FX口座開設

   やらないか速報

オレ専属のケツマン雄穴奴隷

Posted on 2012年1月21日 – 23:00

.

--- サイトを見る前に年齢認証をしてください ---

18歳以上    18歳未満

.




自慢じゃないが、オレはかなりのデカマラだ。
ハッテン場やゲイバー等で色々探したが、
なかなか良いケツマン雄穴奴隷が見つからない。

大体はオレのデカマラに耐え切れず性処理も出来ない穴になってしまう。
恋人が出来ても口マンだと顎が外れるわ、ケツマンだと痔になるわで散々だった。
ある程度雄マラが大きい誇れるのだが、受け入れられない雄マラは駄マラだ。

地元の発展場やゲイバーしか行ったことがなかったオレは、
都外のハッテン場に行こうとしたが、仕事が多くて時間があまり取れない。
そこで出会い系で募集してるある奴にピンポイントでメールした。

なぜそいつにメールしたかと言うと、アナルフィストが可能だからだ。
オレはこのデカマラをすっぽりと包み込んでくれる人でないと、
うまくやっていける気がしなかったからだ……。

何度かメールしているうちに、飲みに行こうという話しが出てきたので、
会社の帰りにチェーン店の居酒屋で会うことになった。

実際に来た男は、冴えないサラリーマンのイメージだった。
その顔とは裏腹に、飲む前に会っていきなりホテルに誘ってくるほどだ。
オレもかなりムラムラしていたので早速ホテルに行く事にした。

大きすぎるのも困りものですよね。
ボクのケツマンでは、あなたのデカマラをくわえ込めないかもしれませんが、
それでガン掘りしてトロマンにしてほしいと思ってしまいました。

ホテルに着いた俺とゲイリーマンは、シャワーも浴びずに舌と舌を絡ませて、
初めのうちはお互いに攻めていたが、徐々にオレがリーマンの口の中を犯していた。
誘ってきただけあって、感度も良いし男なのにあえぎ声も可愛い。

お互いに雄マラがギンギンだったのでシックスナインでお互いのマラを舐めあう。
そしてオレは念願の柔軟な雄穴を目の前に気分が高まってくる。
フェラからアリの門渡りに舌を伝わせ、自然と雄穴の周辺を舐め回していた。

流石にアナルフィストをしているだけあってケツ毛がキレイに処理されている。
気付いたら俺は、そのケツ穴に魅了され舌を挿入しはじめた。
ゲイリーマンは舌が雄穴に入った瞬間、
艶かしい喘ぎ声を出して口を止めたが、再びしゃぶり始める。
アナルフィストをしているだけあって、舌もすんなり入るアナルだ。

しかもガバガバではなくちゃんと締まりも良い感じで最高のアナルかもしれない。
こんなにまで開発するなんて、こいつの元彼は凄い男なんだろうな……。

オレはそんな事を考えながらゲイリーマンの尻穴にむしゃぶりつく。
こいつを調教してたやつに少し嫉妬してしまい、乱暴に尻穴を舌でほじくるオレ、
ゲイリーマンも我慢できなくなったようで、
オレにデカマラをぶち込んで欲しいとおねだりしてきた。

冴えないサラリーマンが、何故か凄く愛しくみえてしまい、
バックでガン掘りしてやろうと思っていたが、まずは対面座位で、
こいつの精神面をオレで満たしてやろうと考えていた。

さすがケツマン雄穴奴隷だけあって、オレのイチモツをすんなりと受け入れた。
オレは久々にデカマラをすべてすっぽりと収まった快感に感動してしまう。
しかも締まりがかなりいいので、まるでオナホールに包まれているような錯覚に陥った。

舌と舌を絡ませあいながら、オレはゲイリーマンの直腸にマラをこすりつける。
時折漏れる喘ぎ声が可愛くて、オレもついいたずらしたくなってしまう。
あまりにも気持ちよかったので、すぐにでも射精しそうになったが我慢。

次は、バックに持っていき尻肉をガッチリ掴んで、
俺のデカマラをケツマンにぶち込んでやった。
女みたいな声を出して喘ぐゲイリーマン。

激モロ感ケツ穴をガン掘りしてやると、ゲイリーマンはトロマンでチンコはびん勃ち。
オレは多いかぶさってピストンしながらゲイリーマンのビン立ちチンコをシコる。
デカマラをケツ穴でずっぽしくわえ込みながら、最後はお互いに雄汁をぶちまけた。

──お互いに体の相性も良かったので、ゲイリーマンは、
オレ専属のケツマン雄穴奴隷となったのだ。


◆ Similar Posts:


    • None Found
     ADULTブログランキング

FUKKIN+KINNIK -男の絶対領域=腹筋+筋肉- 腋毛男子★ スタンドアップ ボーイズ -サカりあうオトコたち- やらないか速報
  Gay Little Lover GAY JAPAN E-MARA.US ♂ゲイカモン~ピンコ勃ちアンテナ~
最新情報自動更新バナー
↑↑↑ リピーター70%・クチコミ投稿率業界No.1 アダルトグッズはNLSで決まり!!! ↑↑↑