3P 中出し 生セックス

あんな唇で、フェラされたらたまらんな3

投稿日:2013年1月10日

当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

Iは俺の方に倒れ込み、チンポがヌルリと吐き出された。
Jも俺からチンポを引き抜くと、
「こいつには、俺が種付けしとかなくちゃいけないんだ」
コンドームを外し、Iの尻に生で突き立てた。
JはIの腰を掴むと、激しくピストンした。
「アッ‥アッ‥アッ‥」
すごい声を上げ、悶え苦しむIが愛おしくなり、
弓反りになったIを抱き締め、乳首を吸い上げた。
Jは最後に2~3度腰を突き上げると、Iの背に倒れ込み、
「オオオー…」小刻みに腰を突き上げ種付けをした。
2人は俺を挿んで両側に倒れ込み、交互にキスをしてきて、
しばしマッタリしていたが、
すぐにJは、俺のチンポをまたグニグニと弄ってきた。
Iは俺の胸から横腹、腰と舐めたり、歯を立てたりと下に移動した。
俺は全身が性感帯のようにビクビク感じまくった。
Iはまた俺のチンポに辿り着くと、
敏感な亀頭は刺激せず、目一杯頬張り、根元を締めつけた。
俺のチンポは2度抜いたにも関わらず、
Iのフェラテクで、またムクムクと勃起してきた。
『イクのも早いが、回復も早い』
それにも増して、IとJの元気よさはちょっとヤバい。
24~5のリーマンて、こんなすごいのかと、ある意味感心した。

「さとし君、生でやってみろよ」
「えっ?…」
「大丈夫だよ。病気もないし、やる前にちゃんと浣腸しただろ?
何だったら後で抗生物質飲んどけばいいし」
『でも、やっぱり生はちょっと…』
「無理強いはしないけど‥」
Jは立ち上がるとIの尻を持ち上げ、ベッドの端に尻を突き出させた。
そして指を挿れると、すぐ抜いて、
ヌルヌルに濡れた指を俺に見せ、バスルームに入って行った。
「コンドームあります?」
「ベッドの下」
ベッドの下には小箱があって、中にはコンドームがいっぱい入ってました。

俺はIの腰に手を掛けると、
『一度生で挿れてみようかな』
アヌスにチンポを宛がった。
「いいですか?」
「うん、いいよ」
腰を前に突き出すと、そのまま吸い込まれるように埋没していった。
中にはJのザーメンがまだ残っていて、
奥へ進むにつれて、ジュクジュクと音を立てた。
未熟な俺は、あまりキツイより、
このくらいのゆとりがあって濡れている方が、気持ちがよかった。
暫くすると、中のヒダが絡み付いてきた。
「アー…」
『これって名器ってやつ?』
生は初めてな俺は、単純にそう思った。
俺はいきなり激しくピストンした。
Iも声を上げて、時々俺のチンポを締め上げ、自分のチンポを扱いた。
ますます腸壁のヒダが生き物のように絡み付いた。
「スゲーいいよ‥Iさん…アー…」
「さとしも‥すごいよ…アー…イイー…」

このままイッてしまいそうになったが、我に返った。
「ごめんなさい、コンドームつけますね」
Jはバスルームから出てくると、Iの身体を跨ぎ、俺の目の前に仁王立ちした。
足の付け根から腰に掛けて、Vの字の窪みがたまらなくセクシーだった。
俺はパイパンのチンポを頬張った。
フローラルの香りのちょっと冷たい亀頭は、デザートのような気がした。
Jは自分で根元の部分を扱き、俺の口の中で亀頭が暴れていた。

Jは俺の前で『コンドームはめるよ』ってな感じで被せると、
俺の後へ回り、俺のアヌスに指を入れてきた。
勝手に思ったことだけど、JはI以外に種付けはしないということか?
「アッ…」
俺の尻を両手で掴んで開くと、道が通ってるだけに、今度は一気に突いてきた。
「アー…」俺達は1列に繋がった。
『こんなエロ写真見たことある』
俺はIの肩を掴み、Jの腰の動きに暫く合わせた。
さっきの3連結は辛かったけど、これはちょっといい感じ。
ある意味、俺が一番いいポジションみたいです。
女では味わえない醍醐味だと思った。
ジュクジュク、二チュニチュ。
俺は身体を弓反らしたり、うずくまったり、激しく突かれ、突きまくった。
「ハッー‥ハッー‥ハッー‥イクッー…」
俺は腰を力一杯突き、身体を反らせ、尻を痙攣させた。
「アン‥アン‥」
俺のイクのを確かめるかのように、Iは手扱きで果てた。
Jは俺からチンポを抜くとコンドームを外し、俺に顔射した。
頬から口元にかけて生暖かく男臭い汁が降り掛かった。

俺は川の字になって両側から腕枕をされた。
「さとし君、今度Iと一緒に、俺ん家に遊びに来いよ」
「どこですか?」
「九州、◯◯、友達2~3人用意しとくよ」
「いやですって!」口ではそう言ったが、ちょっと興味が湧いてきた。
俺達は3人寄り添い、疲れ果てて、ベッドに横になっていた。
そのうちJは軽いいびきをかきだし、壁側を向いて寝だした。
セミダブルのベッドはさすがに狭く、横向きのまま窮屈に寝た。
真中に寝ている俺はJの尻に、そして俺の尻にはIのチンポが添えられていた。
何時間寝たのか、朝方、俺は後ろから胸を撫でられ目が覚めた。
俺はその手を取ると、指を絡めた。
Iの勃起したチンポが、俺の股の間に挿まれていた。
俺の耳元に熱い吐息が掛かり、またおねだりをしているのか…。
俺は微睡みながら、ジッと身を任せていた。
肉厚の唇で首筋を舐められ、俺のチンポに血液が充満していった。
「さとしの汗って香ばしくて、いい匂いがするな」
2人の体温で寝汗をかいた俺の背中に舌を這わせてきて、
俺のアヌスに指を差し込んできた。
寝る前にJにゼリー状の痔の薬を塗ってもらった為、
潤滑油となって、すんなり入った。
Iは完全に受け身だと思っていたので、
ちょっとビックリし、あのデカいチンポにドキドキだった。
Iのローションを塗ったエラの張った頭が添えられた。『無理だよー』
俺の片足を持ち上げると、下から手を入れチンポの根元を掴まれた。
片手は背中に添えられ、グイッと腰を突き上げてきた。
俺のアヌスは、この何時間かの間に元に戻ろうとしてたのに、またまたこじ開けられた。
「ウッ!…」俺は上半身をベッドに伏せ、シーツを掴んだ。
Iはそのまま暫く動かずにいると、背中を撫でながら、徐々に奥へと割け入ってきた。
直腸の中のガスが奥へと押しやられ、内臓が引きつる感じだった。
ホントは『ごめんなさい』をしたかったが、
好奇心+サービス精神豊かな俺は、精一杯我慢した。

「痛…」俺は苦し紛れに、Jの肩を掴んだ。
いきなり掴まれたJは、寝ぼけ眼でこっちに向き返ると、
条件反射のように俺のチンポを握ってきた。
痛さのあまり、フニャチンになってるチンポを揉みだすと、
ちょっと硬さを増していった。何ともあさましい。
「あれ?、珍しいことやってんな、I」
「さとしの尻見てたら、挿れたくなった」
「へー…よし!」Jはベッドの枕元に置いてあった携帯を手にした。
「記念撮影だ」
「!…やめて下さいよ!」
Iは俺の腰をきつく掴んで離さない。
「顔は撮らないって」
結合部分と、俺のチンポを勃起させて撮られた。
そして、嬉しそうに写メを見せてきた。
ちょっと見では確認できないが、
よく見るとぼんやり俺の七分勃ちのチンポと、
半分だけ挿れられた結合部分が写ってた。
「どっちを『待ち受け』にするかなー」
Jはノンキにそんなことを言いながら、チンポを扱いていた。
「悪趣味だなー」

Iは俺を俯せにすると、腰を持ち上げ動きだした。
Jは俺の腰を跨ぎ、ケツをマッサージしながら、また写メを撮っていた。
チンポに腸壁が絡み付いて、動きに合わせて引きつった。
俺は涙まではでなかったが、泣きそうな声を上げた。
見兼ねた?Iは、途中でチンポを抜いて、
Jとキスをしながら、手扱きで俺の尻に向け射精した。
「ごめん、痛かった?」
俺のアヌスを暫くマッサージしてくれ、3人はまた微睡んだ。

朝、部屋の中は男臭い匂いで充満していて、
その中で裸のままコーヒーを飲んだり、新聞を読んだりしていた。
それから、今日帰ると言うJを空港まで見送りに行った。
空港のトイレでも、Jはふざけながら、俺を個室に連れ込もうとした。
「いい加減にしろ! ちょん切るぞ」IはJを叱りつけた。
「冗談、冗談」と言いながらも、
Jは俺の手をギンギンになったスーツの前に押し付けていた。
『ホント、この人ヤバいよ』
「ところでさとし君、今付合ってる人いるの?」
「いますよ」
「だよねー。でも、たまにはIも抱いてやってよ。欲求不満気味だから」
「うるさいよ」
「俺はいいっすよ。Iさんの『口』好きだし…」
今彼は、俺の女遊びを許してくれていたが、男遊びはそうはいかないだろう。
とは言え、俺も最近内緒でいろいろ冒険している訳だが、
あまりデカいのは挿れられたくない。
「じゃーまた…俺ん家にも来いよー」
Jはウインクしながら、搭乗ゲートに消えて飛んで行った。
「どうしよう、軽く一杯行こうか?」
俺はその言葉に暫く考え、
「今日はもうしないよね」2人で確認し合った。
『今年いっぱいは男いらない』って感じです。

当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLSアダルトグッズのNLS

-3P, 中出し, 生セックス

♂ いつも【GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-】を応援&閲覧してくださいまして ありがとうございます! ♂ GAY JAPAN E-MARA.US Gay Little Lover ↑↑ブログランキング参加中です!クリックよろしくお願いします。↑↑
当サイトは下記の広告収入によって運営を続けていくことが出来ております。 ローション、ハリガタなど、アダルトグッズを購入される際は、 このサイトの「NLS」バナー からお買い求めのご協力お願いいたします。
アダルトグッズのNLS アダルトグッズのNLS

GNT24/365 -ゲイの淫乱セックス体験談-

GNT24/365 へのリンクはフリーです(ただし、同性愛向けのサイトに限ります)。リンク先は、なるべくトップページの「http://www.gnt24365.net/」へお願いします。リンクの詳細は こちら