
キレイにしていたそのマラは、まだドクドクと波打っていた。

そして、B君は種マンと化した僕のケツを、自分のチンポの近くまで勢いよく引き寄せ、
硬くなったそのマラで、今まで以上に僕のケツの中のあらゆる場所を突きまくってきた。
そして、一番奥ところをガツガツ突きまくられていた僕は、
何かイきそうな感覚が、ケツとチンポの間くらいからこみ上げてきて、
何とも言えないような快感が身体全体に走った。
「ヤ、ヤバい。イっちゃいそうだよ、漏れちゃうよ!」と訴えたが、
A兄貴は「うるせぇ、大丈夫だろが」と、僕の言葉なんてすぐにかき消し、
B君も僕の手を自分の足で拘束して、
「グダグダ言わずに、ジッとしてろ。
俺が今から種付けてやるからな! 全部搾り取れよ!」と言い、
更にその感じているポイントを突きまくってきた。堪らず声が漏れる。
その時、僕はまたもやジョロジョロっと漏らしてしまった。
そんなのはお構いなしに、ドンドンいきり立ってくるB君のマラは、
更にピストンを強め、僕を攻め立てた。
「オイ、種付けっぞ。種くださいって言え!」僕は連呼し続けた。
A兄貴とまるで示し合わせたのか?と思うほど、
B君も僕のケツの中で一番気持ちいいところをガンガン突き、
とうとうB君も僕のケツの中でフィニッシュした。
僕のケツには、2人の熱い雄種が大量に流し込まれたのだ。
僕のケツからゆっくりと引き抜かれた雄種付きのB君マラを、
今度は兄貴たちに注意される前に、自分から舐めてキレイにした。
暫くは、今までに感じたことのない最高の感覚を噛みしめた。
汗だくで、しかもローションまみれの身体全体に、ずっと鳥肌がたったままのみたいになり、
どこを触られても感じてしまうかのようだった。

次にこの2人に廻していただけるのはいつなんだろうか。
今日のプレイは、当分頭から離れることはないだろう。
2人の雄種は、5時間経った今も、溢れそうになったまま、まだ僕のケツのなかに残ったままだ。

アダルトグッズのNLS

-3P, トコロテン, 中出し, 合ドラ, 生セックス

アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS
♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら